気管支喘息は、患者になる率と死亡率が世界的に増加している点で、現在、たいへん注目されている疾患です。いろいろな刺激に反応して、気管支がせまくなり、息苦しさ、喘鳴(ぜいめい)などの症状が起きる病気です。

 

反応を誘発する刺激にはいろいろありますが、基本的にはヒト以外の異種の生物が作る蛋白質(異種蛋白)が繰り返し体内に入ることがあげられます。

 

気管支喘息の場合、異種蛋白が気管支の表面、気管支粘膜に到達し、いわゆるアレルギー反応を成立させます。その後、再び同じ異種蛋白に気管支がさらされると過剰な反応(気道炎症)が起こり、呼吸困難、喘鳴などの症状が認められます。これが喘息発作です。

 

アレルギーによる病気は、気管支喘息のほかにアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎(湿疹)、蕁麻疹(じんましん)など、全身のいろいろな場所に、いろいろななタイプのものがあります。これらのものも、気管支喘息と同じようなプロセスで病気が起きます。

 

気管支喘息では空気中に浮遊している異種蛋白が呼吸によって気管支の表面に到達し、そこで反応が生じ、症状をもたらすことが一番多いのですが、

 

異種蛋白が口から飲み込まれて吸収された後に、血液を介して気管支粘膜に到達したり、様々なルートから気管支粘膜に達して発症することが認められています。

 

気管支喘息の基本的な原因は以上のとおりですが、発作のきっかけになる因子はたくさんあります。発作のきっかけになる因子には、気温の変化、精神的なストレス、過労、かぜ(ウィルス感染)などがあげられます。

 

これらはあたかも真の原因のように見える場合も少なくありません。しかし、これらは気管支喘息の症状が表れやすくなる条件を作る因子です。

 

治療にあたってはこれらの因子による条件を、発症しにくくなるように整えることも必要ですが、真の原因物質である異種蛋白が何かをはっきりさせて、それらが気管支粘膜まで到達しないようにすることが、もっとも大切な対策になります。

 

しかし、これを完全に行うことはたいへん難しいので、実際にはいろいろな治療をしないと症状のコントロールができないのが現状です。

 

 

気管支喘息の治療について

 

気管支喘息は体質的なものですから、条件がそろえばいつでも発症すれう可能性があると考えておかねばなりません。

 

実際、喘息が軽快した状態が続き、治癒したと思ってそれまで使っていた薬、特にステロイド薬を中止した後に、突然発作を起こし、処置を適切に施す前に発作死を招くことがありますから注意が必要です。

 

喘息症状があるときは、気管支粘膜に好酸球、リンパ球が集まり、マスト細胞からヒスタミンなどの気管支攣縮を招く物質が遊離して、気管支粘膜にはアレルギー性の炎症が起きます。

 

この気管支粘膜の炎症は、喘鳴、咳、痰などの症状をもたらしますが、反復して長期におよぶと粘膜上皮に不可逆性病変が生じ、喘息の難治化、、重症化を招きます。こうなると喘息のコントロールができなくなり、治療が難しくなりますので、発作が起きないように日常的に予防しておくことが大切です。

 

日常の発作予防のためには、まず喘息発作の程度、症状、ピーク・フロー(息を吐き出す最大の速さ)の測定値、薬の使用状況その他を日誌に記録して、病状の変化を自分で的確に早期に把握し、医師にこれを見せて治療法選択をより適切なものにします。

 

発作を起こす原因物質が気管支粘膜に達しないようにすることは基本的に大切です。ハウスダスト、ダニ、花粉など完全に除外することは難しいのですが、少なくすることに努めるべきです。

 

次に薬物療法ですが、現在の段階で喘息の炎症を確実に抑制できるのはステロイド薬のみです。しかし、全身的にステロイド薬を長期間使用すると副腎の萎縮、骨粗鬆症、免疫能の低下などの副作用が生じます。そこで、吸入用のステロイド薬が世界で広く使用されています。

 

気管支粘膜に沈着した薬はステロイドの効果を十分発揮しますが、吸収されて血液に入ると間もなくステロイドの効果がなくなるため安全というわけです。中等症以上の喘息では必ず使用すべき薬物です。

 

わが国でも実際に吸入用ステロイド薬の使用が一般的になっていますが、まだ一部の患者さんは使用してない場合があります。また、吸入という特殊な投与法なので、確実に末梢の気管支に薬が達して沈着するには吸入の仕方が重要です。その点の指導が不十分だと治療効果が現れないことになります。

 

息を吐いた後に、薬のエアゾルを肺の奥まで吸入し、そこで10秒間ほど息こらえをして薬を粘膜に沈着させる時間を与えることが吸入法のポイントになります。必ずしも広くは行なわれていませんが、専門医としては適応のある場合は減感作療法も是非実施したい方法です。

 

これは、アレルギーを起こす抗原、例えばダニのエキスを少量ずつ、一定の間隔で注射することによって一種のワクチン療法のような効果を得る治療法です。

 

その他には、いわゆる気管支を拡張させる薬物を上手に使って症状をコントロールし、発作を予防することに努めます。また、いくつかのアレルギー反応を抑制する抗アレルギー薬といわれる薬物も使用されますが、担当医師とよく相談して使うことになります。