唇は、色やメイクの方法で意外なほど印象が変わる場所です。だから本当は、アイメイクぐらい重要視してもらいたいパーツなのです!

 

もし、自分の唇が理想と違ってもあきらめないでください。ちゃんと憧れの唇に近づけます。まずは、唇メイクのポイントを、印象別にご紹介しましょう。

 

 

リップメイクをマスターしよう

 

■シャープな印象に

ポイントは、はっきりとしたリップラインを取ること。濃いめの色で、上唇の山を鋭角に描きましょう。そして、全体的にやや直線気味に描くと、スッキリとした知的な唇に見えます。またリップラインとベースラインはぼかしすぎず、少し色が混ざるぐらいに仕上げると良いです。

ベースに細かいラメが入っているとよりクール!口紅に濃い色を持ってくるので、アイラインもしっかり描きましょう。そしてアイシャドーは口紅を邪魔しない程度に抑えたほうが清潔感が出ます。もし赤系を選ぶなら、青みの少ないクリアな赤をチョイスして。

 

■キュートな印象に

口角から上唇の山へのラインと、口角から底辺へのラインを、実際の輪郭より少し大きめに描きます。このとき、山と、底辺のラインは変えません。上下は変えず、左右に唇の輪郭を膨らませるのがポイントです。

ベースの色を、サーモンピンクや桜色のピンク、やわらかいベージュなど優しい色にし、ラインをはっきりとした明るい色にすれば、簡単にキュートな唇が作れますよ。

 

■セクシーな印象に

キュートな印象にするときと同様、山と底辺以外のラインを、輪郭より丸みを出してさらに大きめに描きます。そしてラインよりも少し薄めの色をベースにし、全体にリップブラシで叩くように塗っていきます。最後に、グロスを唇の真ん中にちょこっとのせれば、ぽってりとした立体的な唇に!

色で印象がガラっと変わりますから、積極的なときには赤系、受身的なときにはピンク系と、そのときの気分で楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

■ナチュラルな印象に

リップラインをぼかすだけでナチュラルな印象になります。色はベージュなどを一本もっておくと便利。でも、肌になじみすぎると健康的な表情ではなくなってしまいます。なじみつつ、肌に沈まない色を選ぶのは難しいので、必ずメイクした状態で、カウンターで何色かトライしてみるといいですね。

上手にぼかすには、口紅を塗ったあとに、ティッシュで唇の輪郭線をポンポンと叩いてみるといいですよ。自然にリップラインとベースがなじみます。

 

 

もっと知りたい、メイクのポイント!

 

唇の老化に気付いたら…

 

みなさん、目元や口元の老化には敏感になると思いますが、唇だって老化することをお忘れなく。口角が下がってきたり、上唇が薄くなってきたりしたら要注意です。この場合、口角を多少上ぎみに、そして上唇のラインはふくらませ気味に描けば若々しい印象を取り戻せます。

 

 

メイク直しはラインが重要!

 

きちんとメイク直しはするのに、リップラインのチェックをしない方いませんか?実は口元を美しく見せるには、リップラインがポイントなのです。だから、口を軽くあけて口角のラインも再チェック。ラインが崩れてしまっていたら、きちんと描きなおしましょうね。たったこれだけで、完璧にリップメイクがよみがえります。

 

 

もっと理想の唇に近づきたい!

 

どうしても唇が薄いと、人に冷たい印象を与えてしまいますよね。そんな悩みが、メイクだけでは解決できない!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方には脂肪やヒアルロン酸注入で唇を厚くする方法があります。ヒアルロン酸を注入するだけで、自然にふっくらとした女性的な唇になるのです。

 

よりセクシーな唇にしたい方、年齢的に唇のボリュームが落てしまった方、縦ジワが多くなってしまった唇にも効果的です。ヒアルロン酸は、もともとは人の体内にあるもの。だからアレルギーテストも必要ないし、コラーゲンよりもさらに安全性が高いのです。

 

施術は10分ほどで終わります。形もカウンセリングをしながら自分が決めることができます。メイクもすぐ出来るので、昼休みでも、デートの前でも、日を選ぶことなく施術できます。

 

逆に、唇が厚すぎて嫌という方には、唇の見えない部分の粘膜と粘膜下の組織を切り取って整えることで唇を薄くする方法もあります。一度やってしまえば、再び元に戻ることはありませんので、半永久的な効果があります。

 

 

ヒアルロン酸はアゴのライン形成にも効果的

 

唇だけでなく、アゴの形成にもヒアルロン酸が効果的です。こちらも自分の希望の形を実現することができ、メイクもすぐに出来ます。通院の必要はまったくありません。注入は極細の針で行いますので、跡が残る心配も無用です。

 

やはり、アゴのラインがあるのとないのでは印象が違います。美しいアゴのラインは、知的な印象を与えてくれます。唇にしてもアゴにしても、ヒアルロンを注入すると、すぐに効果が表れます。嬉しいことではありますが、周りの人にバレてしまうのではないか?とちょっと心配になりますよね。

 

もちろん自然な仕上がりにはなるので、それほど過敏になる必要はないのですが、不安があるのなら、今からしっかりカウンセリングを受けて、数日間ある「夏休み」に挑戦してみてはいかがでしょうか?