生理中の下腹部痛や腰痛などの不快な症状は、多くの女性が感じるものですが、それが生活に支障をきたしてしまうほどの「月経困難症」になると、放ってはおけません。

 

また、激しい痛みの影には「子宮内膜症」などの病気が潜んでいる可能性があります。今回は、毎月の不快な生理痛と子宮内膜症を和らげる強い味方をご紹介しましょう。

 

 

何故、生理痛が起こるのか?

 

生理は妊娠に備えて増殖した子宮内膜が、妊娠が成立しなかった場合に剥がれ、血液と一緒に排出されるものです。この時、子宮内膜から「プロスタグランジン」という物質が分泌されます。プロスタグランジンは子宮の収縮を起したり、痛みや炎症を起こす物質です。

 

このプロスタグランジンによって子宮の蠕動運動が起こり、剥がれた子宮内膜が排出されるのです。また、プロスタグランジンが血中に入ると頭痛・悪心・嘔吐などの症状が出てきます。月経困難症の人の子宮では、このプロスタグランジンの分泌量が、正常量より多いために、ひどい生理痛になります。

 

生理痛に使われる痛み止めは、このプロスタグランジンの生成を抑制するもので、プロスタグランジンの分泌される前(生理の2日くらい前)から、服用すると効果 が高くなります。

 

 

子宮内膜症とはどういう病気か?

 

子宮内膜症とは、月経時に剥がれ落ちた子宮内膜が外に排出されずに逆流し、子宮の筋層の中に入り込んだり、子宮から遠く離れた卵管、卵巣、膀胱、直腸などに移動し、そこに定着し増殖するものです。

 

場所は変わっても、子宮内膜の組織はそのままなので、毎月エストロゲンの影響を受け、増殖し、剥離し、出血します。そして、子宮や卵巣が腫大したり、卵管が詰まったり、周囲の臓器が癒着して可動性を失います。それにより、下腹部痛、腰痛、不正出血、性交痛、不妊などの症状を引き起こすのです。

 

子宮内膜症は、エストロゲンの分泌によって出血や痛みが出てきます。病院での主な治療は、薬によってエストロゲンの分泌を抑制するか、プロゲステロンの濃度が高い状態にするホルモン療法です。

 

 

婦人科領域で熱い注目!松樹皮の抗酸化作用

 

エンゾジノール(ニュージーランド松の樹皮のエキス)中の豊富な抗酸化物質が、老化防止や免疫増進に加え、婦人科領域でも注目されています。

 

エンゾジノールはニュージーランドの松樹皮から水抽出される成分です。松樹皮のエキスには他に、フランス海岸松の「ピクノジェノール」や「フラバンジェノール」などがあり、これらの婦人病に対する効果 が大いに注目されています。

 

治験として、子宮困難症、子宮内膜症及びその周辺の臓器の炎症を訴える患者さん39人を対象に行ないました。月経困難症の患者には、1日30mgを月経7日前から14日間、子宮内膜症や婦人科的手術後の下腹部痛及び骨盤痛の患者には、1日30mgあるいは人によって1日60mgを継続して1ヶ月飲んでもらいました。その結果、月経困難症の患者における改善率は、月経痛73%、腹痛100%と見事なものです。

 

また、子宮内膜症患者においては、月経痛73%、腹痛80%、腰痛71%、子宮付属器の可動性75%と、こちらも食品とは思えない効果 を見せています。

 

 

何故、松樹皮がこれほどの効果をあげるのか?

 

松樹皮の痛みに対する効果のポイントは松樹皮に含まれる「超ポリフェノール」です。ポリフェノールを含む食品は緑茶、赤ワイン、カカオ、そば、などいろいろありますが、松樹皮のポリフェノールは有用性やバランスにおいて、群を抜いています。

 

痛みの原因は活性酸素です。炎症のある所には好中球が集まってきて活性酸素を大量 にばら撒きます。この活性酸素が炎症部分を刺激し、痛みが増強されるのです。松樹皮に含まれる「超ポリフェノール」は、この過剰に発生している活性酸素を速やかに退治してくれます。また、松樹皮はこれらの痛みを軽減するだけでなく、子宮の可動性も改善してくれるようです。

 

正常な子宮や卵巣などの生殖器の付属器官には可動性がありますが、痛みがあるとその緊張によって硬くなり、可動性が損なわれると言われています。松樹皮が自然の状態で痛みを軽減することで、可動性が戻ってくるのではないかと考えられています。さらに、松樹皮の持つ「血液が固まるのを抑制する働き」が子宮組織の癒着を防ぎ、子宮内膜の改善に一役買っていると考えられます。

 

 

過剰なエストロゲンの働きを抑えるイソフラボン

 

子宮内膜症の治療には、エストロゲンの分泌を抑制するホルモン療法がありますが、それと同じような働きで、しかも穏やかに作用するのが「イソフラボン」です。

 

イソフラボンはエストロゲンとよく似た分子構造をもち、エストロゲン・レセプターに結合します。その効力は本物のエストロゲンの1000分の1です。イソフラボンがエストロゲンのかわりにレセプターに結合することで、エストロゲンの働きが弱められ、子宮内膜の出血や炎症を軽減すると考えられています。

 

松樹皮とイソフラボン。今、最も婦人科領域で注目されている食品です。婦人病に悩む女性の強い味方となってくれるでしょう。