わきがや多汗症を患っている人にとって、なぜ起こるのか、という疑問は常に持っているのではないでしょうか?そんな方のために、ここではわきが・多汗症が発生するメカニズムをご説明したいと思います。

 

 

汗は2種類ある

 

わきがは汗をかくことによって発生します。汗というのは、実は2つの種類があるのです。皮膚の表面は、角質という組織で覆われています。

 

角質とは、死んでしまって固くなった細胞ですので、本来はガサガサしているものなのですが、皮脂膜という組織の働きによって、柔らかいでしっとりした状態に保っているのです。

 

皮膚膜は皮膚の下にある皮脂腺から分泌される汗と、皮脂と呼ばれる脂肪との混じり合ってできているものです。いわば皮膚をなめらかに保つためのクリームのようなものだと言えるでしょう。

 

また、汗には2種類あると述べましたが、それらは、エクリン汗腺、そしてアポクリン汗腺という汗腺から、それぞれ分泌されています。わきがはこれら皮脂腺と汗腺から分泌されるものによって発生するといえます。

 

 

エクリン汗腺とは?

 

普通、汗をかくという場合、サラッとして粘り気のない汗のことをいいます。この汗は弱酸性で成分は99%が水分、残りが塩分です。

 

エクリン汗腺から分泌されており、普通1日で平均、約2リットル程度はかくといわれています。エクリン汗腺から常に汗がにじみ出ていて、それが皮脂腺から分泌される皮脂と混じり合い、皮膚をしっとりさせる役目を果たしています。

 

また、皮膚の表面に付着する細菌を殺す役割もしています。そして、体に熱を持った時や、外気が高くなった時には汗を出し、気化熱を利用して体温の調節をしています。

 

エクリン汗腺の数は、約230万個あり、皮膚1センチ四方につき100個以上のエクリン汗腺があります。

 

 

アポクリン腺とは?

 

もうひとつの汗腺がアポクリン汗腺と呼ばれているもので、ここから出る汗がわきがの大きな原因となります。アポクリン汗腺は脇の下、性器の周囲、乳首のまわり、耳の中といった特定の場所にしか存在しません。

 

ここから分泌される汗はエクリン汗腺からの汗と違って粘り気があり、色も乳白色で特殊なニオイを出します。成分は脂肪・鉄分・色素・蛍光物質・尿素・アンモニアなどです。アポクリン汗腺の出口は毛穴と通じています。そして、そのアポクリン汗腺の出口の下には、皮脂腺がこぶのようについています。

 

 

皮脂腺とは?

 

汗腺ではありませんが、わきがとは大いに関係があると考えられています。皮膚は皮脂腺から分泌される皮脂の働きによって守られ、常にしっとりとした状態を保ちます。

 

しかし、この腺は、アポクリン汗腺と同じ毛穴を通じていますから、アポクリン汗腺からの汗と皮脂が混じり合うことによってわきがを作り出してしまいます。

 

 

わきがが臭う理由1

 

わきがが臭う理由にはいろいろあって、いまだに特定されていませんが、皮膚にある2つの汗腺と皮脂腺から分泌されるものが原因とみられています。しかし、わきがになる人とならない人がいるのは、次の3つの理由があります。

 

ひとつめが、わきがはアポクリン汗腺の量によって決まり、脇の下のアポクリン汗腺が多い人がわきがになりやすいという説によるものです。

 

確かにわきがが一般的の欧米人のわきの下を調べてみると、日本人と比べてアポクリン汗腺が多く存在するのが分かります。

 

また、アポクリン汗腺から出る分泌物のうちのどれかがわきがのもとになるのかについても、脂肪が原因だとする説、また、アンモニアやタンパク質によるものだとする説などがあり、今のところ、これという結論は出ていません。

 

ふたつめは、アポクリン汗腺に入っている成分が違うという理由です。これは、人によってわきがのニオイに違いがあるのは、成分が違うからだとする考えによるものです。

 

例えば、わきがが臭う人のアポクリン汗腺を分析してみると、他の人よりも鉄分と脂肪分が多く含まれていて、それがニオイを作り出していると考えることが出きます。逆に鉄分はニオイとは無関係だとする説もあります。これは脂肪の中の低級脂肪酸が多いとわきがが出るとする説です。

 

 

わきがが臭う理由2

 

わきがが臭う理由の3つめは皮脂腺から出る脂肪に関係があるという説です。これは、他の2つの説がアポクリン汗腺からの汗にその理由があるとしていましたが、そうではなくて皮脂腺からの分泌物がわきがのもとになるというものです。

 

脇の下にも皮脂腺はあり、たくさんの皮脂を分泌しています。先ほども述べましたように、皮脂腺からの分泌物・皮脂は弱酸性で殺菌力がありますが、脂肪が多くなってくるとアルカリ度が高くなり、細菌が繁殖しやすくなります。そして脂肪が細菌で分解されると、そのニオイがわきがの悪臭のもとになるというのです。