尿路結石の治療後もリバウンド、つまり再発してしまう場合、根本的な問題を解決する必要があります。なぜ尿路結石になってしまったのか、その原因を知ることがリバウンド防止の最善案です。

 

 

尿路結石とは?

 

腎臓から尿道の間(尿路)に、水に溶けにくい成分が結晶化してできる結石を尿路結石といい、尿路に結石があることを尿路結石症といいます。結石のある部位はさまざまで、腎臓結石(腎盂結石、腎杯結石)、尿管結石、膀胱結石、尿道結石、とそれぞれ病名がつけられます。

 

結石を構成する主成分からも、シュウ酸カルシウム結石、リン酸カルシウム結石、リン酸マグネシウムアンモニウム結石、尿酸結石、シスチン結石などと分類されます。代表的な症状は、結石のあるわき腹から腹部、外陰部や精巣(睾丸)にかけての、放散するようなずきずきとした痛み(疼痛)です。

 

腎臓の中でできた結石が、腎臓と膀胱を結ぶ尿管に出て、膀胱へ落ちていくときに現れます。また疝痛発作と呼ばれる、激痛を感じることもあります。結石により尿の流れが妨げられて腎臓の内圧が高まり、腎臓が痙攣を起こすためです。吐き気や嘔吐、冷や汗を伴うこともあります。ほかにも、残尿感、排尿時の痛み、排尿困難などの症状が現れます。結石により尿路が傷ついたり、炎症が起こったりして、血尿、膿尿が出ることもあります。

 

尿路結石がつくられる仕組みは完全には解明されていませんが、どのような条件があるとつくられるのかについてはかなり分かっています。尿にはカルシウムなど結石を形成する物質のほかに、形成を抑制する物質が含まれています。結石形成物質と結石形成抑制物質のバランスが崩れてしまうと、結石ができやすくなります。

 

尿の酸性度が、極端に酸性かアルカリ性に傾いても結石の原因となります。また、体をあまり動かさない生活をしていたり、尿が長時間停滞する状態があると、結石は大きくなっていきます。痛風や副甲状腺機能亢進症など、何らかの病気が原因で、尿路結石ができる場合もあります。

 

 

尿路結石の診察・治療・予防法

 

尿管結石は、超音波検査である程度の診断ができます。その際には、腎臓に結石があるかないかも見てもらってください。腎結石があれば、また尿管に落ちてくる可能性があります。ただ、尿管結石の場合、水腎症がないと超音波では見つかりにくいことがあります。その時は、レントゲン検査(単純撮影と造影)が必要になります。病院によっては、CT検査をするところもあります。

 

治療法には、内科的治療外科的治療があります。内科的治療では、水分をとったり適度な運動をすることで、結石の自然排出を促します。外科的治療では現在主流になっているのが、体外衝撃波破砕術です。体の外(背中側)から、結石に衝撃波(音波の一種)を当てて、そのエネルギーで結石を粉々に砕き、尿とともに排出させます。内視鏡手術を行うときもあります。詳しくは「結石(胆石症・尿路結石)の症状、治療、予防などについて」をお読みください。

 

 

日常生活では、次の点に注意するようにしましょう。

 

●水分をたっぷりとる

水分をたくさんとると尿量が増えますから、結石が小さいうちに排出されやすくなります。食事でとれる水分以外に、1日に2リットル以上の水分を摂取して、1日の尿量を1.5~2リットル以上に保つようにしましょう。

 

●適度に運動する

体をあまり動かさない生活をしていると、腎臓に結石がとどまり、大きくなってしまいます。軽い運動を適度にとり入れ、腎臓に刺激を与えるようにしましょう。

 

●バランスのよい食事をとる

偏った食事をしていると、結石形成物質と結石形成抑制物質のバランスが悪くなります。また、ほうれん草はシュウ酸を多く含むので、食べ過ぎないように。塩分も、尿中に排出されるカルシウムの量を増やすので、とり過ぎに注意しましょう。

 

●規則正しい生活を心がける

食事は尿中の成分の濃度に大きな影響を及ぼしています。食後1時間たったころから、食事の成分が尿中に増えてきて、3?4時間でピークに達します。不規則な食生活は、食後に結石形成物質の尿中濃度をぐんと上昇させてしまいます。

 

また、睡眠中は体の水分が失われて、尿が濃くなります。食事と睡眠による尿の濃度の上昇が重ならないよう、夕食を早めにすませ、就寝前にも水分補給をするようにしてください。また、朝食を抜くと、睡眠中に失われた水分を補給できないため、結石ができやすくなります。朝食は必ずとるようにしてください。

 

尿路結石は、その成分によって異なりますが、再発率が高く、治療後5年で50%の人が再発するといわれています。理由としては、結石の原因となる基礎疾患をもっていたり、結石ができやすい生活習慣の患者さんが多いことがあげられます。ですから、結石がとり除かれたといって、それで治ったと考えるのは早計です。なぜ尿路結石ができたのかを突き止めて再発を予防することが、根本的に治すことにつながります。