脳梗塞や心筋梗塞など血管内の閉塞による血流の停止あるいは減少による疾患(「血栓症」)の治療や予防に「ワーファリン」や「バイアスピリン」といった「抗凝固薬」や「抗血小板薬」を服用している患者が増えています。

 

そのため、歯科診療においては、抜歯やスケーリング(歯石除去)など出血を伴う処置(観血的処置)が行われることが多く、これらの薬剤を服用してる患者に対する止血の問題が生じます。

 

 

服薬中止に対する検討

 

医療面接(問診)あるいは診療情報提供書により「抗凝固薬」や「抗血小板薬」の服用が確認された場合、主治医に対して全身状態、及び、それらの服用の停止が可能か否かの確認が必須となります。

 

しかし、主治医により服薬中止の判断が可能から不可まで異なり、実際、服薬の中止により脳梗塞の再発の例も存在するため、臨床の場では「歯科診療の効果」と「再発の危険」を両天秤にかける事態も発生ことがあります。

 

以前は、自分が服用している薬に対する知識が不足し、薬の服用中は抜歯などの観血的処置ができないことを理解されない患者が少なからずいましたが、現在は主治医の説明や薬剤情報の提供などにより、「できる、できない」という問答を繰り返すことはなくなっています。

 

しかし、歯科診療では観血的処置を行わずに治療を完了させることは難しいのも事実で、治療不可あるいは治療中止となる場合も存在します。

 

 

「血栓」、「血栓症」とは

 

「血栓」とは、血管の中で血液が固まり、血管壁に付着したものです。

 

血栓により血管が狭くなり、あるいは完全にふさがれてしまうと血液の流れが滞り、あるいは停止し、組織や臓器に障害を引き起こします。これが「血栓症」です。(下表参照)

 

抗血小板作用を有する主な薬剤

 

血栓は、血液の性状が変化したり(凝固しやすくなる)、血管壁の変化(炎症や損傷)、血流のうっ滞などで起き、加齢による血管の老化、線溶作用(体が持つ血栓を溶かす機能)の低下、血液成分の変化も原因の一つとなります。

 

また、血管が詰まることによる直接的な症状のほか、血流を阻害することによる各臓器の障害も考えられ、糖尿病、腎臓病、肺気腫、肝臓病なども血栓が関わっている場合があると言われています。

 

 

「抗凝固薬」とは

 

血管の内部に血液のかたまりが発生する状態を改善する目的で、血栓を溶かしたり、血栓の発生を予防するために用いられる治療薬を抗凝固薬と呼びます。

 

現状、ワルファリンカリウム(商品名:ワーファリン)と呼ばれる抗凝固薬が、比較的に多く用いられています。

 

 

「抗血小板薬」とは

 

心筋梗塞や脳梗塞の原因である血栓のもととなる血液中の血小板が、血管の内壁の傷(傷んだ部分)に付着し、そこで凝集するのを抑える薬剤を抗血小板薬といいます。言い換えれば、血小板に作用して血を固めさせないようにする薬で、心筋梗塞や脳梗塞の予防の為に使われます。

 

抗血小板作用を有する薬剤には様々なものがありますが、アスピリン(商品名:バイアスピリン)や塩酸チクロピジン(商品名:ペンタジン)を服用されている患者さんが多いようです。

 

 

抗凝固薬、抗血小板薬の休薬

 

抗凝固薬や抗血小板薬は、血液が固まる過程に作用し、血栓が形成されることを防ぐことを目的としており、その作用する期間は薬剤により異なっていますから、抜歯等の手術(観血的処置)を行う場合は、服用している薬剤に適した休薬期間が必要となります。

 

抗凝固薬のワルファリンカリウム(商品名:ワーファリン)に関しては、1回の服用に対して抗凝固作用が2〜3日間持続します。そのため、手術前5日間は休薬する必要があります。

 

また、抗血小板薬であるアスピリン(商品名:バイアスピリン)や塩酸チクロピジン(ペンタジン)は服用を中止しても1週間程度作用が続くうえ、その作用は不可逆的であり、効果が血小板の寿命である約10日間持続するため、手術前には1〜2週間休薬するのが一般的となっています。

 

この他、抗血小板作用を有する薬剤でも休薬などの細心の注意が必要と考えられます(下表参照)。

 

主な抗血小板作用を有する薬剤の手術時における休薬期間

 

しかし、これらはあくまでも目安であり、手術の大きさ、出血の程度(あるいは止血の容易さ)などを考える必要があり、また休薬による血栓の形成及び心筋梗塞や脳梗塞の再発の危険性もあるため、主治医と充分に相談し、症状を確認した上で、患者あるいはその家族に説明を行うことが求められます。