中高年の失明の原因として糖尿病に次いで二番目に多い緑内障。最近の調査では40歳以上の17人に1人が患者と推定されています。また、パソコンやスマホの使用による若年層の発症率も近年急増しています。

 

自覚症状なしに悪化するため早期発見が重要ですが、現状では検診体制は十分ではありません。しかし、簡単な検査で分かるので、自覚症状がなくても、眼の疲れを感じる人は自発的に検査を受けて頂ければと思います。

 

 

緑内障の発生機序

 

仕事上、パソコンの画面を長くみると、すぐに目が疲れてしまいます。近視のせいだと気に留めず、ある日ふと片目または両目の視野がかすんで来院するという人は珍しくありません。通常、目に疲れが原因ですが、視神経が傷つき、手術が必要となることも多々あります。

 

眼球は内部に房水と呼ぶ液体をためて形を保っており、通常は作られる量と排出される量が釣り合っていますが、うまく排出されないと眼圧が上昇し、目の奥(眼底)にある視神経が傷ついて視野が狭まったり、視力が落ちたりしてしまうのです。

 

急性の場合、本来透明な角膜が緑がかってみえるので、これを緑内障と呼んでいます。

 

眼圧が21ミリメートルHg(Hgは水銀柱の圧力の単位)未満なら正常、これ以上を「高眼圧」と区別して診断の目安にしていますが、加齢などで視神経が弱くなると眼圧が正常でも発症することがあります。

 

 

眼底検査による5分で診断できる

 

いったん視野障害が起こると元に戻すのは難しく、治療は進行を食い止めることが主体となり、重症だと房水の流れをふさいでいる部分に小さな穴を開けるレーザー治療や外科手術を施す必要があります。通常は房水の量を抑える目薬や、排出を促す薬で眼圧を下げるのが基本です。

 

日本緑内障学会は昨年3月まで約1年半、岐阜県で大規模な疫学調査を実施。40歳以上の約3000人を調べたところ、患者の比率は17人に1人(5.78%)でした。1990年代は30人に1人程度だったので、約20年で1.6倍に膨らんでいるのです。

 

この数字から推定すると、国内の患者数は500万人に達します。この要因となるのは、パソコンや携帯の普及による眼の酷使に加え、検査技術が進歩したことも関係があるでしょう。

 

緑内障の検査といえば目に圧縮空気を吹き付けて圧力を測る「眼圧検査」が一般的ですが、岐阜県での調査では、緑内障なのに眼圧に異常のみられない人が7割弱もいました。

 

そこでカメラに似た装置で目の血管や神経を調べる「眼底検査」をした後、光を明滅させ視野が狭くなっていないかどうか調べ診断しました。

 

視野検査に使ったのは特別な機械ではなく、眼底検査も眼科の基本検査のひとつ。普通の眼科で検査を受けられ、5分程度で済みます。

 

定期的に眼底検査を受けさえすれば早期発見が可能であり、視野が欠けるなどの症状が出てからでは遅く、重症度が増すごとに外科治療での改善率も下がってしまいます。

 

 

自分の目を守るために定期的な検査を

 

血縁者に緑内障患者がいるなど危険因子をもつ人は最低でも年1回の眼底検査を受けることが大切であり、度が進んだ近視や心臓などの循環障害をもつ人も危険性が高く、注意が必要です。

 

緑内障と分かった場合、根気強く治療していくことが大切。通院を欠かさず医師の指示通りに薬を点眼・服用すれば、進行を抑えられ、日常生活に支障が出ません。

 

しかしながら、興奮しすぎたり大量の水分を一度に摂取したりすると眼圧が上がるので、。ストレスや毎日の水分量など、日常生活において気をつけなければいけない点が多々あります。

 

 

まとめ

 

緑内障学会によると、患者のうち治療を受けているのは10—20%にとどまり、大多数は放置している可能性があると推測しています。

 

高血圧などの生活習慣病と同様、緑内障においても患者観点からだけでなく国が率先して検診体制づくりを急ぐ必要があるのではないでしょうか。

 

ともあれ、緑内障は自覚症状が少なく、症状の出現時には重篤化している場合が多いのが実情です。特に40歳を過ぎたあたりから多発していますので、自分の目を労わるという意味でも、40歳を過ぎたらまずは一度、眼底検査を受けてください。