生理前にお腹が痛く張りがあるという場合には、様々な要因が考えられます。中には激しい腹痛により意識を失いかけたという人も多いのが実情です。

 

ここでは、生理前に起こる腹痛の3つの大きな要因についてご説明しますが、症状がひどい場合には軽視せず一度診察を受けることをお勧めします。

 

 

生理前の下腹部の痛みと張りの原因

 

生理が始まる前(直前~1週間程度)にはプロスタグランジンという物質が分泌されます。プロスタグランジンには経血(生理時の血)を体外に排出させるために子宮の収縮を促す働きを持っています。この物質は血管を収縮させる働きがあるため、下腹部に強い痛みが生じるケースがあります。また、体がだるくなったり、腰痛など、体に様々な症状が表われることがあります。

 

生理前ないし生理痛に吐き気をもよおすことも多々ありますが、これは下腹部の痛みや腰痛、いわゆるプロスタグランジンが深く関係しています。詳しくは「生理痛(腹痛・腰痛・頭痛)に伴う「吐き気」の原因と緩和法」をお読みください。

 

 

月経前症候群(PMS)の可能性

上記の物質による要因のほか、月経前症候群(PMS)という病気の可能性も考えられます。月経前症候群(PMS)は、またの名を月経前緊張症と呼び、生理が始まる約1~2週間前から、精神不安/不眠/むくみ/乳房のハリ/頭痛/腰痛/ほてり感/など様々な症状が表れます。

これは黄体ホルモン(プロゲステロン)分泌の高まりと、セロトニンという神経伝達物質の低下が原因で起こります。月経前症候群(PMS)の場合には、下腹部の痛みの他、「イライラ」、「不安」、「集中力の低下」、「憂鬱」といった精神的な症状が現れます。

 

子宮内膜症の可能性

生理直前に激しい腹痛を伴う場合、子宮内膜症の可能性も考えられます。子宮内膜とは子宮の中の赤ちゃん用のベッドであり、これが何らかの影響で増殖し卵管を通ってお腹の中に入ることによって腹痛が伴います。基本的に子宮内膜症は良性の病気であるため、命に係わる病気ではありません。それゆえ心配する必要はありませんが、腹痛が激しい場合には一度検査を受けることをお勧めします。

 

 

よく分からない場合はストレス解消を!

 

生理前の腹痛というのは、プロスタグランジン、月経前症候群(PMS)、子宮内膜症など、その要因は様々です。生理前に常に激しい腹痛があるという場合には早急に診察を受けることをお勧めしますが、頻度が多くないという方や、年齢が若い方は、まずストレス解消に取り組んでください。

 

女性の体は非常に繊細であるため、さまざまなな物質の分泌量やホルモンバランスは容易に変化していきます。この大きな原因となるのがストレスなので、ストレスを溜めないように定期的リフレッシュしたり、運動不足であれば生活の中に運動を取り入れるなど、まずはストレス発散に取り組んでいきましょう。食生活の乱れも大きく影響しているため、バランスのより食事を心がけてください。