近年、多彩な効果が注目されている「納豆菌」。腸内環境を整えることが万病の予防につながることは、多くの研究者が報告していますが、納豆菌はその腸内環境を整えるだけでなく、実に様々な働きを持っていることが明らかになっています。

 

今回、その納豆菌の目的に応じた使い方について検証します。健康であり続けたいという方は、以下に紹介する納豆菌+αの食事を積極的に摂ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ベースとなる組み合わせは納豆菌&オリゴ糖!!

 

私たち人間の約7.5mの腸内には、およそ100種類の細菌が100兆個以上も住んでいます。健康なときはいいのですが、「食生活の乱れ」「ストレス」「病気で免疫力が低下した時」「加齢」とともに、腸内細菌のバランスは崩れてしまいます。

 

腸内環境が乱れると、悪玉菌により発生する有害な物質が腸に直接障害を与え、便やガスが臭う、腹部膨満感、便秘や下痢などの症状があらわれたり、有毒物質が体内に吸収されることにより、発癌・高血圧・痴呆症・免疫力の低下など、あらゆる病気を引き起こす可能性もあるのです。

 

「納豆菌」は生きたまま腸にとどく善玉菌(プロバイオティクス)であり、腸内で納豆菌が活躍することにより、他の善玉菌も元気になります。また、納豆菌は、食べたものを分解する各種酵素やビタミンB群・Kなどを作り、腸内をきれいに掃除してくれるのです。

 

そしてもうひとつ、腸内環境を整える立役者として忘れてはならないのが「オリゴ糖」です。オリゴ糖は、胃で分解されずに腸まで届いて、善玉菌の栄養源となり、乳酸菌・ビィフィズス菌を増やします。

 

オリゴ糖のおかげでパワーアップした善玉菌は、悪玉菌を抑えて腐敗物質をつくるのを防ぎ、腸内環境を元気にしてくれます。また、オリゴ糖は悪玉菌の栄養源にはなりません。納豆菌&オリゴ糖は、腸内環境を整え、様々な病気を予防するためのベースとなる処方です。

 

 

腸内環境を整えるなら、納豆菌&オリゴ糖に乳酸菌をプラス!

 

便やガスが臭い、便秘や下痢が続く…。明らかに腸内環境が乱れているサインです。ベースとなる納豆菌&オリゴ糖に乳酸菌をプラスしてみましょう。納豆菌は食中毒などの病原菌に対してもすばらしい抗菌力をもち、チフス菌や赤痢菌、そしてO-157に対しても効果が確認されています。

 

納豆菌とオリゴ糖の働きに、外からさらに乳酸菌を体内に取り込むことで、より一層の改善が期待できます。腸内年齢が気になる方はお試しください。

 

 

骨がスカスカ?納豆菌&オリゴ糖にカルシウムをプラス!

 

日本人は欧米人に比べてカルシウム摂取量は少ないにもかかわらず、欧米人よりも大腿骨頸部骨折の発生率が低くなっています。これについては、日本人に納豆を食べる習慣があることが大きく関与していると報告されています。

 

カルシウムは体に吸収されにくい性質を持っていますが、「グラ(γ-カルボキシ・グルタミン酸)」と呼ばれるアミノ酸と結合することで、骨に吸着しやすくなります。そして、この「グラ」がグルタミン酸からできるときに必要なのが、ビタミンK群です。

 

納豆菌は腸内でビタミンK群を豊富に作ることが報告されています。ですから、納豆菌&オリゴ糖にカルシウムをプラスすることで、骨や歯の健康が効率よく維持できると考えられます。

 

 

美肌を目指すなら、納豆菌&オリゴ糖にビタミンCとEをプラス

 

納豆菌は皮膚や粘膜を正常に保つために必要なビタミンを生産します。また、肌荒れや吹き出物の原因となる便秘を解消しますので、美肌に有効です。

 

この納豆菌&オリゴ糖にビタミンのCとEをプラスすることで、シミやシワなど、肌年齢が気になる方におすすめの処方です。

 

 

疲れやすい、貧血気味の女性には、納豆菌&オリゴ糖に鉄分をプラス

 

疲労や倦怠感、スタミナぎれの原因のひとつは、ビタミンBの不足にあります。納豆菌は増殖するときにビタミンB類を合成します。さらにビタミンBは増血ビタミンともいわれ、鉄分をプラスすることで貧血防止にも効果が期待できます。

 

このように納豆菌には実に様々な効果があります。そして、その効果をより高めるためには何をプラスすればいいのかを、目的別に検証してみました。皆様もご自分の目的に合わせて、オリジナルの処方を試してみても良いかもしれませんね。