残尿感と頻尿が同時に起こり、さらに痛みがある場合には膀胱炎や性病など、様々な原因が考えられます。女性の陰部は非常に繊細であるため、細菌の感染が頻繁に起こります。

 

痛みを伴う残尿感と頻尿が繰り返されているという方は、しっかりと当記事を読み、正しく対処していくようにしましょう。

 

 

膀胱炎の可能性

 

関連ページ:女性の天敵『膀胱炎』の治療法

 

膀胱炎とは、排尿のあとに痛みを感じたり下腹部痛がおこったりします。

 

尿が残っているような感じがして、排尿してもすぐにまた尿意を感じ、頻尿になります。尿に白い濁りがあったり、ときとして真っ赤な血尿が出る場合もあります。

 

女性に多くみられますが、これは構造上、尿道口が肛門や膣と並んだ位置にあること、男性にくらべて尿道が短いことなどのため、外陰部が汚れやすく、大腸菌などの細菌が尿道から膀胱に侵入して炎症をおこしやすくなっているためです。

 

また、過度の性交により細菌が尿道から膀胱に入った場合も膀胱炎の要因となります。さらに、膀胱に異物、結石、腫瘍があると、それが引き金になって膀胱炎になりやすくなります。

 

正常な膀胱は細菌に対する抵抗力をもっているので、多少の細菌が入っても膀胱炎にはなりませんが、体の抵抗力が落ちると尿道口近辺に常在している大腸菌などでも膀胱炎をおこすことになるので、かぜや疲労などで体力が低下しているときには注意しましょう。

 

 

第一の予防は陰部を清潔に保つこと

 

まず第一には、陰部を清潔に保つことです。

 

排便の拭き取りは、かならず前から後ろへと行う習慣をつけましょう。大便中の菌で外陰部を汚さないように注意します。

 

性交が誘因になって膀胱炎をおこすこともあります。

 

これは、性交を通じて男性器についている菌や口腔内の雑菌などが外陰部につき、膀胱に落ち込んでしまい、炎症をおこすことになります。

 

性交時には、男性も女性も陰部や手、口などを清 潔にしてから行うこと、また事後に排尿をすること、などを心がけるようにしましょう。

 

膀胱炎が新婚さんに多いことから、別名「新婚病」ともいわれるほど、過度な性交は膀胱炎の誘因になります。

 

ひとつには性交により外陰部が充血し、雑菌の温床になりやすく、尿道から膀胱に落ち込むと考えられますが、もうひとつには、過度の性交に疲れ、睡眠不足や過労から体の抵抗力が落ち、通常ならば自浄できるものまで炎症の原因になってしまうと考えられます。

 

 

同じような症状でも素人判断は危険

 

膀胱炎は、尿内の細菌数や白血球などの検査によって簡単に診断できます。

 

採尿は、通常の尿検査のように採尿コップを使用することもありますが、女性の場合には、外陰部の雑菌や月経血などが混ざりやすいので、カテーテルにより、膀胱から直接採尿することもあります。

 

採った尿を遠心器にかけ、下にたまった沈査を顕微鏡でみると、いろいろな病気が発見できます。

 

膀胱炎のときには、かならず白血球、細菌が検出できますし、精子やトリコモナス、カンジダなど、膣のなかで繁殖するものが検出できるときもあります。

 

腎臓や膀胱に腫瘍ができたり結石があったりすると、真っ赤な血尿が出ることがあります。また、よく「血のオシッコができるほど……」と表現されるほど、激しく疲労すると、ワインのような紫色の尿が出ることもあります。

 

これをヘモグロビン尿といいますが、顕微鏡でみると赤血球が壊れてみえず、血尿とは区別されます。

 

検査の結果、特別異常がみつからないのに膀胱炎と同じような症状をおこすことがあります。これは膀胱神経症といい、心理的な要因が原因。この場合には精神安定剤を投与するなどによって症状は緩和します。

 

このように同じ症状があるからといってすべて同じ膀胱炎では片づけられず、膀胱炎以外の病気の可能性もありますので、かならず専門医に受診し、正しく治療してください。

 

膀胱炎は多くの女性が体験しているので、決して恥ずかしい病気ではありません。