目の前がぐるぐるする、ふわふわする、そんな症状が現れたことはありませんか?これは「めまい」の1つであり、疲れや血流が滞ることなどが原因で起こりますが、中には病気が隠れていることもあるため注意が必要です。

 

今回は、めまいの種類や原因についてご紹介しますので、まずは知識を深めてください。先述のように病気が隠れていることもありますので、よく起こるという場合には一度病院へ受診してください。

 

 

「めまい」はどうして起こるのか?

 

めまいの発生要因として、まずあげられるのは、疲労やストレスなどからくるものがあげられ、めまいとともに頭痛や肩こり、不眠・倦怠感などを時に感じる場合もあります。また、よく体を休息させても、めまいが一向に治まらない場合もあり、その発生と終息は様々です。

 

加えて、めまいにも慢性的に発症するものもあり、中には、精密検査をしても、体には異常がみられないのにめまいが発症する「めまい症」「眩暈(げんうん)症」「メニエール症候群」といった原因不明のめまいもあります。

 

 

めまいの症状

 

めまいの症状にも様々ありますが、大まかには下記の4つに大別できます。

 

回転性のめまい

自分や周囲のものがぐるぐる回るように感じ、まっすぐ歩けず、立っていられなくなる。場合によっては吐き気をもよおすこともある。(メニエール病、突発性難聴、前庭神経炎、良性発作性頭位めまい症、内耳炎、脳の血管障害など)

 

非回転性のめまい

周囲や自分のからだがふわふわゆれる感じがして、症状が長く続くことが多いもの。(内耳炎、突発性難聴、メニエール病、聴神経腫瘍、脳血管障害、高血圧・低血圧、ストレスなど)

 

平衡失調

歩行中にふらつく感じ、右や左に揺れ、バランスがとれずに、つまづき・転倒しやすくなるもの。(メニエール病、良性発作性頭位めまい症、中耳炎、中耳真珠腫、外リンパ瘻、聴神経腫瘍、薬の副作用による内耳障害など)

 

立ちくらみ

立ち上がったときに目の前が真っ暗になり、ふらつくもの。(高血圧・低血圧などの全身的な疾患、ストレス、蓄積疲労など)

 

 

めまいを引き起こす原因

 

めまいを引き起こす原因は様々ありますが、以下の5つが考えられます。

 

  • 三半規管や耳石器などの内耳に問題があるとされる内耳性めまい
  • 情報を伝達する神経に問題があるとされる前庭神経性めまい
  • 情報を統合する脳に問題があるとされる中枢性めまい
  • 循環器や内分泌代謝系など全身の病気が影響して発症するめまい
  • 心身のストレスなどが関係して発症するめまい

 

上3つが真性めまい、した2つが仮性めまいと分類されています。

 

一つ一つごとに、そのめまいが起こる発生要因は様々で、たとえば、循環器が関係するものを調べるだけでも、高血圧症、低血圧症、起立性低血圧、不整脈、動脈硬化症、高コレステロール血症など様々なものが関係する可能性がありますので、あまりひどいめまいを感じるときは専門医の診断を早期に受ける必要があります。