暑すぎて何もする気になれない、集中できないなど、夏の暑さは本当に辛いものです。温暖化の影響もあって、年々その暑さは強まっており、熱中症も懸念されます。

 

夏を居心地よく過ごすためには夏バテにならないことが先決。どのように夏バテ対策をすればよいのか、さまざまな方法をここで紹介したいと思います。

 

 

お風呂に入ろう

 

夏バテ防止には、しっかり睡眠、しっかり食事、適度な運動。何はさておきこれが一番ですが、他にも夏を元気に過ごすための工夫はいろいろ。そのいくつかをご紹介しましょう。

 

冷房病と思ったら

夏の間は、シャワーだけで済ませてしまって、ほとんど浴槽につからない、という人も多いかもしれません。でも、最近の夏バテは、冷房による体の冷えからくるものも少なくありません。サッパリはするけれど、シャワーだけでは冷えた体は温められません。に当たっている時間の長い人は特に、夏でもお風呂に入って温まりましょう。

冷房病かも…と思ったら、とにかく体を温めることです。お風呂に入って体をしんから温めましょう。洗面器やバケツなどに熱めのお湯を入れる足浴や、半身浴も良いでしょう。

 

夏バテ知らずの入浴方法

 ①体温調節機能促進のために

体温の発散をスムーズにさせるには、何より皮膚を清潔にして、汗腺、脂腺の働きをよくすること。汗や汚れを、入浴やシャワーでさっぱり洗い流しましょう。下着は清潔で汗を吸い取りやすいものにします。

 

②食欲増進のために

食欲を促すには、食前に3分ほど、さっとお湯を浴びます。お湯の温度は36度±1度がいいでしょう。ほてった皮膚をやや冷やすわけです。このとき、水を浴びるのは逆効果。湯上りに冷たいビールの一杯もよいでしょう。ただし量が多いと胃を冷やし、これも逆効果となります。熱すぎないお茶の一杯もおすすめです。

 

③快眠のために

快眠を得るためには、西日の照る部屋の寝室はなるべく夏だけは避けたいものです。熱帯夜で寝付けないようなら、睡眠不足になるよりは冷房を上手に利用し、午前2時にスイッチがオフになるよう設定しておくのが良いでしょう。部屋続きになっている場合、隣の部屋の冷房を付けるのも手。

入浴は就寝の1時間前くらいに。お湯の温度は39度±1度に設定します。まず、かけ湯をしてから3分浸り、浴槽から出て、せっけんの泡だけを付けて体を洗い、洗髪します。ゴシゴシ全身をこすらないようにしましょう。そして、39度±1度の微温浴を約15分。汗が流れ出ないうちに出ます。そして寝室へ。

 

④運動不足解消のために

運動不足の解消には、39度±1度の微温浴で、肩、首、足、手の運動などをしたり、また半身と全身浴を交互に行うなど水圧を利用して内臓の血流を促し、その働きを高める運動もあります。

 

 

ツボで元気回復

 

なんとなくだるくて疲れがとれない。そんな時には、心身の元気を取り戻すツボを刺激してみましょう。そこで、夏バテに効くツボを紹介します。ポイントは次の4点。

 

(1)最初に皮膚をさする、たたくなどして軽く刺激を与えます。
(2)次に、症状のある場所から離れたツボを、しっかり押さえます。
(3)さらに、症状のある局所をゆっくり押します。
(4)最後に再び皮膚を軽く刺激します。

 

胃の不調・食欲不振

●外関→合谷(ごうこく)→脾兪(ひゆ)・中カン→外関

・外関…手首の“グリグリ”から指1本ひじ側、2本の骨の間のへこんだところ

・合谷…手の甲側、親指と人さし指の間

・脾兪…ろっ骨の一番下と下から二番目の間、背骨の中心から指1本はずれたところ

・中カン…みぞおちの中心

 

他に、特に胃腸の働きを助けてくれるおすすめのツボは3つ。

 

「足三里」…足のすねを人さし指で下からなであげると、骨の固まりとぶつかり止まるところがある。その1、2センチ外側。「ツボの王様」とも呼ばれる。

 

「曲地(きょくち)」…ひじを深く曲げるとしわができる。その外側。風邪もひきにくくなる。

 

「湧泉(ゆうせん)」…足の指を内側に曲げたとき、足の裏にできる「人」という字の線が交わるところ。

 

ただし、ツボの位置は人によって違います。指先で垂直にじわっと押してみて、気持ちがよかったり痛みを感じるところを探します。初めて指圧する時は、左右を3〜5秒、1日3〜5回押し、翌日痛みがあったら休んで。

 

不眠・睡眠障害

●外関→巨闕(こけつ)・ダン中→外関

・巨闕… 中カンの上、指1〜2本のところ

・ダン中… 左右の乳房の中心

 

睡眠時には冷え過ぎに注意。足がほてって寝付けない場合は、最近市販されている熱とりのシートを土踏まずにはって休むと、案外効果があります。

 

冷え

●外関→合谷→三陰交→外関(足)
●外関→合谷→次リョウ→外関(腰)

・三陰交… くるぶしから指2本上、アキレス腱との間のへこんだところ

・次リョウ… 尾てい骨から指4本上、背骨の中心から指1本はずれたところ

 

冷えには、温冷交代浴が有効です。大きめのバケツに水を入れ、まず全身を湯船で温めておいて、ひざから下を冷水のバケツに入れます。「冷たくなってきたな」と思ったら、次は湯船にひざまで入れます。これを3回ぐらい繰り返します。冷房によって縮みっぱなしになったひざから下の血管の拡張、収縮機能を回復させることができます。

 

※注意… ツボを刺激する時間は、外関と合谷が各1分、ほかは2〜3分程度。ツボの刺激は呼吸のリズムと深くかかわっているので、気管支ぜんそくの人は、専門家の指示を受けてください。

 

 

暑さに負けない体力づくり

 

毎日こう暑いと、体を動かすのもおっくうになりがちです。けれども、夏バテを防ぐためには、日頃から体力をつけておくことが大切です。

 

夏場は、過度な運動よりも、ウオーキングや自転車などで、適度に体を動かすのが良いでしょう。その際、日射病や熱中症には十分注意して、飲み物と、日中ならば帽子などを携帯して始めましょう。

 

 

水分・塩分をこまめに補給しよう

運動時、重要なのが水分補給。運動の前後はもちろん、運動中もこまめに水分を補給しましょう。また、汗をかいた時には冷水摂取の方が生理的に回復が早いと言われています。適温は3〜8度。冷蔵庫で冷やした温度が目安です。

 

また、ウオーキング程度の運動ではあまりありませんが、体重の3%に相当するような多量の汗をかいた時には、水とともに塩分補給も必要です。体内の水分は細胞内に存在する「細胞内液」と、細胞外にある「細胞外液」に分けられますが、汗はほとんど細胞外液。

 

塩分(塩化ナトリウム)のナトリウムイオンは生体にとって不可欠の物質で、普通は主に細胞外液中に存在し、汗と一緒に出てきます。大汗をかいた時、真水だけを飲むと細胞外液のナトリウムイオン濃度が低くなります。

 

そのナトリウムイオン濃度を高めようとして、細胞外液の水分が細胞内液に移ると同時に尿としても排出されます。こうして再び細胞外液が減少するという悪循環に陥るのです。水をやたらに飲んでも役に立たず、むしろ細胞内・外の体液バランスを崩してしまいます。こんな場合、0・2%程度の食塩水を摂取するのが適切だと言います。