近年、花粉症における治療技術が進歩しており、治療後すぐに花粉症とは無縁な生活を送れるということも少なくありません。しかしながら、効果が全くない人や、副作用でさらに悩まされる人も少なからずいるのも事実です。

 

治療技術が進歩しているとはいえ、まだ確立されたわけではないため、副作用についてしっかり考えておく必要があります。特に薬で治療しようと考えている方は要注意です。

 

 

抗ヒスタミン薬の効き目と副作用

 

関連ページ:花粉症に使われる薬の種類と作用・効果

 

花粉症はヒスタミンという化学伝達物質が刺激となって症状が出てきます。抗ヒスタミン薬はヒスタミンの働きを抑えるもので、即効性があります。同じ即効性のあるタイプの抗アレルギー薬よりも効き目が高いものがありますが、「眠くなる」といった副作用が社会生活では問題です。

 

眠気を起こす理由は、実はヒスタミンにはヒトを覚醒させる働きもあるからです。目が覚めるためのヒスタミンの作用を抑えるわけですから、どうしても眠くなります。また抗ヒスタミン薬には、口の中が乾くといった副作用もみられます。

 

 

風邪薬も花粉症に効く?

 

市販の風邪薬(内服)には抗ヒスタミン剤を含むものが多いので、ある程度の効果はあります。しかし、のどの痛みや頭痛、せきやたんなどの症状を抑える成分も含まれるので、長期間の使用は避けるべきです。

 

 

注射治療は副作用も

 

花粉症に対する注射には、減感作療法や免疫療法、ヒスタミン添加免疫グロブリンやステロイドの投与、星状神経節ブロックで首に麻酔薬を投与する場合などが可能性として考えられます。

 

「すぐに(一発で)治る」ものはステロイドの筋肉内注射でしょうが、この方法は日本アレルギー学会で認められておらず、アレルギーの専門家が花粉症の治療に行うことはありません。

 

治療効果は長く続くとのことですが副作用があり、糖尿病や胃潰瘍、気管支ぜんそく、妊娠などが合併する人にはとくに勧められません。

 

 

減感作療法とは?

 

粉に過敏になった(感作された)体質を徐々に改善し、感作性を減らす方法です。これは花粉症の原因となる花粉のエキスを週に1〜2回皮内注射し、エキス濃度を徐々に高めて、体質を花粉に慣れさせていく療法です。

 

しかし、少なくとも2年間は注射し続けなくてはならなず、患者さんにとって根気のいる療法です。このため現在は、舌下投与や内服による方法も研究されています。

 

 

手術で治す方法

 

とくに鼻づまりの強い場合に行われます。花粉に反応する鼻の粘膜を切除したり、レーザー照射で焼いたりするものですが、手術で花粉症が治るわけではありませんので、あくまでも対症療法の1つとして考えるべきです。この手術によっても鼻水やくしゃみに対しては、治療効果もやや落ちます。

 

 

妊娠中の人の花粉症対策と治療

 

花粉症は20歳代から30歳代がとくに起こりやすく、妊娠中はホルモンの変動で鼻の症状も悪化しやすいといわれます。予防としては、スギ花粉情報によく注意し、飛散量の多い日には外出を控えること。マスクをかけることです。花粉症になった場合には、妊娠中の薬物使用に注意が必要です。

 

基本的に、アレルギーに対する薬剤で、妊婦に対して安全性が確立されているものはありません。やむを得ず点鼻薬などを使用する場合もありますが、やはり妊婦には薬は使いにくいので、「温熱エアロゾル療法」という方法が積極的に使われています。

 

これは水道水を42度くらいに温め、その蒸気を吸うだけの安全な方法です。この器械は薬局や電気店などで売っており、自宅で行うことが出来ます。