腸は私達が食べたものが必ず通る場所で、ここで栄養が吸収されるので非常に大切な場所です。腸が不健康だと便秘や下痢を引き起こしてしまうだけはなく、体がだるくなったり、肌荒れに影響したりと、様々なところに影響が出てきます。

 

この腸を元気にしてくれるものと言えば乳酸菌ですが、乳酸菌は腸内の善玉菌の数を増やし、悪玉菌の数を抑える働きがあり、便秘や下痢の解消につながります。また、便秘や下痢を解消することで肌が綺麗になるなど、美容にも効果アリ。

 

そして、善玉菌を数倍に増やしてくれるのが“オリゴ糖”です。オリゴ糖という名前を聞いたことがある方は多いと思いますが、実際どういった働きをしているのか、また、どのようにしてとれば良いのかなど、分からないことも多いと思います。そこで今回は、オリゴ糖の具体的な効果と上手なとり方について、ご説明したいと思います。

 

 

オリゴ糖って何?どういう効果があるの?

 

糖分の一種で善玉菌を増やして下痢や便秘を解消してくれる

 

私達の大腸の中には、様々な種類の腸内細菌が住んでいますが、それらは善玉菌と悪玉菌の2つに分けることができます。善玉菌が腸内に十分にあるときは、腸は健康であると言えます。しかし、悪玉菌が増えると、有害な物質を作り出してしまい、便秘や下痢を引き起こしてしまいます。

 

つまり、腸内を健康にするためには、善玉菌の数を増やせば良いということになりますが、そこで登場するのがオリゴ糖なのです。

 

私達がスーパーなどで手に入れることができるオリゴ糖は、液状タイプが多いのですが、これはオリゴ糖以外の糖分も入っており、純粋なオリゴ糖は白い粉状で、あっさりとした甘みをしています。

 

オリゴ糖は消化されにくい成分で、胃や小腸では消化されずに、そのままの形で大腸へ届き、腸内で善玉菌のエサになります。また、オリゴ糖が腸内に入ってくると、善玉菌がオリゴ糖を食べ、数を増やしてくれ、悪玉菌はその力に押されて数が減っていき、腸内は健康になっていくのです。

 

 

1日に3~10gを目安に摂りましょう

 

オリゴ糖をとるときは、市販されている甘味料からとっていただいても良いのですが、オリゴ糖は元々天然の食品に含まれているものなので、オリゴ糖を含む食品を上手にとることも有効的です。

 

オリゴ糖を多く含む食品には、きな粉、ごぼう、たまねぎなどがあります。それぞれの食品から、1日にとりたいオリゴ糖の量3gをとるには、きな粉の場合は約40g、ゴボウの場合は80g、そしてタマネギであれば110g(約1/2個)とる必要があります。

 

それから、オリゴ糖は毎日とり続けることも大切です。オリゴ糖をとって腸内の善玉菌が増えても、そこでオリゴ糖の摂取をやめて放っておくと、善玉菌の数はまた減ってしまいます。

 

また、オリゴ糖の効き目には個人差があるので、オリゴ糖だけでは足りないと感じる人は、1日200g程度を目安に、ヨーグルトも一緒に食べると良いでしょう。さらに、下痢気味のときはヨーグルトを主体に、便秘気味のときはオリゴ糖を主体にしてとるようにすると効果的です。

 

 

オリゴ糖入り甘味料の上手な使い方は?

 

少しずつ増やしながらお腹の様子で判断!

 

オリゴ糖入りの甘味料は液状タイプ、粉末タイプ、それから味がついているものなど、様々なものがあります。それぞれの表示部分には、オリゴ糖がどのくらいの割合で入っているかということと、1日の所要量が書いてあります。

 

オリゴ糖入りの甘味料をとるときは、この所要量を守ることが大切です。オリゴ糖は元々消化されない糖分であるため、腸内で善玉菌が利用できないくらい大量に摂取すると、不消化物がたまってしまうことになります。そのため、下痢などを起こしてしまうことがあります。

 

また、人によって違いますが、オリゴ糖をとるとガスを出すような菌を持っている方がいて、このような人がオリゴ糖をとると、善玉菌のほかに、ガスを出してしまう菌も増えてしまいます。

 

オリゴ糖を摂り過ぎると下痢を起こしてしまう人もいますので、まず1日3g程度の摂取から始めると良いでしょう。オリゴ糖30%の甘味料であれば、大体ティースプーン2杯半くらいをとれば、3gのオリゴ糖をとることができます。

 

このくらいの量を1週間続けて、下痢などを起こしたりしなければ、徐々に摂取量を増やすことで効果は増して行くと思います。

 

また、オリゴ糖が入っている食品はオリゴ糖以外にもお菓子やドリンク剤などが売られていますが、中には特定保健用食品という表示があるものがあります。特定保健用食品というのは、厚生労働省が私達の体にとって良い効果が期待できると認めたものです。

 

tokutei

 

このマークがついているものについては、安心して使っていただけると思います。但し、所要量などが書いてあるものについては、その量をきちんと守ることが大切です。

 

 

まとめ

 

オリゴ糖は善玉菌を増やしてくれる働きがあり、オリゴ糖を摂取することで腸の機能が正常になり、慢性的な便秘や下痢が解消されます。腸の働きが悪く便秘や下痢が長く続くと肌に悪影響を及ぼし、カサカサになったりニキビなど肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

 

オリゴ糖を意識的に摂取して、腸の機能を正常すれば、便秘や下痢が解消されるだけでなく、美容にも効果がありますので、積極的に摂取していってくださいね。なお、オリゴ糖と納豆菌は相性がよいので、併せて摂取してみてはいかがでしょうか?(納豆菌にオリゴ糖・乳酸菌・カルシウムなどを+αして健康に