オシッコの変調のうちでも一番ギョッとするのが、真っ赤なオシッコ(血尿)です。そもそも正常な尿の色には、無色透明から淡い黄色、さらには、やや茶色がかった黄褐色までと、幅があります。

 

水分の摂取量が多ければ無色透明に近く、朝起きたときの最初の尿(早朝尿)は、昼間の尿に比べて濃縮しており、色も濃いのが普通です。

 

「血尿」は、尿に血液(正確には赤血球)が混じったもので、腎〜尿管〜膀胱〜尿道などの尿路のどこかで血管が破れて出血したものですが、1滴の血液でも尿はかなり真っ赤になるので、一般に、出血量は見た目ほど大したことがありません。

 

血尿は、マラソンなど過激な運動をした後に出ることがあります。またサントニンやサリチル酸、ピリジンなどの薬の服用によっても、尿が赤く着色することもあります。

 

破れた血管はすぐに補修され、やがて血尿も止まります。

 

そこで「少し様子をみよう」などと自己判断してしまうと、例えばそれが腫瘍による血尿であった場合は、腫瘍そのものを放置することにもなり、手遅れになってしまいます。ですから血尿が止まっても、必ず医師の診断を受けることです。

 

 

注意の必要な血尿

 

明らかに目で見てわかる血尿を「肉眼的血尿」と言います。混入する血液の量がごくわずかな場合は、肉眼でも赤色はわかりませんが、顕微鏡で調べると赤血球が認められるので、これを「顕微鏡的血尿」と呼びます。

 

逆に、目で見て尿が明らかに赤色なのに、顕微鏡で赤血球が認められない場合もあります。前項でも述べた薬による着色のほか、「溶血性貧血」という病気によって体内で赤血球が壊れ、溶出した血液素(ヘモグロビン)が尿中に出た「血色素尿」もあります。

 

また血尿には、炎症による発熱や結石に特有の疼痛(結石疝痛など)、前立腺疾患に伴う排尿障害などの症状がみられるのが多いのですが、これらの症状がなく血尿だけがみられる「無症候性血尿」もあります。

 

これは腫瘍がある場合の典型ですので、症状がなくても、やはり必ず診察を受けて下さい。

 

 

血尿の検査

 

血尿を肉眼、その後、顕微鏡検査で確認します。次に出血部位をつかむために、尿道から細いファイバー鏡を挿入して、尿道から膀胱までを、さらには膀胱内部の様子を詳しく観察します。

 

そこまで何も異常が見られなければ「膀胱から上方に原因がある」と推定され、さらに「原因が左右どちら側にあるか」を絞り込むために、各腎臓からの尿管が膀胱内に開いている開口部をそれぞれファイバーで観察します。

 

30秒おきくらいにシューッと間欠的に血尿が出てくれば、そちら側の腎臓や尿管が問題となり、そこで超音波検査やCT検査、造影剤を使ったX線検査などで原因となる疾患を突きとめることになります。

 

 

血尿の出る病気

 

尿路にできた腫瘍や炎症、結石、外傷などで、具体的には「腎腫瘍」「腎盂尿管腫瘍」「膀胱腫瘍」「尿道腫瘍」「前立腺肥大」「前立腺がん」「糸球体腎炎」「腎盂腎炎」「腎結石」「尿管結石」「膀胱結石」「腎外傷」などがあります。

 

ところが、検査によっても明らかな異常がみられず、なおも血尿が続く場合があります。これは「特発性腎出血」と呼ばれる原因不明の疾患ですが、安静にしていれば自然に治ります。