夜尿症(おねしょ)とは、一般的には5歳を過ぎても夜間寝ているときに、尿を漏らす状態が続いていることをいいます。男児に多く、加齢とともに減少し、7歳で10%、10歳で5%、15歳で1%です。つまり年齢とともにほとんどがよくなるのです。

 

中には泌尿器科的な異常が原因のものもありますが、ここでは最も一般的な原発的夜尿症(泌尿器科、内科、精神科的異常がなく、乳幼児期から引き続いて5歳を過ぎても夜尿が続いている。一般的には昼間の遺尿は伴わないもの)について家庭で出来る生活指導を中心に述べてみたいと思います。

 

 

夜尿症(おねしょ)の原因

 

夜尿症(おねしょ)の主な原因の一つに、夜間睡眠中に作られる尿量が多すぎることがあります。これは通常は夜寝るときには尿を抑えようとするホルモンが分泌されるのですが、夜尿症のこどもではそのホルモンの量が少なく、そのため薄い尿がたくさん作られてしまうのです。これを多尿遺尿型の夜尿症といいます。

 

一方、尿の量は多くないのに、夜尿になってしまうこどももいます。これは膀胱の機能が低下していて、尿を多くためることができないことが原因です。これを排尿機能未熟型の夜尿症といいます。さらにその両者の特徴を併せ持つ混合型があります。

 

 

改善のための3大原則

 

子どもの夜尿症は、多くの場合、自然に改善されていくものです。その過程で、たとえば改善を早めようとしたり、おねしょはダメなことだと叱ったりするのは逆効果になります。そのたえ、「焦らせない」「叱らない」「起こさない」の3大原則を肝に銘じ、寄り添いながらゆっくりと改善を図ることが大切です。同時に、生活習慣を見直してみましょう。

 

焦らせない

こどもの成長発達には個人差があります。親があせれば、こどもの不安感を煽るだけです。夜尿症は成長発達とともに、必ず治ります。あたたかく、こどもの成長発達を支え、見守ってあげてください。

 

叱らない

夜尿症は決して本人の責任ではないのですから、叱ったり罰を与えたりしてはいけません。そんなことをしても自信を失い、劣等感を抱くだけです。むしろ、日常生活の中でどんな些細なことでもいいので褒めて自信をもたせ、自立心を養うことが大切です。

 

起こさない

夜間に尿の分泌を抑えるホルモンは、睡眠が安定するとたくさん出てきます。ですから夜尿症のこどもでは睡眠リズムの安定をはかることが大切です。起こしていると、そのホルモンの量がますます減って尿の量が増え、また夜間に排尿させることで膀胱に十分尿をためない悪しき習慣を作ってしまいます。

「トイレおねしょ」という言葉があります。夜中に目覚めてトイレで排尿すると、布団も汚さなくなって一見夜尿症が治ったかのように錯覚してしまいますが、実はトイレの中におねしょをしているだけの話で、生理的には夜尿症は治っていないのです。夜間に目覚めて排尿するとことは、眠っている間に尿量が膀胱の大きさよりも多すぎるわけですから、生理的には夜尿症と同じことなのです。(海外では夜間強制覚醒による条件付けが行われており、「起こさない」という原則には否定的な意見もあります)

 

水分摂取の調整

水分をがぶ飲みする習慣がある場合は、その習慣は控えるべきですが、極端に1日の水分量を制限することは問題があります。昼間まではむしろたっぷりと水分を与え、夕方からの水分摂取を控えるようにしましょう。

 

塩分をとり過ぎない

塩分のナトリウムには尿を出させる作用があります。塩分が多いと、尿量が増え、のどが渇いて水分摂取量が増えるという悪循環に陥ります。

 

規則正しい生活をする

先に述べたように、夜尿症では睡眠リズムの安定をはかることが大切ですので、そのためには日常の生活リズムを規則正しくする必要があります。具体的には、早寝、早起きをして、朝食は必ず食べ、昼間は適度な運動をするといったことです。

 

冷え症の場合

夜尿症のこどもの多くは冷え症を伴っています。しもやけができやすいとか、秋から冬にかけて夜尿が悪化しやすいタイプのこどもは、就眠前にゆっくり入浴し、よく温まるようにします。布団をあらかじめ温めておくのも効果的です。

 

 

排尿を我慢する訓練

 

日中の排尿回数が多いなどの膀胱の機能が未熟な場合は、少し尿をためる訓練が有効であるという意見もあります。尿意を感じたあとに、できるだけ排尿を我慢させるものです。最初からはたくさん我慢できないので、最初は尿意を感じて5分くらい我慢させ、我慢できたら褒めてあげて排尿させます。これを繰り返しながら徐々に我慢する時間を延ばし、最大30分くらい我慢できるところまで続けます。

 

昼間のお漏らしを伴うような場合は、排尿の途中で一度中断し、そのあと再び排尿させるという排尿中断訓練も有効なことがあります。