健康によいものとして近年では酵素がよくメディアなどで取り上げられており、実際にも著名人の多くが酵素水といった酵素入りの飲料水や酵素に重点を置いた食事などを取り入れています。

 

酵素は健康に非常によいものであるとともに、体調や肌の変化が著しい30~50代の女性にとっても有用なもので、アンチエイジングにも役立っています。

 

 

酵素について

 

体内で活性酸素に対抗して働いてくれる酵素等の抗酸化物質を効率よく補給することとその酵素をなるべく無駄に消費しないことが健康を維持し、老化を防ぐ大切なことです。抗酸化物質のひとつである酵素。私たちはその酵素についてまだまだ情報不足です。酵素を詳しく知ることで今後の人生に大きく役立つことでしょう。

 

酵素は体内に5000種以上もあります。酵素にはもともと人の身体にある潜在酵素と食物から取り入れる食物酵素にわけられます。

 

さらに潜在酵素は消化酵素と代謝酵素にわけられます。 毎日の生活で呼吸をしたり、手足を動かしたり、内臓を働かせたり、頭を使うなど数え切れない場面で代謝酵素が使われているのです。そのため、ある仕事を行う酵素が不足することで、難病と呼ばれる病気になることもあるそうです。

 

また生きている限りどうしても避けられない活性酸素があり、“スーパーオキサイドラジカル”というもので、これを解毒するのにSODという代謝酵素が働いています。体内にある代謝酵素は、中年以降量が急激に減少するので、食事でしっかりと補給しなければなりません。

 

万年酵素不足に陥ると、軽い症状の病気でもこじれたり、“若い時には何てことなかったのに、この頃身体に無理がきかないな?”なんて感じるわけです。

 

そんな大切な酵素ですが、年齢と共に作られる量は減っていき、また生命維持活動で減り、活性酸素が発生した時にも消費するので減ります。 また一生のうちに体内で作られる酵素の量には限りがあるので、無駄に消費しないようにしなければなりません。

 

例えば、余計なストレスを溜めることによって酵素が消費され、暴飲暴食を続けていると多くの消化酵素を消費します。体内の酵素が食べ物の消化に使われてしまい、生命維持活動を活発にする代謝酵素にまわす分が少なくなってしまうのです。

 

それだけ病気になり易く、老化が早まることにつながります。食べすぎは、自ら寿命を縮めていることになるのですから、腹八分を心がけることです。減るのならば補給すればいいんですが、それが毎日の食事で効率よく補給されていないため、結果的に病気の人も減らないわけです。

 

 

酵素に重点をおいた食事

 

ではどのような食品を取れば良いのでしょうか。一番は、加熱していない生の生鮮食品の野菜・果物・魚介類・海藻類などを取ることです。酵素だけでなくビタミン・ミネラル・食物繊維も含まれているからです。

 

なぜなら植物に含まれる酵素は熱に弱く50℃以上の熱で急激に破壊され、60度で活性がなくなってしまいます。生野菜やフルーツを摂らずにいると万年酵素不足に陥ってしまうわけです。でも生ものだけ取ればいいとゆうわけではありません。

 

調理した方が栄養素が高まる食品もあるので、加熱食品と組み合わせて取るようにするのがよいのです。日本人は昔から酵素なんて知らずに日本食を食べてきたことで寿命を伸ばしてきました。昔ながらの日本食にはそれだけ酵素が多く含まれていたのです。

 

しかし近年、食の欧米化にともない、焼肉やステーキ・ラーメンなど動物性の脂っこい料理をよく食べるようになり、反対に生で食べる食事が減り、酵素不足になっているのです。 ベジタリアンの人も生の野菜や果物を取らないで、加熱処理した料理の割合が高ければ、酵素不足に陥ります。

 

野菜や果物が苦手な人は新鮮な野菜果物ジュースやすりおろした野菜果物を摂りましょう。市販の野菜ジュースなどは過熱してからジュースにしてある場合があり、必ずしも酵素が摂取できるとは限りません。

 

出来たら生の野菜や果物のジュースを手作りするのが理想です。 コンビニのお弁当は、加熱した料理ばかりで生ものははいっていませんから、それにプラス生野菜を取るようにしたほうがよいのです。

 

発酵食品を取ること。・・・・腸の働きを活発にする身体を温める食品、酸っぱい食品・辛い食品などをほどほどに取る。大まかにはこういった食品群でしょうか。

 

足りないものとしてサプリメントで補うのもいいでしょう。 また酵素は腸内環境の改善に一役買っているらしいので積極的に摂るようにするとますます健康増進するに違いありません。

 

昔ながらの日本食を今一度見直してみましょう。日本人はぬか漬けをはじめ、漬物を食べますので、知らぬ間に生の食品を取っているわけです。

 

梅干しも生、らっきょう付けも生ですね。塩分を取りすぎなければ、これらのものも考えて積極的に取っていくことはよいことといえます。 中年以降減っていく酵素が不足しないように積極的に食事で補いましょう。

 

 

生活の改善も大切

 

また規則正しい生活をしてストレスを溜めず、無駄に酵素を消費しない生活をしましょう。 酵素は主に睡眠時に生産されているそうです。なるべくその日のうちに眠りにつきましょう。そして7~8時間は睡眠をとり、ぐっすり眠るように努力しましょう。

 

今後の食生活において、毎回の食事に生の野菜・果物を取るように心がける事で、必ず近い将来に差が出ます。実行していきましょう。 そして健康人生の勝ち組に入りましょうね。