更年期とは妊娠可能な年齢からその能力が消失した時期への移行期であり、個人差がありますが、一般には40歳代後半から50歳代前半を指します。この時期の月経は不順になりやがて閉経にいたる時期であり、さまざまなホルモン異常や種々な精神的な変化が現れ、その結果として色々な症状が現れ更年期障害と言われています。

 

女性の平均寿命が80歳を越えた現在では、更年期以降に30年以上もの人生が待っています。ホルモン補充療法(HRT)はこのような更年期・中高年女性の快適で健康な生活を送るための治療法です。

 

 

ホルモン補充療法(HTR)とは

 

女性ホルモンは40歳頃になると、徐々に低下し始め、さらに閉経以後は極めて低くなってしまいます。このホルモン分泌が減少することにより更年期障害とか自律神経失調症といった症状が現れたり、骨が弱くなって腰痛や骨折がおこりやすくなります。

 

そこで女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)を補充し、更年期障害の治療や、骨粗鬆症の治療・予防などさまざまな障害を解消しようというのがホルモン補充療法(HRT:Hormone Replacement Therapy)といいます。

 

≪女性ホルモンの低下による症状≫

早発症状

遅発症状

  • 顔面紅潮
  • 吐き気
  • めまい
  • 動悸
  • 発汗
  • 不眠
  • 冷え性
  • 皮膚萎縮
  • 性交痛
  • 萎縮性膣炎
  • 尿道炎・尿失禁(腹圧性を除く)
  • 肥満
  • 腰痛・肩こり
  • 骨粗鬆症・骨量減少症
  • 動脈硬化症
  • アルツハイマー型痴呆

 

 

ホルモン補充療法の意義

 

日本人女性の平均寿命は、80歳を越えていますが、卵巣機能はせいぜい55歳くらいまでしか維持されません。閉経の平均年齢は約50歳ですが、人によっては40歳くらいから月経も不順になり、早期に閉経してしまうこともあります。

 

卵巣機能が衰え、さまざまな更年期障害が出てくると、身体ばかりか精神的にも落ち込んでしまいます。顔のほてり、冷汗、肌あれ、痒みといった肉体的症状ばかりか、イライラ、不眠といった精神神経的な症状が出てきます。まずこのような症状から解放されるのが第一の目的です。

 

■更年期障害で苦しまないためにはホルモン補充療法が有効

さらに女性ホルモンの低下は、骨の形成と破壊のバランスを乱します。骨の密度を下げ、骨が弱く脆くなってしまいます。骨の破壊は徐々に進行するために、閉経直後は何も症状がありませんが70歳、80歳と年をとって、突然骨折、寝たきりという事態が起こるのです。こうなってからではもう遅すぎるのです。骨はそう簡単に元の強さに戻りません。40歳の頃から骨が弱くならないようにしておくことが大切なのです。

 

■骨塩量を増加させるために骨粗鬆症の予防にも効果がある

長い老年期を迎えるにあたり、将来に向かって人間らしい充実した生活を送るためにも、生活の質(QOL)を向上させるためにも、更年期の頃からホルモン補充療法(HRT)を行うことが重要なのです。

 

 

ホルモン補充療法の治療対象となる疾患

 

ホルモン補充療法には、更年期障害はもちろん、肌のカサつきや骨粗鬆症、高脂血症、アルツハイマー型痴呆、子宮体がん・乳がんなどにも効果を示します。

 

更年期障害

更年期(40歳から55歳頃)に女性ホルモンの減少によって起こるのぼせ、冷汗、不眠等の多様な不快な症状のことです。しかし他に病気が重なっておこっている場合がありますので、医師の診察が必要です。したがって、治療にあったては、あらかじめ他の疾患の検査をしたり、また治療中でも改善がみられなければ、検査をする必要がでてきますので注意が必要です。

 

≪更年期障害のいろいろな症状≫

急性血管運動性障害
  • のぼせ・熱感
  • 発汗亢進・寝汗
  • 動悸
精神神経障害
  • 不安・不眠
  • 記憶力減退
  • 物忘れ
  • 頭痛
亜急性膣・尿道粘膜の萎縮
  • 性交障害
  • 膣炎・膀胱炎
  • 頻尿・尿失禁
皮膚障害
  • 希薄化
  • 乾燥
  • 知覚異常
  • 疼痛・しびれ
慢性障害骨粗鬆症・心血管系疾患のリスクの増大

※各々の症状について、加齢による変化以外、すなわち器質的疾患はないものとする。また、婦人科的な更年期障害は、その前提として、卵巣機能の衰退による女性ホルモンの低下を伴う。

 

皮膚粘膜・泌尿器症状

年をとると、肌がカサカサ乾燥したり、荒れて硬くなってきます。若い頃はツヤがあり、張りがあったものが老化しているのです。年をとったためと言ってしまえばそれまでですが、痒みがでて寝られなかったりして困ることもあります。

 

婦人科領域では、膣、外陰部が荒れてきます。おりものや出血があったり、痒みがでます。萎縮性(老人性)膣炎、外陰炎という疾患です。そして泌尿器科領域では、尿もれ(腹圧性を除く)や頻尿(尿が近い)にもなりやすくなります。これらの症状は大変不快なものです。女性ホルモンを投与することにより、肌のみずみずしさが保たれ、痒み、おりもの、出血、頻尿などの症状が改善できるのです。

 

骨粗鬆症

骨は硬くて石のようですから、骨が弱くなるとは思えないかもしれません。しかしとんでもない、骨も生きているのです。骨は、骨形成と骨破壊のバランスによって保たれています。古くなった骨は、破壊吸収されますが、その一方で形成され、新しくなっていきます。

 

女性ホルモンが少なくなると、造られるよりも、壊される方が多くなり、次第に骨が細く、弱くスカスカなってきます。骨の強さは骨密度で比較しますが、若い男性の骨と比べて、約半分になると、ちょっと手をついただけでも骨折しやすくなります。これが骨粗鬆症です。

 

女性ホルモンは骨の形成に重要な役割をもっています。更年期の頃から女性ホルモンを補い、骨粗鬆症を予防し、あるいは治療することは大変重要なことです。(関連:骨粗鬆症の予防・改善|骨を強くする食材・栄養素・薬について

 

 

その他の対象疾患

 

ホルモン補充療法(HRT)は主に①更年期障害、②皮膚粘膜・泌尿器症状、③骨粗鬆症の疾患に対して行われますが、その副産物として得られるメリットがまだいくつかあります。動脈硬化やアルツハイマー病にも有効です。

 

■高脂血症

女性ホルモンは、動脈硬化を抑える働きをする善玉のコレステロール(HDLコレステロール)を増加させ、逆に動脈硬化を早める悪玉のコレステロール(LDLコレステロール)を低下させます。このため動脈硬化にも良い影響があります。

 

■アルツハイマー型痴呆

アルツハイマー型痴呆は老年期の痴呆の一つで、物忘れ、記憶障害が初期症状です。女性ホルモンの投与により痴呆の進行を止められた症例が報告されており、また逆に女性ホルモンをやめると痴呆が進行した症例も認められています。

 

■子宮体がん・乳がん

ホルモン補充療法で、黄体ホルモン剤を併用した場合には子宮体がんになる危険性が減ることがわかっています。これは乳がんや子宮体がんの治療に黄体ホルモン剤が有効ですので、説明ができます。乳がんに関しては増えるという報告と減るという報告があります。その他の癌に関しては現時点では特に問題ありません。

 

 

ホルモン補充療法の副作用・禁忌

 

このように、さまざまな疾患に好影響的に作用するホルモン補充療法ですが、完璧な治療法というわけではなく、実施できない場合(禁忌)や副作用があります。

 

禁忌(実施できない)

乳がん、子宮体がんにかかっている人、あるいは既往のある人は、残念ながらホルモン補充療法はできません。これらの癌は、女性ホルモン依存性のため、悪化または再発させる可能性が高いためです。また血栓症、重い肝臓病にかかっている人も使えません。

 

比較的禁忌(実施できない場合がある)

高血圧、糖尿病、子宮筋腫、子宮内膜症のある人は、女性ホルモンを使用しない方が良い場合があります。これらの疾患を悪化させる可能性あるためですが、年齢、症状、程度によりメリットとデメリットを比較して使用することもあります。いずれにせよ注意して使用しなければなりませんので、主治医の先生と良く相談し、納得した上で使って下さい。

 

副作用(出血・吐き気など)

■出血

閉経になった、あるいは閉経になろうとしている時に女性ホルモンを投与するわけですから当然出血することが考えられます。薬の種類、量、服用スケジュールによって改善することも可能ですので、年齢、症状により主治医の先生と良く相談して下さい。当然定期的に子宮がんの検診をおすすめします。

 

■胃腸症状 吐き気・下痢

女性ホルモンが増える、妊娠初期のつわりも同じ事ですが、吐き気や嘔吐、しばしば便秘や下痢などが現れることがあります。多くはしばらくすると慣れて良くなっていきます。

 

■癌の増悪の可能性

乳がんや子宮体がんになる恐れはないのでしょうか?禁忌の項目で述べたとおり、これらの癌があれば悪化すると考えられます。しかし、癌化させる薬ではありません。ホルモン補充療法でエストロゲンという薬とプロゲステロンという薬の2種類の女性ホルモンを投与する方法があります。

この方法ですと子宮体がんの発生率はむしろ下がると言われています。乳がんについては発生率が上がるという報告と下がるという報告があり一定していません。発癌性はないと考えられますが、定期的な子宮体がん、乳がん検診は必要です。(⇒自分で調べる乳がん検査

 

 

ホルモン補充療法の実際(服用法)

 

女性ホルモン剤(エストロゲン)を服用する場合、もう1種類の女性ホルモン剤である黄体ホルモン剤(プロゲステロン)を併用する場合と、エストロゲンだけを単独服用する場合があります。また、連続的に服用する方法と月経周期に準じて周期的に服用する方法があります。

 

代表的な服用方法として、以下の5つの方法があります。年齢、閉経前かあるいは閉経後か、あるいは更年期障害の症状の程度などによって選択されますが、主治医の先生と良く相談して決定して下さい。

 

周期的併用法(間欠法)

おもに閉経前後の女性に用います。卵胞ホルモン(エストロゲン)を21日間のみ、のみ始めて12日目から10日間黄体ホルモン(プロゲステロン)を一緒にのみます。その後7日間薬をのまない期間をおいて(休薬)、ふたたび薬をのみ始めます。毎月、月経のような子宮出血があります。

 

周期的併用法(持続法)

おもに閉経前後の更年期症状の強い女性に用います。卵胞ホルモン(エストロゲン)は毎日休まず連続して服用し続けます。黄体ホルモン(プロゲステロン)のみ毎月1日から10(〜14)日間のみます。黄体ホルモンをのみ終わったあとに、たいてい月経のような出血がありますが、出血のないときもあります。

 

持続的併用法

おもに閉経後数年たった女性に用います。卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の両方を毎日のみつづける服用法です。服用開始後3〜6ヶ月間は不正出血をみることがありますが、やがて出血はみられなくなります。毎月、月経のような出血があるのは嫌だという人に向いています。

 

持続的単独法

子宮を摘出した女性に用います。子宮がありませんので出血も起こりません。(エストロゲン1日1錠連続服用)

 

エストロゲン・パッチ剤

エストロゲン・パッチ剤は、おなかに貼りつけて皮膚から吸収する貼り薬で、一日おきに貼り変える必要があります。直接皮膚から吸収されるために、胃腸や肝臓に負担をかけることはありません。

 

≪服用期間≫

■のぼせ・発汗の治療が目的の場合

約8週間程度の服用で、一般にはこれらの症状は改善します。ただし、薬をのむのをやめると、症状がぶり返すことがあります。その場合には60歳を目安にすれば良いでしょう。

 

■膣炎や性交痛の予防や治療、骨粗鬆症や動脈硬化の予防が目的の場合

閉経期のころから服用をはじめると効果が高まりますが、年をとってからはじめても効果があります。最低5年間は続け、問題がなければさらに10年、15年とつづけます。人によっては一生飲み続けることが可能です。骨粗鬆症や動脈硬化などの体の異常は、年をとるにしたがって少しずつ進行しますから、できるだけ長くホルモン補充療法を続けることをおすすめします。