慢性関節リウマチは、膠原病の中でも最も多く主に関節が侵されますが、全身性に炎症性の多臓器障害を侵す疾患です。中でも血管や結合組織に富む肺は最も代表的な障害臓器で、肺が侵されることは患者さんの患者さんの将来の生活に大きな影響を及ぼす因子となります。

 

肺の病変は、間質性病変、血管性病変、気道病変、胸膜炎、結節性病変など多岐にわたって発生しますが、リウマチ本来の病変の他に、治療薬による影響や、リウマチの進展に伴う合併症など様々です。ここでは、リウマチ本来の病変として起こってくる肺の病気と、治療薬や合併症とを分けて説明します。

 

 

リウマチ本来の病変として起こってくる肺の病気

 

間質性肺炎・肺線維症

リウマチに起こってくる肺の病気で最も多いものです。リウマチ患者さんの2割から4割にみられ、特に男性に多いようです。またリウマチ因子の高い患者さんによく見られます。肺は空気が出たり入ったりする肺胞と呼ぶ空気の袋がたくさん集まって成り立っており、浮き袋のようなものです。この空気の袋である小さな肺胞をつなぎ止めて一つの多きな袋である肺を形作っているのが間質です。

 

肺は伸びやすく弾力性がありますが、肺胞をつなぎ止めている間質の部分が厚くなると、肺は伸びにくくなり呼吸しづらくなります。これが間質性肺炎とか肺線維症と呼ばれるものです。一度このような状態になると殆ど元に戻ることはありませんが、一部の患者さんを除いて、多くは進行は緩やかで何年もかかって進行します。ですから、肺線維症と医師から宣告されても悲観する必要はありません。

 

関節炎の進行状態とは必ずしも一致しないので、リウマチによる関節の変形がひどくても、肺も悪いわけではありませんから安心してください。逆に関節症状が軽くても肺が侵される場合もあります。

 

症状は、空咳(痰を伴わない咳)や激しく動いたときの息切れです。医師が聴診器で患者さんの背中の下の方で呼吸するときの音を聞くと、特徴的な副雑音(医師はベルクロラ音とかファインクラックルと呼んでいますが)が聞かれます。レントゲンでは左右の肺の下の方から白い影が出現してきてだんだん上の方に広がってきます。

 

この頃には、呼吸機能検査(肺活量を調べる検査)でも異常が出てきます。さらに進行すると血液の中の酸素の量が低下し、息切れを感じるようになります。したがって、リウマチの患者さんが呼吸器科を受診されると、胸のレントゲン、肺活量の検査、血液中の酸素量を調べる検査(直接動脈から血を採って調べる正確な検査と、指にコンピュータを挟んで赤外線で調べる簡単な検査法の2種類があります)は必ず行います。

 

治療については、リウマチそのものが治してしまう病気ではなく、生涯上手につきあっていく病気であるように、肺のほうも、間質性肺炎や肺線維症は薬で治ってしまうことはないので、悪くならないように上手につきあっていくことになります。残念ながら、現在この病気を治す特効薬はありませんが、多くの患者さんは進行がゆっくりなので、咳止めや痰切りの薬で症状を押さえていくことが重要です。

 

急速に進行する場合はステロイドホルモンを大量に点滴したり、大量のステロイドの内服薬を飲んでもらうことになりますが、この場合は入院が必要でしょう。さらに進行し、息切れを感じるようになったときは、患者さん自身の生活を息切れの程度に合わせてください。わかりやすく言うと、少し歩いて息切れを感じたら、楽になるまで休んでください。楽になったらまたゆっくり歩き始めてください。

 

息切れは、肺の働きが限界に達している黄信号です。息切れはあなたの肺が悲鳴をあげている証拠ですから、休憩して肺に無理をかけないようにしてください。じっとしていても息切れを感じるようになれば、酸素吸入が必要になります。今は医学が進歩して、在宅酸素療法といって、通院で酸素が吸えるようになりました。自宅に電気で酸素を作る機械を設置して一日中、入院と同じように酸素を吸うことができるようになっています

 

胸膜炎

胸膜炎は、肺を被っている胸膜という部分に炎症がおこり、肺と肋骨との間に水が溜まる病気です。昔、結核による胸膜炎のことを「肋膜」と呼んでいましたが、同じ状態です。昔の「肋膜」は結核が原因でしたが、リウマチが原因で水が溜まるわけです。水がたくさん溜ると肺が水に押しつぶされて息をすっても空気が肺に十分入らなくなるので息切れを感じます。

 

あまりたくさん水が溜った場合は、入院して水の溜っている部分に管を入れて水を抜く必要があります。同時に、薬で胸膜炎を押さえる必要があります。胸膜炎は、間質性肺炎・肺線維症に比べると少ないですが、いったん出現すると進行は急速です。急に息切れが出てきたら、主治医に相談しレントゲンをとってもらってください。胸のレントゲンを撮ればすぐにわかります。

 

閉塞性細気管支炎

最近新たにわかってきた病態で、リウマチをはじめとする膠原病患者さんに起こってきますが、数は少なくリウマチ患者さんの1%以下です。咳と痰が主症状で、進行すると息切れが起こってくるのは、他の肺の病気と同じです。レントゲンや血液検査では診断がつきにくく、正確な診断をするためには、内視鏡や手術(胸腔鏡というカメラを用いて肺を部分的に切除する手術)が必要です。治療は、ステロイドホルモンの飲み薬を使います。

 

 

リウマチ治療薬で起こる肺の病気

 

間質性肺炎の原因は、リウマチだけでなく非常に多くの様々な原因があります。本来病気の治療に使われるはずの薬によっても間質性肺炎は起こってきます。抗癌剤、抗生物質、血圧の薬、不整脈の薬、痛み止め、漢方薬、貼り薬など殆どありとあらゆる薬で間質性肺炎が起こり得ることが報告されています。リウマチの薬も例外ではありません。

 

リウマチ患者さんにみられた治療薬による間質性肺炎では、原因がわかっている薬は、(1)金製剤、(2)消炎鎮痛剤、いわゆる痛み止め、(3)免疫抑制剤、D-ペニシラミン、(4)湿布薬、などです。

 

リウマチそのものでも間質性肺炎が起こり得るため、原因の特定は困難を極め、正直言って「医者泣かせ」の病態です。原因究明と治療には入院して精密検査をする必要があります。原因の薬が特定できれば、その薬を中止するとともに、ステロイドホルモンで治療します。

 

 

リウマチ治療中におこる肺の病気

 

リウマチの治療にステロイドホルモンや免疫抑制剤を使っていると、細菌やウイルスなどの感染症に対して抵抗力が落ちてきます。風邪くらいならよいのですが、いきなり急性肺炎になったり、風邪をこじらせて肺炎になることがあります。

 

もともとリウマチはお年寄りに多い病気なので、肺炎にもなりやすいわけです。呼吸器科の医師は「肺炎は老人の友」と呼ぶくらい、お年寄りと肺炎は切っても切れない仲なのです。したがって、ステロイドホルモンや免疫抑制剤を使っているリウマチ患者さんは、肺炎にならないよう普段から規則正しい生活をし、風邪をこじらせないようにしましょう。冬はお風呂に入ったら、身体や髪を十分拭いて、すぐに床に就くようにしましょう。温度差の激しい場所への出入りは控えましょう。

 

すでにステロイドホルモンや免疫抑制剤を使っている患者さんは、冬になる前にインフルエンザの予防注射をしておくのもよいでしょう。健康保険は使えませんが、多くの開業医の先生はインフルエンザの予防注射を受け付けているので、あらかじめ予約しておきましょう。予防注射は日本国内での生産量が限られているので、申し出てもすぐに手に入るとは限りません。早めに主治医に申し出て、自分の分を予約しておいてもらいましょう。

 

 

特殊なリウマチの合併症

 

もともと蓄膿症があって、リウマチも患っている患者さんは気管支も侵されやすくなります。この場合、慢性気管支炎や気管支拡張症という病気になります。症状は咳、痰、微熱ですが、この病気の困った所は、喀血することがあることです。喀血は大量になると窒息死することがあり、怖い病気です。また、一旦壊れた気管支は元に戻ることはありません。

 

診断は、レントゲン、胸部CT、気管支鏡検査、呼吸機能検査など呼吸器科の様々な検査を駆使します。最近、エリスロマイシンやクラリスロマイシンという抗生物質を長期に使うと、ある程度病状を安定させることができると判ってきました。