排便時(うんちする時)に肛門に強い痛みが走る場合はの可能性があります。便が固くて切れ痔になる、イボ痔がすでに形成されているなど、排便時に強い痛みが走る場合には、単なる皮膚の損傷と思わず、痔の可能性を疑いましょう。

 

なお、痔には「切れ痔」と「イボ痔」の2つがありますが、排便時に激痛を伴う場合の多くは「切れ痔」が原因となっています。多くは便秘気味の時に起こるため、便秘を解消することも切れ痔予防に最適です。肛門周辺の皮膚の損傷の場合には、ティッシュペーパーを柔らかいものにしたり、優しく拭くなどの対処が有効です。

 

 

便が硬くて肛門が裂けることで出血

 

切れ痔とは、肛門の粘膜の一部が裂けた状態です。裂肛ともいい、真っ赤な鮮血が出るのが特徴です。排便時に拭いた紙に血がつく程度から、便器が真っ赤になるほど出血してびっくりすることもあります。裂け方が浅いと、痛みがない場合もあります。

 

切れ痔は排便のとき、すぼまった肛門が押し広げられて粘膜が裂けてできるので、排便時の硬い便が最初の原因になります。きれ痔が深くなると排便時に痛みを伴うようになります。

 

痛いのが嫌で、便意をもよおしてもがま んしていると便意が消失して便秘(直腸性便秘)になります。その結果、便はますます硬くなり、それを排出するときにはさらに強く裂けるという悪循環をおこします。

 

これが慢性化すると、排便恐怖症になってしまいます。そうなると、排便しようとしても、肛門の括約筋がしまり、よけいに便を出にくくし、症状がますます悪化してしまいます。

 

 

慢性化するとイボが出て手術が必要に

 

慢性化すると裂肛部分が深くえぐれて潰瘍化してきます。潰瘍化するほどになると、肛門の皮膚側に突出したイボ状のものができます。これを“目張りイボ”いいます。専門医はこのイボを見ると、その先に深い裂肛があるということがすぐにわかります。

 

裂肛が潰瘍化するようになると、手術以外の治療法がなくなってしまうことも少なくありません。浅い切れ痔のうちに適切な治療をすることが大切なの で、症状が悪化する前に専門医を受診するようにして下さい。

 

肛門括約筋が強く緊張し、便を出にくくしていたり、出るたびに裂けたりする場合には、局部麻酔をして、緊張している肛門の括約筋を指で広げる「用指拡張術」という簡単な外科的治療法があります。外科的手術では悪い部分を切除し、きれいな粘膜ができるまで待つ方法や、切除部分に皮膚を移動させてふさぐ方法などがあります。

 

手術自体は簡単なものであり、すぐに終わりますが、お尻を見られることへの恥ずかしさはもちろん、手術による負担は一概に小さいとは言えません。治療を必要とする症状まで悪化させないよう、以下に挙げる7つのポイントに気をつけてください。

 

 

痔を治すための7つのポイント

 

きれ痔を予防するには、まず生活習慣から気をつけなければなりません。以下のことに気をつけて痔を悪化させないように心がけましょう。

 

1.毎日お風呂に入って温まり全身の血液の循環をよくする

2.規則正しい排便習慣をつけ便意を我慢しない

3.長くいきまずトイレタイムは短時間ですませる

4.食事に気をつけ、便秘や下痢をしないように

5.刺激の強いものは控えめに

6.おしりの血行を悪くしないように下半身の冷えに注意

7.排便のあとは肛門をお湯で洗い、いつも清潔にしておく

 

 

便秘による痔は便秘そのものの改善を

 

便秘の多くは、大腸の機能低下や、便を押し出す蠕動運動が弱まることでおこります。よく「病気は腸でつくられる」といいますが、これは食べたものが腸内で腐敗し、有害物質が発生するからです。血液の質が悪くなるだけでなく、全身に毒素がまわって臓器や細胞の働きを弱めてしまいます。

 

また、加工食品に多い添加物は腸内の善玉 菌を殺してしまいます。 まずは食物繊維が豊富な食べ物で便の量を増やし、毒素が発生・吸収される前に腸管内を通 過させてしまうことが大切です。加えて、後述するビフィズス菌により、腸内環境を正常にすることが便秘予防に大きな効果を示します。

 

■女性の約3割にみられる慢性便秘

  • 大腸が緩んでしまい、ぜん動運動が弱く便を押し出す力が足りない
  • 排便を我慢する習慣のせいで、便意を感じにくくなっている
  • 水分の摂取量が少ない、または吸収がよすぎるため硬い便が出る
  • ダイエットなどで食事量が極端に少ない(便の材料不足)
  • 食事内容がアンバランス(食物繊維などの摂取不足)
  • 運動不足や高齢による筋力の衰えで、排便時にいきむための力が足りない
  • 慢性的なストレス
  • 常用している薬の副作用

 

便秘改善に効果を示すビフィズス菌とオリゴ糖

善玉菌の代表格であるビフィズス菌は、食物に含まれる有害物質を吸着し、体外へ排せつする働きがあります。また、ビフィズス菌がつくり出す乳酸や酢酸が腸のぜん動運動を促し、便通をよくしますビフィズス菌は、赤ちゃんの大腸では腸内細菌の99%を占めていますが、歳をとるごとに減少していきます。

 

そこで、食品としてビフィズス菌を摂取しなければならないわけですが、ビフィズス菌は通常、ほとんどが胃酸で死滅してしまいます。しかし、常在のビフィズス菌は水溶性の食物繊維により増加し、大好物のオリゴ糖があればこれをエサ(栄 養)として増殖していきます。

 

オリゴ糖は人間の消化酵素では分解されない難消化消化性糖質で、胃や小腸で消化されることなく大腸まで到達します。オリゴ糖の働きとして は、腐敗菌の抑制、虫歯の予防、高血圧の改善、肥満防止、カルシウムの吸収か依然効 果、便量・便水分量を増加させて便秘を改善します。

 

■ビフィズス菌を含む食品

ビフィズス菌を含む食品の代表格が、ヨーグルトなどの乳酸菌製品です。すべての乳酸菌製品に含まれているわけではないので、パッケージに「ビフィズス菌」と書いてあるものを選ぶようにしましょう。特定保健用食品に認定されたトクホマーク付きの商品がおすすめです。

なお、ニンジンやリンゴ、バナナには、常在のビフィズス菌を増やす「ビフィズス菌増殖因子」があるという報告があります。未だ完全に解明されたわけではありませんが、これらの食物は健康に良いので、積極的に食べるようにしましょう。

 

■オリゴ糖を含む食品

オリゴ糖には細分化すると、いくつかの種類がありますが、腸内環境をよくするものには、バナナや大豆、ごぼう、玉ねぎ、アスパラガス、はちみつ、などに多く含まれています。上述を考慮すると、便秘にはヨーグルトとバナナの組み合わせが最高と言えます。

普段の食事バランスに気を付けて、ビフィズス菌が増える工夫をするようにしてください。ま た、仕事などで、なかなか自炊ができない方は、それらを補うような健康補助食品をとるなど日頃から意識するようにしてみるのもよいでしょう。

 

なお、ビフィズス菌を効果的に摂取するためには、「継続」が非常に重要です。慢性的に便秘になっている方は、朝食にヨーグルトとバナナを加えるなどして対処していくようにしましょう。もちろん、便秘にはストレスや生活習慣など、さまざまなことが起因していますので、生活全般の改善も大切です。

 

 

まとめ

 

肛門が切れる、いわゆるキレ痔の原因の多くは、便秘により一度に排泄される便の量が多かったり、便の固形化が進み硬くなりすぎることによるものです。快便のために、また便の必要以上の固形化を防ぐために、上で挙げた7つのポイントにしっかり注意し、またビフィズス菌を積極的に摂取するなどして、痔の対策に取り組んでいってください。

 

座っていられないほど痛みが強い場合には肛門科または肛門外科に一度受診してください。キレ痔の場合には炎症、イボ痔の場合は接触により強い痛みが生じます。慢性化すると外科的手術が必要となりますので、早めのうちに対処することが肝心です。