口臭の原因の1つに「舌の汚れ」がありますが、これは多くの方が知っていることでしょう。ただ、舌の汚れが何なのかについては多くの方が知らないはずです。

 

ぜひここで、舌の汚れに関する知識を深めて、毎日汚れるという人は積極的に対処していきましょう。

 

 

舌の汚れは「舌苔」が原因

 

健康な状態であれば、舌はきれいなピンク色をしています。口の中の清掃が行き届いていれば、舌乳頭と呼ばれる無数の突起もよく見えます。

 

舌は通常、唾液による湿潤と洗浄作用、咀嚼運動あるいは舌運動による機械的摩擦作用、正常な口腔内細菌叢の作用、さらには適正な栄養を受け取ることによって正常に保たれています。

 

しかし、これらの舌のメカニズムに局所的、さらには全身的な障害が生じると、舌は正常な機能が失われ、汚れの原因「舌苔」が発生することになるのです。

 

また、舌苔の大半は、細菌、新陳代謝によって剥がれ落ちた上皮細胞、歯と歯肉の間の歯周ポケットから出てくる白血球などの血液成分から構成されていますが、ときとしてこれは、悪臭を引き起こす原因ともなりかねません。

 

 

舌苔の色は人によってさまざま

 

舌苔の色は人によって異なり、白いもの、黄色いものなどさまざまです。舌苔の厚さ、広がりについても個人差が大きく、放っておいてもあまり付着しない人もいれば、毎日のように取り除かないと味覚まで鈍くなるという人までいます。

 

苔は、体調が悪いとき、不規則な生活、アルコールや甘味飲料の多飲、刺激物の摂取により付着。さらに、口呼吸や緊張の持続などにより唾液が不足すると、口腔内の自浄作用が落ちてさらに分厚くついてしまいます。

 

舌苔は見た目の色によって、次のような原因が推測されます。

 

黄色い場合

全身的な病的もしくは境界領域の病変(歯周病も含める)の可能性があります。また、タバコやコーヒーの飲み過ぎ、口呼吸などの悪癖などもあります。

 

白い場合

アレルギー(花粉症・慢性鼻炎・喘息)などの関連。使っている歯磨き剤などのアレルギー。舌苔除去のやり過ぎによる、慢性的な舌表面の過敏状態。生活の乱れや、無意識の精神的・肉体的ストレスからくる代謝の悪さなどがあります。健康な人でも、朝起きたときや疲れたとき、風邪をひいたときに舌苔がたくさんつきますが、口腔機能が正常に働くようになれば治りますので心配いりません。

 

 

舌掃除グッズでお手入れを

 

舌苔をなくすには、その原因を追求し根本から発生を抑えるほか、直接的に取り除くための道具として、舌を掃除する専用グッズも販売されています。

 

欧米では、こうした舌磨きは、歯磨き同様、子どもから大人まで毎日の日課として定着しています。起床時など、舌苔が目立つときには、歯磨きをするのと同じ感覚で舌を磨いてみましょう。ただし、これらを使う時の秘訣は、頻繁に使わないことと、ゴシゴシ強くこすらないこと。

 

舌は重要な役割を担っている場所です。こすりすぎると、舌の表面を荒らしてしまい、ヒリヒリしてくるだけでなく、味覚を感知する「味蕾」の機能を傷つけてしまうこともあります。商品の説明書をよく読み、正しい方法で使うようにしましょう。