乳房(おっぱい)の片側、一部、または両側が硬く張って痛みが伴う場合、「乳腺症」の可能性があります。乳腺症は、乳房に起こりうる疾患の中で最も多く、ホルモンバランスの異常(エストロゲンの過剰分泌)が原因となって起こります。

 

生理前に症状が強く出現し、生理が終わると軽減する傾向にあり、一般的には積極的な治療を必要としませんが、生活に支障がでるほどの痛みが生じる場合には、内服薬によるホルモン治療を行い改善を図ります。また、食事やストレス緩和などでも改善される場合があります。

 

 

乳腺症の概要

 

乳腺症は、30代から40代の女性によくみられる乳腺の良性疾患で、外来を受診する乳腺疾患の中で最も頻度の高いものです。乳腺の増殖性変化と退行性変化とが交じり合ってみられるもので、正常乳腺にも同様の変化があることが多く、軽度の乳腺症は正常の一部分だとも言われています。

 

≪乳腺症の定義≫

  • 乳腺のしこり、硬さ、痛み、乳頭分泌などを主症状とすること
  • しこりや硬い部分を切り取って、顕微鏡で見てみると乳腺の細胞が通常より増える(増殖)、色がピンクに変わる(化生)、年をとったときのように小さくなる(退行)などの変化が複雑に入り混じって、しこりと一致した局面を作っていること

 

多くの場合、女性ホルモンのバランスが崩れ、エストロゲンというホルモンが過剰になることが原因で、乳腺のしこり、痛み、乳頭分泌が症状として現れます。症状は、乳房の左右ともに現れることもあれば、片側のみのこともあり個人差があります。

 

乳腺症の治療は、まずホルモンバランスを正常に戻すように、生活を整えることです。痛みは、硬いカップのブラジャーで乳房を固定すると楽になります。また、コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインを控えると改善されるとの報告もあります。痛みがひどく日常生活に差し障るような場合にのみ、ホルモン療法(お薬の内服)を行います。

 

乳腺症が乳癌に変化することは非常に稀ですが、乳腺症の近くに乳癌ができることはあります。乳腺症で硬くなっていたり、痛みを伴う場合、乳癌を自分で発見するのは難しくなりますので、上記のような症状がみられる場合には、早期に婦人科に受診することをお勧めします。

 

 

乳腺症の発見における困難性

 

乳腺は女性ホルモンの濃度に伴って、硬くなったり張ったりします。これは、正常な女性が誰でも経験することです。しこり、硬さ、痛みといった症状はこの女性の生理的な変化と、原因も状態も同じことですので、乳腺症の症状と生理的な変化の境界が難しいのです。

 

また、痛みは不安が原因となって強く感じられたり、状況を理解して安心すると軽くなったりしますので、その程度を推し量ることが難しく、症状があるのに病理組織検査ではあまり変化がなかったり、組織では変化が強いのに症状のないなど、治療が遅れてしまうことがよくあります。

 

このような問題点について、研究はいろいろ行われていますが、医師の中でも正常の生理的変化と乳腺症の明確な線引きができていません。このため、医師によって説明が少し異なったり、診察の時期によって乳腺症の診断に差が生じることが多々あります。

 

 

乳腺症の原因

 

乳腺症の原因は、「相対的エストロゲンの過剰」といわれています。卵巣からは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌され、どちらも乳腺に影響を与えています。エストロゲンは、主に乳管(乳腺のあちこちで作られた乳汁を乳頭まで運ぶ管)や間質(乳管や腺房を支え、栄養を与えるところ)を増やし、プロゲステロンは主に腺房(乳汁を作るところ)を増やします。

 

エストロゲンだけが過剰になると、乳管や間質の容積が極端に増加します。特に間質は静脈血がたまりパンパンになり、通常よりも30%くらい増えてしまいます。容積が増えると、乳腺が張って硬くなり、しこりみたいに触れや痛みが生じます。これが乳腺症の発生メカニズムです。

 

ただ、エストロゲンの過剰は、月経前(生理前)に必ず起こるもので、生理前に乳房が硬くなったり張ったりするのは、このエストロゲンの過剰が関係しています。ここにストレスが加わったりすると、さらに症状が悪化し、時には生活に支障が出るほどの痛みが生じることがあります。

 

このような女性ホルモンの分泌メカニズムから、乳腺症は病気ではなく、性周期の一症状であり、多くは時間の経過とともに症状が緩和されますので、通常は治療を必要とず、生活に支障がでるほどの痛みが生じた場合にのみ、ホルモンバランスを正常化させるための治療(主に薬物療法)を行います。

 

エストロゲン過剰の主な原因

●精神的・物理的ストレス

ストレスは、ホルモンバランスを崩す最も大きな原因です。バランス自体が崩れてしまうため、時にはエストロゲンが過剰分泌され、時にはエストロゲンが不足するというように、時期や心身の状態によって変動しますが、基本的には過剰分泌されるようになります。

 

●環境要因

環境ホルモンは化学物質の1つであり、「内分泌かく乱物質」とも呼ばれています。環境ホルモンには、ポリ塩化ビフェニール類、有機塩素化合物(殺虫剤等)、トリブチルスズ、ビスフェノールA(樹脂の原料)、フタル酸塩(プラスティックの可塑剤)などがあり、これらは私たちの身の回りの物品に使われています。これら環境ホルモンに晒され続けることにより、体内のホルモンバランスに悪影響が及び、エストロゲンが過剰に分泌されるようになります。

 

●メラトニン不足

メラトニンとは、「睡眠ホルモン」の一種で、睡眠の誘発や体内時計の調整などの作用を持っています。また、メラトニンはエストロゲンの過剰分泌を抑える働きも持っているため、メラトニンが不足するとエストロゲンが過剰に分泌されるようになります。

 

●飲食物の摂取

肉類、牛乳、乳製品には、女性ホルモンが含まれていることがあります。特に牛乳はメス牛の血液であるため、多くのエストロゲン(メス牛の)が含まれています。それゆえ、摂取するとエストロゲンの量が増え、過剰に分泌されるようになります。また、過度なアルコール摂取や大豆イソフラボン(豆腐・豆乳など)もエストロゲンの生産量増加を促します。

 

●避妊ピルの使用

ビルにはもともとエストロゲンが含まれているため、牛乳などと同様に、服用することで体内のエストロゲン量が増加します。

 

●肝機能の低下

肝臓はエストロゲンの代謝能を維持する働きを持っているため、肝機能が低下するとエストロゲンの代謝能が低下し、それに伴いエストロゲンの量が増加します。

 

エストロゲン過剰に伴う症状

乳房のしこり、不安、うつ、不眠症、疲労、イライラ、朦朧とした思考、記憶力低下、老化促進、アレルギー、偏頭痛、血栓の増加、脂肪増加(腹部・臀部・太 股)、低血糖症、不妊症、性欲減退、流産、抜け毛、子宮癌、子宮筋腫、子宮内膜症、生理前症候群(PMS)、乳癌、繊維嚢胞性乳腺症、骨密度低下、骨粗鬆症、甲状腺機能障害、脳卒中、胆嚢の病気など

 

 

乳腺症の症状

 

乳腺症の主な症状は、乳房の張れに伴う「痛み」、「乳腺のしこり」、「嚢胞」、「乳頭異常分泌」で、これら4つが必ず発現するわけではなく、痛みやしこりだけが発現するなど個人差があります。

 

■痛み(圧痛)

乳房が張ることで強い痛みが生じることがあります。乳房の片側だけ、一部分だけ、両側など、人によって、また時期によって発現する箇所はまちまちです。圧迫されるような痛みが特徴で、下着に触れただけでも強い痛みが生じることがあります。

 

■乳腺のしこり

乳腺症のしこりには、乳腺に本当にしこりができていて触れる場合と、乳腺が硬くなって触ったとき、しこりのように感じられる場合があります。乳腺にできるしこりは、嚢胞(のうほう)が代表的です。乳腺が硬くなるのは、女性ホルモンのバランスが崩れたことにより、組織がさまざまに変化することが原因です。

 

■嚢胞(お水のたまり)

乳腺症の一つの症状で、もともと乳汁を運ぶ管である乳管が膨らんで袋状になり、水がたまったものです。嚢胞が大きくなると、しこりとして触れますし、また急に大きくなったり、炎症を伴うと痛くなることもあります。嚢胞から水を抜くという処置は、しばしば行われていますが、水を抜いても嚢胞の壁が消えるわけではなく、小さくなるだけで再び水がたまることもあります。

 

■乳頭異常分泌

乳腺症が原因で乳頭から分泌物が出る場合は、白い透明な分泌物で、量もそんなに多くないのが特徴です。分泌物の量が多く、血が混じっている場合には、他の病気の合併を疑って検査が必要です。詳しくは「乳首・乳頭から分泌液(透明・白色や血液)がでる原因と病気の種類」をお読みください。

 

 

乳腺症の治療

 

乳腺症は、女性ホルモンの乱れ(エストロゲンの過剰)が原因ですので、ホルモンを正常化させることが治療の根本にあります。生活に支障をきたすほどの強い痛みが生じている場合には、鎮痛剤(痛み止め)を使用し、まずは痛みを緩和させます。

 

ホルモンを正常化する治療

ホルモンを正常化する治療には、「一般治療」と「ホルモン治療」の2つがあります。

 

■一般治療

一般治療というのは、生活の中でできる治療です。エストロゲンは、カフェインや脂肪を多く摂取すると高くなると言われています。また、ヨードを含む海草を多く摂取すると減るといわれています。そのため、乳腺症の時には、カフェインや脂肪を抑え、海草類を多く摂取することをお勧めします。また、エストロゲンの過剰は、ストレスとも密接な関わりがありますので、ストレスの発散を積極的に行っていくことも大切です。

 

■ホルモン治療

ホルモン治療には、エストロゲンを抑える内服薬を使用する薬物療法を行います。現在、厚生省の認可が下りている乳腺症の一般的な薬は「ダナゾール」という飲み薬で、6週間くらい続けて服用し、エストロゲンの分泌量を抑えていきます。

しこりに対しては約8割、痛みに対しては約95%改善されるなど、乳腺症に多大な効果を示すダナゾールですが、およそ6週間の長期的な服用、そして体重増加、むくみ、かゆみ、吐き気、月経異常、肝機能障害などの副作用への理解をしっかりと持っておかなければいけません。

 

痛みをとる治療

鎮痛剤を服用することで、乳房の張りなどが原因で生じる痛みを緩和します。また、乳房が動くことで痛みが生じますので、日常生活においては、固めのワイヤー入りのブラジャーで乳房を固定し、痛みの軽減に取り組みます。

 

 

乳腺症の経過

 

月経がなくなる50歳くらいになると、卵巣がホルモンを分泌する機能は弱まり、代わってエストロゲンは体の脂肪組織等で、他のステロイドホルモンから作られるようになります。エストロゲンが脂肪組織で作られるようになると、その濃度は低め安定になり、乳腺症の症状は軽減するのが普通です。

 

しかし、60代70代の方でも、乳腺がゴツゴツしたり、痛みを訴える患者さんがおられます。高血圧や肝臓のために内服している薬の影響のこともありますし、そういった原因がはっきりしないこともあります。この場合でも、乳がんの疑いがなければ心配ありません。

 

乳腺症と乳がんの関連性

乳腺症そのものが乳がんの原因になることはありません。以前は、乳腺症が乳がん発症の一つ原因であると考えられていましたが、現在では否定されています。

 

 

さいごに

 

乳腺症は、エストロゲンの過剰分泌が強く関係しており、生理前に症状が強く現れ、生理が終わると軽減していくのが特徴です。乳房の痛み(圧痛)や乳腺のしこり、嚢胞、乳頭異常分泌が主な症状ですが、特に“しこり”においては、乳腺症以外にも「乳腺のう胞」や「乳腺線維腺腫」、「乳腺葉状腫瘍」、「乳腺炎」など、乳房の疾患は多く存在します。

 

これらの疾患の中には、抗生物質による積極的な治療、もしくは簡易手術が必要になることもありますので、まずは疾患の特定のために婦人科に受診してください。