目の付近を強打した時や事故にあった時など、何かしらが原因となって目が損傷し、重症化すると場合によっては失明の可能性があります。

 

緊急性の高い目の病気はさまざまあり、重症例では一刻も早く手術を行い必要があります。また、自覚症状の少ない軽度の場合でも、急に重症化することもあるため、失明の危険を回避するためにも、すぐに病院へ受診してください。

 

以下に危険性の高い眼疾患の種類と、その症状や治療法などについて解説します。該当するものがあれば、すぐにでも病院へ受診することも強くお勧めします。

 

 

緊急性のある眼の病気(眼球破裂)

 

■角膜裂傷

虹彩脱出を伴うことが多く、裂傷が瞳孔領を横切るときには、視力予後は悪い傾向にあります。

 

■強膜裂傷

網膜剥離を生じていることが多く、黄斑部の網膜が剥離している場合には、視力予後不良となります。結膜下に多量の出血を認めて、眼球虚脱を生じている場合には眼球破裂を念頭に置いて治療しなければならなりません。創が深ければ深いほど予後は悪くなります。

 

■強角膜裂傷

網膜剥離も考えられ、角膜もやられているため視力予後は最も悪く、裂傷の長さが長ければ長いほど、また裂傷の深さが深ければ深いほど、視力予後は悪くなります。眼内に異物が入っていることもあり、異物除去は硝子体手術という現在眼科で行われている手術の中では最も難しいとされる最新の手術が必要です。

茶眼(ぶどう膜)が長時間脱出していたり、患者さんの意識が無くてこの病気が判らずに長時間放置されていたりすると、反対側の眼に強いぶどう膜炎が生じることがあり、これを交感性眼炎と呼び、反対側の視力障害の起こってない眼を助けるために怪我をした眼を取ってしまうこともある、眼外傷の中では最重症タイプです。

 

 

緊急性のある眼の病気(眼球破裂以外)

 

■アルカリによる化学熱傷

アルカリ性の薬物(水酸化ナトリウム等の化学薬品、毛染めやパーマ液、生石灰、アルカリ性洗剤等)が眼に飛入して、角膜や結膜を溶かして組織の障害を起こします。上皮障害が遷延すると実質の障害となったり、感染を起こして眼内炎を起こしてしまうと視力を大きく落とすことがあります。

症状:眼痛と充血を伴う視力障害。

予後:早期に適切な洗眼が行われた場合には一般に予後は良いが、薬物の飛入時に十分な洗眼が行われなかった場合には、こじれることが多いので初期治療が重要です。(自分で水道の水をジャージャー流して眼を洗い流すことが最も有効ですので、自分で出来る限り水道水で眼を洗って下さい。でもたいていの人は十分な洗眼をしたと言ってもせいぜい5分くらいですので、出来ればもっと10分くらいはしてください。)

治療:まず持続洗眼が重要ですので生理食塩水や白内障手術に使用する人工房水等を用いて、最低 500ml 以上で薬物の濃度を下げる努力を払います。アルカリだからと言って酸性で中和を考えたりは、あまりしません。先ずは大量の水で洗浄と考えて下さい。

 

■網膜中心動脈閉塞症

血栓が網膜中心動脈が篩板を通過するところで詰まることにより、網膜の虚血を生じてその領域の視力が消失します。

症状:片眼性の突然の極めて強い視力低下。

予後:不良ですが、自分でこの病気と診断して初期に眼球マッサージをして視力が助かった内科の先生もいらっしゃいます。

治療:まず第一に眼球マッサージです。マッサージと言っても眼を指圧するぐらいの強さで、眼をグッーと押さえます。医者は更にマッサージを行った後、眼圧を下げて血栓を移動させる目的で眼球穿刺という手術を行うことがあります。薬物療法として血管拡張させる薬の投与などをしたり、神経細胞死を救う薬物を内服したりします。心臓に弁膜症等が無いと判れば、血栓を溶かす強力な点滴治療もしますが、高齢者にはかえって危険なこともあります。

 

■視神経管骨折

頭部・顔面外傷の結果、その外力が頭蓋底の視神経管に作用して、その内部を貫通している視神経を断裂させたり、圧迫させて浮腫(視神経周囲のむくみ)によって視神経自身に大変強い障害を与えます。

症状:側頭部の打撲後から始まった、極めて強い視力障害。具体的には、眉毛部外側の打撲痕、鼻出血があり、患眼の直接対光反射の減弱もしくは消失をみます。視力は目の前の手が動いているのがやっと判るか、光の明暗だけが判る程度の大変激しい視力障害を生じています。

予後:極めて不良ですが、開頭手術によって、圧迫している骨を大きく開け直してやると治る方もいらっしゃいます。また交通外傷や、全身打撲されている方が多いので、他に打撲がないか全身をCT等を使って良く調べる必要があります。そのため眼科医だけでは手に余りますので、脳外科医と一般外科医の協力が必要になることが多いです。

治療:開頭手術による視束管開放術や、ステロイドホルモンや、脳圧を下げる薬、ビタミンB12の全身投与などを行います。神経に良いとされる薬物は何でも投与しても良いと考えます。

 

 

緊急性のある眼の病気で誤診されやすいもの

 

■急性閉塞隅角緑内障

亜急性や比較的軽い発作の急性発作の場合は、内科や脳外科などで風邪や髄膜炎と誤診され治療を受けていたり、反対に眼科で結膜炎と誤診されたりすることがあるので注意が必要です。

一般には、いわゆる「あおぞこひ」とか「緑内障」と呼ばれ恐れられている病気なのですが、素人は勿論眼科医以外では診断が付けにくい病気です。そのため眼科専門医にかかって十分な診断と治療を受けて欲しい病気です。眼科専門医であれば、充分な問診と視力検査、前眼部の観察、眼圧検査をすれば診断できます。

自覚症状:頭痛、悪心、嘔吐、視力障害(霧視や裸電球を見たときに虹が架かって見える症状=虹視症が出たりします)、眼痛などがあります。

他覚症状:結膜充血と毛様充血、角膜の浮腫混濁、中等度散瞳、眼圧上昇、僚眼の浅前房などがあります。

前駆症状:例えば一過性の霧視、虹視症、偏頭痛、軽い眼痛が生じていた事が、数カ月前から何度かあったことが聞き出せることがあります。

予後:早期発見して、治療に反応すれば完治することもあるが、一般に視力予後は不良な事が多いです。片眼で発病することが多いのですが、反対の眼(僚眼)も同じ病気にかかる可能性が高いので、僚眼は予防的にレーザーによる虹彩切開術をしておくのが、一般的です。

発作眼は角膜の状態が悪い為、レーザー虹彩切開術は難しいのですが、後日眼圧を薬物で十分下げてから虹彩切開術を施行したり、それに隅角形成術をレーザーで加えたりして、瞳孔閉鎖を解除します。

ただし慢性に進行する緑内障に対しては、このレーザー虹彩切開術だけでは効果が十分でありませんので、先ほどの隅角形成術の追加や、定期的な眼科の診察が必要です。眼圧が全ての薬物を投与しても反応しない場合には、場合によっては入院しての白内障と緑内障の同時手術も必要となります。

治療:①眼圧降下療法(高張浸透圧剤の点滴静注、炭酸脱水酵素阻害薬の投与、ピロカルピンやβブロッカーの点眼)、②レーザー虹彩切開術+レーザー隅角形成術、③観血的周辺虹彩切除術、④上記の治療と、消炎鎮痛につとめると助かることが有りますが、慢性の緑内障に移行してしまったり、急性発作の起こっている時間が長かったりすると、視力を永久に落としてしまう事があります。慢性の閉塞隅角緑内障に移行してしまった場合には、以下のような手術が選択されます。

⑤水晶体摘出術、⑥水晶体摘出術+隅角癒着解離術、⑦水晶体摘出術+線維柱帯切開術、⑧水晶体摘出術+線維柱帯切除術、⑨水晶体摘出術+と上記の緑内障手術の多重手術など

 

 

まとめ

 

10分を争うほどの緊急性眼外傷の中には、アルカリ飛入による薬物化学熱傷があり、これは患者さんの初期治療で予後が左右されます。網膜中心動脈閉塞症や急性閉塞隅角緑内障は眼科に行かなければいけませんし、視束管骨折では脳外科医の助けが必要です。

 

感染を予防することが出来れば、眼科専門医の所まで来るために時間の余裕が有るものに穿孔性眼外傷があります。あわてず担当の医師(例え眼科専門医でなくても)の指示に従って下さい。

 

非穿孔性眼外傷の場合は、10分を争うような緊急性は無いものが多く、一般的に時間の余裕がありますが、少なくとも24時間以内には眼科専門医の診察を受けた方が良いでしょう。前房出血という病気の場合には、坐位の姿勢で安静が必要です。疼痛や充血だけで視力障害を伴わなければ、一般に緊急性は低いと思われます。