「あなたのオフィスは快適ですか?」テンポラリーセンター(東京都新宿区)が、東京で働く218人の男女に聞いたところ、半数以上の人が、オフィス環境を不快と感じているという結果に…。

 

 

快適なオフィスを目指して

 

①グリーンを置こう

自分の部屋に鉢植えを置いたり、花を飾っている人も多いのではないでしょうか。ガーデニングも人気ですよね。植物には、リフレッシュ効果や、安らぎを感じるなどのヒーリング効果があるのです。

装飾としても素敵ですし、空気を浄化したり、条件によっては、冬に3度室温を上げ、夏には3度下げる種類もあるので、エアコンの使い過ぎ防止にいかがですか?

 

②熱帯魚で安らぎを

事務机や、パソコンばかりで殺風景なオフィスに、アクアリウム(ミニ水族館)はいかが? アクアリウムは、室内に植物や、絵画を置くヒーリングアートのひとつで、安らぎを感じることができます。

欧米では、「精神を安定させる」と医師が導入を勧めているほど。インテリアとしても美しく、見ているだけでリラックスできます。

 

③空気をきれいに

植物の「藻」を使った空気浄化装置をご存知ですか?

人が吐き出す二酸化炭素を利用した光合成によって、新鮮な酸素を送り出すリサイクル型酸素供給装置で、酸素をたくさん発生する「スピルリナ」という藻の一種を使います。

もともとは、宇宙船に酸素を供給する研究だそうです。新鮮な酸素を吸うことは医学的にも効果大。藻の鮮やかな緑色がきれいで、見た目もGOOD!

 

 

部屋の中に陽光を

 

朝出社してから、夕方まで一日中部屋の中。

 

「たまには太陽の光を浴びた〜い」と思いませんか?実は、室内に太陽の光を採り入れるシステムがあります。

 

紫外線や赤外線は大幅にカットされるので、室内の温度が上がることはなく、植物も葉焼けや病気にかかりにくいそうです。

 

 

採光方法は、

 

鏡で反射させる

屋根にプリズムを置き、太陽の高さや角度に関係なく多くの光を下に屈折させる

 

鏡とプリズムを併用

凸レンズで集めて光ファイバーで伝送する——の4つ。

 

 

ドライアイにご注意

 

ドライアイって?

目が疲れやすい。ごろごろして不快!—— こんな症状に悩まされている人も多いのではないでしょうか。それはドライアイかもしれません。

 

ドライアイは、涙量の不足から起こる病気です。涙が不足すると目が乾いて、眼球の表面にある細胞が傷ついてしまうのです。ひどい場合は痛くて目をあけていられなくなることもあります。

 

涙は、感情が高ぶった時や、異物が目に入って刺激された時だけ流れるわけではありません。起きている間は、常に涙が目の表面を覆っているのです。

 

これは、基礎分泌と呼ばれる涙で、角膜(黒目)と結膜(白目)をぬらす役割を果たしています。

 

 

ドライアイの原因は?

 

エアコンの完備されたオフィスで、パソコンの画面を長時間見つめる——。これはドライアイの原因になります。

 

エアコンで室内は乾燥しているはずです。肌がカサついたら、目も要注意。冷風に直接あたらない、暖かいものを飲むようにして、湯気を目にあてるなどの対策を。

 

涙腺から分泌された涙は「まばたき」によって目の表面を潤しています。ディスプレーを凝視している時は、「まばたき」が少なくなるので、意識的に多くするように心掛けて。

 

もともと涙は緊張している時や、夜にはあまり出ません。ストレスや、夜型の生活スタイルも“目が乾く”原因になるって知っておいて。