原因がはっきりしない体調の変化などは、「ストレス」という言葉で片付けたり、納得したりすることもあります。

 

ストレスという問題も広く認知され、ストレスが大きな原因になっている症状や病気もあるのですが、あまりにも気軽に使われ過ぎているような気がします。

 

なんでもかんでも、ストレスが原因のような言い訳が多くて、「ストレス」という言葉だけが独り歩きしているのは、とても危険なことだと思います。

 

 

ストレスとは?

 

ストレス源(ストレッサー=環境因子)が身体または精神に「ゆがみ」を起こす状態をストレスというのですが、ストレス源そのものをストレスと表現するようにもなりました。

 

最近ではストレスという言葉は人間の精神と体に対する何らかの刺激のこととして使用されています。そのストレスを引き起こすモノの事をストレッサーと呼びます。

 

一般にストレス源になるのはマイナス要因のみと誤解されがちですが、うれしくても悲しくてもストレスになります。ただ、同じ要因でも人によって感じる度合いが違いますし、ストレスを乗り越えて成長する場合もあります。

 

例えば・・・収入が大幅に減った、家族が病気になったといった悪い出来事だけでなく、結婚した、子供が産まれたなどのうれしい出来事もストレス要因になります。つまり変化があればそこになんらかのストレスがあるということです。

 

 

ストレス因子

 

ストレスには外から来るものと、それに反応して内(感情)に起こるものがあります。またウィルスや花粉などでアレルギーが出たりするのもストレスですし、頭痛や胃痛などもストレス要因になることもあります。

 

ストレス源の5分類

1.物理的因子
温度、光、音、過労、睡眠不足

2.化学的因子
タバコ、アルコール、食事や食品、排気ガス、ホコリ、臭気など

3.生物学的因子
細菌、カビ、花粉、動物の毒など

4.心理的因子
不安、不満、怒り、憎しみ、喜び、悲しみ、優越感、嫉妬、劣等感など

5.社会的因子
職場、家庭、ライフサイクルなど

 

基本的に生きている以上、常に何らかのストレス(音、温度)を受けています。が、そのストレスが過剰だったり長期間にわたったり、複合的だったりすると精神的や肉体的に変調をきたす場合があります。

 

ストレスによって生じる病気は数多くあります。精神的なものは鬱、自律症といいます。

 

また人によってもストレスの捉え方が違うのである人はストレスになったりならなかったりします。例えば上司の叱咤激励が強いストレスに感じる人や、逆にやる気がでる人いるといった具合です

 

 

ストレスの兆候をキャッチするには?

 

普通の人はなかなかストレス状態にあることを感知できないことが多いのですが、肉体面や精神面になんらかの兆候があらわれることがあります。

 

その兆候をキャッチすることにより早めにストレス状態であることがわかり、ストレスで病気になる前に手を打つことが可能です。

 

ストレスによる症状を肉体面や精神面にわけてご紹介します。

 

肉体面の兆候・・・

●だるい、疲れやすい等の疲労感、頭痛、動悸、めまい、耳鳴り、吐き気、肩や背中が凝る、手足の冷え、神経痛などの自律神経の乱れ。

●寝つきが悪い、眠りが浅い、早く起きる、悪夢を見るといった睡眠の乱れ。

●胃の痛み・もたれ、食欲不振、異常な食欲、血尿、下痢、腸炎、便秘など消化器系の症状。

●またタバコや酒、コーヒーの量がふえる、性欲の増減もストレス状態であるときの兆候。

 

精神面の兆候・・

●以前と比べてイライラする、激昂しやすい、不安に感じるといった症状

●作業にミスが多い、集中できない、物忘れが多い、考えがまとまらないなどもストレス状態である。

●人の目が気になる、(人から)言われたことが頭から離れないといったことは対人ストレスの兆候。

●気分が優れない、憂鬱になりやすい、笑わなくなる、やる気が湧かない、人と会いたくない、以前好きだったことに興味が湧かないといった症状。

 

さらにストレス状態が悪化した兆候としては喜怒哀楽の感情がわかない、何もかも投げ出したい、失踪願望が出てきたとなるとかなり重症なストレス兆候といえます。

 

ストレスから生まれる病気、心身症(ノイローゼ)、神経症には色々バリエーションがあり、複雑化した社会システムを反映しているといえます。

 

 

神経症の例

 

会社環境がストレスになっている人の過敏性大腸症候群、不安神経症(パニック障害)、不眠症、円形脱毛症などを発症してしまう例。失恋が原因のストレスで拒食症、過食症、ヒステリー、自律神経失調症などを発症してしまう例。

 

自意識過剰の人が大きな失敗のストレスをきっかけに赤面恐怖症、あがり症などを発症してしまう例。身体的な特徴などを拡大解釈、認識強化してしまって自己臭恐怖症多汗症、身体醜形障害などを発症してしまう例。

 

上の例からも考察できるように、原因のストレスと症状が離れてしまって、見えなくなっている場合もあるので神経症の症状だけにとらわれず、真のストレスの原因を解決することが重要になってきます。強い思い込みで思考を強化しストレスを生み出すという悪循環もみられます。

 

 

ストレスを解消するには?

 

・深呼吸
・ストレッチ
・マッサージ
・入浴、温浴
・趣味(好きなこと)をする
・気分転換をする
・休息をとる
・スポーツ等で発散する
・笑うことで解消
・ストレスを生む考え方をやめる
・楽観的に生きる
・専門機関での診察や相談

 

ストレスの解消方法は、十人十色で人それぞれ違います。無理なストレスの解消法はそれ自体がストレスとなる場合も多く、新たなストレスを誘引してしまう懼れもあるので、楽な気持ちではじめるのが第一です。