胸や心臓の付近に違和感を感じる場合や、急に苦しくなった、痛みが生じている場合には、ストレスや肥満など生活習慣が原因となっていることが多いものの、何かしらの病気を発症している、または発症しかけていることも考えられます。

 

中には、重い病気に発展するケースもあるため、”何かが変”と感じれば、出来るだけ早く診察を受けることをお勧めします。胸・心臓の違和感や苦しい、痛いなどの場合の病気は数多く存在しますので、まずはどのような病気が該当するのか知っておきましょう。

 

 

狭心症、心筋梗塞

 

心臓に栄養を送っている動脈を冠動脈と言いますが、これが詰まったり、細くなり、血液が流れ難くなり心臓の筋肉が酸欠状態になるのが狭心症心臓の筋肉が死んでしまうのが心筋梗塞です。原因の多くは動脈硬化で冠動脈の中が狭くなったり、塞がることによるものです。

 

狭心症は、動いた時に起こる「労作性狭心症」と安静にしても起こる「安静狭心症」があります。胸痛は前胸部に始まり、肩や左腕、首に波及することがありますが、痛みは発作的に始まり、3分ほどで治まるのが一般的です。

 

診断は24時間心電図を付けたり、トッレドミルによる運動負荷試験、カテーテル検査による冠動脈造影検査を行います。治療はニトログリセリンなどの血管拡張剤を飲んだり、テープを貼ったり、スプレーをする内科的療法、胸を開げて狭窄部をバイパスさせる外科療法の他、経度経管冠動脈形成術と言い、風船付きのカテーナルを狭窄部位に置き、風船で膨らませる方法もあります。

 

心筋梗塞の場合は、痛みが狭心症より強く、持続時間も30分以上に渡ります。不整脈や心不全になり早期に死亡することもあり、それ程でなくてもショックに陥り、冷や汗、血圧低下、顔面蒼白となることも稀でありません。

 

診断は心電図、採血などで容易です。診断とともにあるいは疑わしければ直ぐにCCUと呼ばれる集中治療室で治療しなければなりません。

 

 

解離性大動脈瘤

 

動脈硬化や高血圧で大動脈の壁がもろくなっている所が裂けて、コブになって、時に破れてしまう非常に危険な病気です。痛みは発症直後が最も激しく、しばしばショック状態になります。痛みは上半身から下半身へ移動することが多い傾向にあります。ほとんどの方は高血圧をもっています。診断は心電図、胸部レントゲン検査、CT検査などを行います。

 

治療はコブの破裂した時や破裂の危険があるときは緊急手術をします。そうでないときは、集中治療室で血圧を下げたり、ショックの治療をします。いずれにしても最も緊急を要する疾患で、死亡率も高い病気ですので、予防が一番です。血圧をしっかりコントロールし、動脈硬化を起こすコレステロールや高血糖を十分に下げる必要があります。

 

 

肺血栓塞栓症

 

肺の血管に血や脂肪、腫瘍の塊が詰まり、肺の組織が腐ってしまう病気です。胸痛と同時に強い呼吸困難、息切れ、せき、血痰が出た場合この病気を疑います。

 

寝たきりの人、分娩後、ピル服用者、けがや骨折後の人、心臓弁膜症の人に多く発症する傾向があります。最終診断は肺動脈造影か肺シンチスキャン(ラジオアイソトープ検査)を行います。治療は痛みを取り除き、詰まりを溶かす薬、血栓融解剤を投与します。

 

 

急性心膜炎

 

心臓の外を包んでいる膜を心膜と言い、ここに炎症を起こす病気です。原因としては、ウイルス、細菌、外傷、癌などがあります。発熱と同じ時期に、真ん中から左前胸部にかけて起こる鋭い痛みで、痛みは首からみぞおちに渡り、数日続く場合があります。息を止めたり、前屈みになると楽になります。

 

診断は診察、血液検査、心電図、胸部レントゲン、心臓エコーなどにより特定します。治療は安静、抗炎症剤、抗生剤などによりますが、炎症が強く、水がたくさん貯まっている場合は、針を刺したり、チューブを入れて水(心嚢液)を採ります。癌以外は一般的に予後良好です。

 

 

消化性潰瘍

 

ストレスなどの心因性要因や酒、タバコも誘因となります。春、秋の季節の変わり目に多い傾向があります。空腹時の上腹部痛で全体の50%にみられます。この上腹部痛が胸痛として感じられることもあります。

 

十二指腸潰瘍では寝ているときに痛みで起きることがあり、胃潰瘍では食後に痛みが起こることも多々あります。治療は現在は良い薬が開発され、ほとんど内服でかつ通院で治癒可能です。ただし、刺激物(辛いもの、コーヒーなど)や酒、タバコなどは控え、ストレスのない生活を心がけましょう。

 

 

逆流性食道炎

 

胃の内容物(胃酸、胆汁、膵液など)が食道に逆流して、炎症を起こす病気です。原因としては加齢、胃の手術、食道裂孔ヘルニア(胃がゆるんで食道の方にはみ出してしまう病気)などがあります。

 

胸骨裏あたりに鈍痛が持続し、胸焼けを伴い、寝ると症状が悪化します。診断は胃カメラによります。治療は酸分泌を抑制する薬(H2ブロッカー、プロトンポンプインヒビター)など薬による治療が中心です。

 

 

自然気胸

 

肺が破れて空気がたまり、正常の肺を圧迫し、呼吸困難が起こる病気です。10〜20代の若いやせ形の男性に多い特徴があります。診断は胸部レントゲン写真によります。

 

治療は、管を入れて空気を抜く内科的治療と、破れた部分を胸を開いて直接、あるいは胸から小さな穴をあけて入れるカメラで縫う外科治療があります。

 

 

胸膜炎

 

肺を包んでいる膜を胸膜と言いますが、ここの炎症を言います。一般的には胸水が貯まってきます。原因としては、細菌、結核菌、ウイルス、かびなどの感染によるもの、癌、膠原病、心不全、膵炎、腎不全など多彩です。

 

一般的には咳、たん、発熱と一緒に起こることが多く、胸水が多くなると、動悸、息切れが出現します。診断は胸部レントゲン写真で容易です。原因を確定するためには、胸に針を刺し胸水を採ってきて調べます。治療はそれぞれの原因に対する治療をするのが原則です。胸水が多い場合は、管を入れて持続的に水を抜きます。癌以外では一般的に予後良好です。

 

 

おわりに

 

このように、胸・心臓・肺に違和感がある、苦しい、痛いという場合には、さまざまな病気が考えられます。感じ方は人によって異なりますが、”何かが変”という感じ方が弱い場合、何かしらの病気の兆候の可能性があり、感じ方が強い場合は、既に病気を発症している可能性があります。

 

中には重い病気に発展することもあるため、違和感や痛みなどが長く続く場合には、一度病院で診てもらいましょう。なお、かかるべき診療科は病気によって循環器内科、呼吸器科、消化器内科、内科とさまざまですが、どこに行けば良いか分からない場合は、”内科”に受診してください。