いつ何時でもいくら寝ても眠いという場合には「ナルコレプシー」という過眠症が原因である場合が多いのが実情です。

 

ストレスや鬱に伴い眠くなる場合もありますが、多くの場合は「ナルコレプシー」であり、これを改善させていくためには生活習慣を見直すことが第一となってきます。

 

 

ナルコレプシーとは

 

ナルコレプシーは慢性の過眠症です。

 

10代で発症することが多く、そのピークは10代の半ば。発症の有無に男女差はなく、日本人では0.16~0.18%の人がこの病気にかかっているといわれています。

 

 

主な症状として、次のようなものがあります。

 

(1)日中の過度の眠気と居眠り
前夜十分に寝ているにもかかわらず、日中に猛烈な眠気に襲われたり、居眠りを何度もくり返してしまうことが、毎日のように起こります。普通の眠気とはまったく異なり、歩行中、食事中、会話中など常識的には眠気が起こるとは考えられない状況でも眠り込んでしまいます。

 

(2)情動脱力発作
喜ぶ、笑う、怒る、など強い感情に伴って起こる一時的な脱力発作です。眠気の発作とは異なり、意識ははっきりと保たれています。発作の程度は、ろれつが回らなくなる、首や膝の力が抜けるといった軽いものから、全身の力が抜けて倒れてしまうといった重いものまでさまざま。2~3秒のこともあれば、数分間続くこともあります。

 

(3)睡眠麻痺
声を出したり体を動かすことができなくなる状態、いわゆる金縛り状態が、寝入りばなや目が覚めたときに起きます。

 

(4)入眠時幻覚
入眠時に鮮明な夢のような幻覚を見ます。自分ではまだ起きていると思っているときに、ひどく鮮やかな夢に似た体験をします。

 

(5)その他
入眠後すぐにレム睡眠(筋肉は完全に脱力しているが、脳は比較的活発な状態)が現れます。また、夜間何度も目を覚ます睡眠の分断や、自分がしたことをあとで覚えていない自動症も起こります。さらに、ものが二重に見える複視、頭痛、集中力の低下、記憶障害などの症状も報告されています。

 

以上のうち、過度の眠気と情動脱力発作が主な症状で、これらが両方あればナルコレプシーと診断されます。

 

検査法としては、睡眠中の脳波や筋電図などを記録し、睡眠の状態を調べる「睡眠ポリグラフ検査」や、眠気の程度などを測る「睡眠潜時反復テスト」などがあります。

 

 

ナルコレプシーが起こる原因とは?

 

原因はまだはっきりと分かってはいませんが、脳のなかの睡眠・覚醒を調節する部分の障害によって起こるものと考えられています。

 

最近では、脳内の「オレキシン(別名ヒポクレチン)」という神経細胞間の情報伝達を担う物質が、ナルコレプシーの患者さんの場合、極端に減少しているケースが多いことが分かってきました。

 

 

ナルコレプシーの治療法

 

実は、根本的な治療方法はまだ確立されていません。症状を抑えるために、現段階では薬物療法行動療法が行われています。

 

薬物療法では、昼間の眠気に対しては精神賦活剤、情動脱力発作・睡眠麻痺・入眠時幻覚に対しては三環系抗うつ薬、夜間の熟眠障害に対しては睡眠導入剤を用います。

 

行動療法では、規則正しい睡眠の習慣をつけることや、定期的に仮眠とることなどによって、症状の改善がみられることがあります。そして何より、生活環境を改善することがナルコレプシーを治療するうえではとても大切なことです。

 

周囲に誤解されがちですが、眠ってしまうのは病気によるもので、怠けている・やる気がないなどといった、精神的・心理的なものではないということを、家族、友人、同僚に理解してもらいましょう。

 

よい睡眠をとることは、眠っている間だけの問題ではなく、よりよい昼間の生活を送ることにもつながります。睡眠に関する専門医や、専門の科をもつ医療機関は、残念ながらまだあまり多くはありませんが、かかりつけの医師などに相談し、紹介してもらうとよいでしょう。