月経困難症は、月経の直前または開始とともに症状が発現し、月経の終了前または終了とともに消失するのが一般的です。主として下腹痛、腰痛など疼痛を主症状として現れる症候群で、婦人科疾患としては比較的頻度の高い疾患と言えます。

 

疼痛を主症状とするために月経痛症とも呼ばれていますが、下腹痛や腰痛のほか、悪心、嘔吐、下痢、頭痛など、さまざまな不快な症状を伴うこともあり、これらはプロスタグランジンによって引き起こされます。(⇒生理痛(腹痛・腰痛・頭痛)に伴う「吐き気」の原因と緩和法

 

 

月経困難症の分類

 

月経困難症は臨床的に「原発性月経困難症」と「続発性月経困難症」の二つに分類されます。

 

■原発性(機能性)月経困難症

原発性月経困難症とは、子宮をはじめとする骨盤腔内臓器に疼痛の原因となる器質的病変が認められない月経困難症のことを指します。原発性月経困難症は、機能性、本態性あるいは内因性月経困難症とも呼ばれています。一般に月経困難症は排卵を伴うことが多く、後述するように排卵が月経困難症の成因に関与しています。したがって、初経後まもなくは無排卵のことが多いために月経困難症は認められません。

 

■続発性(器質性)月経困難症

続発性月経困難症とは、器質性月経困難症とも呼ばれ、疼痛の原因となる器質性病変が骨盤腔内に存在する月経困難症のことを指します。器質性病変としては子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症あるいは骨盤内炎症などがあります。卵巣子宮内膜症や骨盤内炎症による癒着性付属器炎、癒着性骨盤腹膜炎、子宮奇形なども疼痛の原因となりえます。

 

≪原発性月経困難症と続発性月経困難症の鑑別法≫

原発性(機能性)
月経困難症
続発性(器質性)
月経困難症
発症時期初経後3年以内初経後5年以上経過
好発年齢15〜25歳30歳以上のことが多い
加齢に伴う変化次第に軽快次第に悪化
結婚による変化軽快ないし全治不変
妊娠・分娩後の変化全治不変
内診所見正常または発育不全子宮内膜症、子宮筋腫など
痛みの時期月経時のみ悪化すると月経時以外にも有痛
痛みの持続4〜48時間1〜5日間

 

 

月経困難症の症状

 

月経時の下腹痛と腰痛が主要症状ですが、その他に以下のような多種多様の症状が現れることがあります。症状の強さは、必ずしも全ての月経で一定ではなく、相当に激しい時とそうでない時があります。

 

■原発性(機能性)月経困難症の症状

下腹部・腰部症状下腹痛、下腹部緊張感・不快感、腰痛・腰部倦怠感
消化器症状胃痛、嘔気・嘔吐、下痢、食欲不振・食欲減退
血管神経症状頭痛・頭重感、冷汗、心悸亢進
精神症状イライラ、神経過敏、怒りやすい、憂鬱
全身症状全身倦怠感・易疲労感
そのほかめまい

 

 

■続発性(器質性)月経困難症の症状

続発性(器質性)月経困難症の場合にも、原発性(機能性)月経困難症の症状を全て認めることがあります。その他に原因となる器質性疾患特有の症状、例えば子宮筋腫の場合には過多月経(月経血量が多いこと)など、子宮内膜症の場合には過長月経(生理期間が長くなる・生理が終わらないこと)、性交痛、排便痛、内診時圧痛など、特有の症状が同時に、発現するのが一般的です。

 

月経困難症発症のメカニズム

月経時の疼痛は子宮を構成する筋肉組織すなわち子宮筋の収縮によるものと考えられています。子宮筋を収縮させる化学物質の一つとしてとしてプロスタグランジンがあり、プロスタグランジンは子宮内膜でプロゲステロン(黄体ホルモン)から産生されることが明らかになっています。したがって、分泌期においては増殖期よりプロスタグランジン濃度は数倍高く、月経血中の濃度はさらに高値となります。

 

月経血中へのプロスタグランジンの放出は月経開始から48時間の間に起こります。これは月経困難症の症状が最も強い時期であり、プロスタグランジンによる子宮筋の収縮が月経困難症の原因であることを示唆しています。このように下腹痛はプロスタグランジンによる子宮収縮によって引き起こされますが、月経時に見られる嘔気、嘔吐、腰痛、下痢、頭痛などの全身症状はプロスタグランジンとその代謝物質が、子宮内に限局せずに、体循環に流入することに起因すると説明されています。

 

プロスタグランジンの産生量の差異が月経困難症の発生に関連し、プロスタグランジンの産生量が多いほど月経困難症は強くなります。また、月経困難症の原因となる器質性疾患においても子宮内膜組織を増加せしめ、結果的にプロスタグランジンの産生が増加します。

 

プロスタグランジンは子宮内膜でプロゲステロン(黄体ホルモン)から産生されることからして、プロゲステロンの分泌が不十分の場合、たとえば無排卵周期ではプロスタグランジンの産生が抑制されます。したがって、月経困難症は認められないのが一般的です。しかし、逆に月経困難症が認められないから無排卵であると言うわけではありません。なお、プロスタグランジンについては【生理痛(腹痛・腰痛・頭痛)に伴う「吐き気」の原因と緩和法】で説明しています。

 

 

月経困難症の診断

 

月経困難症の診断は、自覚症状の分析によって比較的容易に確定することができますが、月経歴を中心とした詳細な問診が重要となります。次に月経困難症の診断がなされた場合、器質性あるいは機能性月経困難症の鑑別が必要になります。

 

月経困難症の診断がなされた場合には、子宮筋腫や子宮内膜症などの疼痛の原因となる器質性病変が骨盤腔内に存在するかどうかを検討します。そのためにそれぞれの診断学が必要になります。

 

問診(現病歴の聴取)、内診、視診、ゾンデ診、諸血液検査、画像診断(超音波検査、CT、MRIなど)、腹腔鏡など、さまざまな検査を行う必要があります。月経困難症に起因する病気は多岐に渡りますので、どの病気が起因しているのかを特定するために、さまざまな検査を行う必要があるのです。

 

以下に月経困難症の原因となる器質性疾患の診断のための代表的な検査法を示します。このようにして、器質性疾患の存在が認められたならば、続発性(器質性)月経困難症と診断されます。しかし、以下のような診断方法によって器質性疾患が除外された月経困難症は、原発性(機能性)月経困難症と診断されます。

 

子宮内膜症腹腔鏡、問診・内診、超音波検査などの画像診断、血液検査(CA125など)
子宮筋腫問診・内診、超音波検査などの画像診断
骨盤内炎症(慢性)
骨盤内臓器の癒着
問診・内診、血液検査、病原菌検査(クラミジア・淋菌など)、超音波検査などの画像診断
子宮奇形・形態的変化超音波検査などの画像診断

 

 

月経困難症の治療

 

骨盤内の器質性疾患が否定された原発性(機能性)月経困難症の治療は、以下の対症療法や排卵抑制によってほとんどが治癒可能です。逆に、このような治療でも症状の軽減が認められない時には、続発性(器質性)月経困難症やその他の疾患が起因している可能性が高く、起因疾患の治療に移る必要があります。以下に原発性(機能性)月経困難症の治療法を示します。

 

■対症療法

月経困難症発症のメカニズムでも述べているように、月経困難症の薬物療法の目的は、子宮内膜でのプロスタグランジン合成の抑制です。そのため、治療薬の第1選択としてはプロスタグランジンの合成阻害剤が挙げられます。抗プロスタグランジン製剤としては、以下に示すような、さまざまな非ステロイド性鎮痛剤が使用され、月経困難症を訴える女性の80%に有効とされています。

 

≪機能性月経困難症の治療薬(対症療法)≫

薬品名商品名
抗プロスタグランジン製剤メフェナム酸(ポンタール)
インドメタシン(インダシン、インテバン、イドメシン)
イブプロフェン(ブルフェン)
ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)
ロキソプルフェンナトリウム(ロキソニン)
一般鎮痛剤セデス、ペンタジン、ソセゴン
筋弛緩薬ブスコパン
精神安定剤バランス、コントール、セルシン
漢方薬桂枝茯苓丸など
偽薬

関連:生理痛の痛み止め薬(市販)|ロキソニン・バファリン・イブの比較

 

■排卵抑制

経口避妊薬(ピル)の副効用として月経痛が軽減することが知られています。上記のような対症療法でも症状の改善が認められない時にはピルの選択が考慮されます。ピルは子宮内膜の増殖を抑制し、その結果、プロスタグランジンの産生が抑えられ、子宮収縮作用が抑制されるために月経痛が軽減します。具体的には中容量ピル(プラノバール、ドオルトンなど)の21日間連続服用でも良いのですが、副作用面から考えると低容量ピルの方が適していると言えます。