外陰部(膣)にかゆみがあり、おりものが多く、さらに腫れや痛みがある場合には膣炎もしくは性病の可能性があります。

 

どちらも特定は難しいため、一度婦人科等で受診されることをお勧めしますが、または症状に該当する病気についての知識を深めてください。

 

 

膣炎の可能性

 

膣炎にかかると、即、不潔をイメージしますが、反対に洗いすぎることによっておこる例が最近は増えています。

 

膣内の分泌物、いわゆるおりものは細菌を殺す力をもっています。性感染症などの菌を殺すほど強くはありませんが、常在菌や雑菌程度であれば、殺菌するほどの力をもっています。

 

ところが、洗いすぎることによっておりものが少なくなると、殺菌力が弱まってしまい、雑菌の繁殖を許してしまいます。

 

最近流行りのパンティライナーなどでおりものを吸い過ぎることも原因になることがあります。膣のまわりはおりもので適度に湿っていたほうが雑菌の繁殖は抑えられるということを、まず覚えておきましょう。

 

また、かぜをひいたり、体調が悪いと膣の抗菌力が低下し、雑菌が膣内に入って繁殖することもあります。皮膚や肛門の雑菌が入って炎症をおこしたものを非特異性膣炎とよんでいます。

 

 

カンジダ膣炎とトリコモナス膣炎の可能性

 

カンジダというのはかびの一種、トリコモナスはアメーバの一種です。これらの膣炎は性感染症と思われ、そのように書いてある本も出ていますが、カンジダは性交渉がなくてもかかります。

 

とくに、かびの一種であるカンジダは、体力が落ちたときに生えるものでもあるので、薬によってすぐ治ります。ですから性行為が原因だとか、不潔だからだなどと考え、恥ずかしがることはありません。

 

子どもでもかかる場合もありますし、お年寄りでもかかることがあります。

 

かゆみが主な症状で、白っぽいぼそぼそしたおりものが出ますが、膣のなかに薬を入れたり、塗り薬を処方することによって治ります。

 

かぜをひいたり膀胱炎などで抗生物質を飲んでいるとき、体調が悪いときは再発してしまい、かぜをひくたびにかかる 人もいますが、根治しようと神経質にならずに、出たらその都度治していくと考えたほうがよいでしょう。

 

また、市販の塗り薬で副腎皮質ホルモンや消毒薬の入ったものは、症状をさらに悪化させてしまうこともあるので、市販薬などで自分で治そうと思わず、かならず専門医をたずねることが大事です。

 

トリコモナスは泡状の黄色っぽいおりものが出ます。アメーバの一種で原虫なので、性交渉によってかかることもあります。カンジダと同様かゆみが主な症状ですが、尿のなかに原虫がいる場合もあるので、膣に入れる薬と飲み薬を併用したほうがよいケースもあります。

 

どちらの膣炎も薬によって治りますので、早めの治療が必要です。