体内のさまざまな成分を活性化させるため、適度に紫外線に当たる必要がありますが、紫外線を過度にうけると、体や肌に悪影響をおよぼします。

 

それは、老化や免疫力低下、はたまたシミやソバカスなど、さまざまな影響を与えるため、女性は特に避けたいものです。そうならないためにも、紫外線に関して正しい知識を身につけ、適切な方法で対策していってください。

 

 

◆過度の紫外線は皮膚の老化を促進します

 

オゾン層の破壊が進み、紫外線量が増えています。「シミやソバカスのもと」と敬遠されてきた紫外線。

 

紫外線は日焼けを起こし肌が赤くなる、ヒリヒリするという一過性の影響だけでなく、真皮にまで至って弾力を失わせ、シワやたるみの原因ともなります。つまり、皮膚の老化を促進するのです。

 

 

◆がんや免疫力低下の恐れも

 

紫外線の問題は美容上の不都合だけではありません。「皮膚の老化やがんを招き、免疫力を低下させる」など、その深刻な影響が明らかになりつつあります。

 

長年、紫外線を浴び続けた皮膚細胞は遺伝子を傷付けられ、まれに突然変異を起こしてがん化します。外部からの異物を認識してリンパ球に情報をもたらす「ランゲルハンス細胞」の働きを損ない、免疫力を低下させることも判明しました。

 

眼球では、白内障を引き起こすといいます。まさに百害あって一利なし。「小麦色の肌」信仰は、捨てた方がよさそうです。

 

 

◆紫外線が皮膚に到達するまで

 

紫外線が皮膚に到達するまでを簡単に説明しましょう。太陽からの光は長波長側から赤外線、可視光線、紫外線に分けることができます。

 

紫外線は、生物学的な作用効果で、波長の長い方からUVA、UVB、UVCなど四つに分けられます。このうち地上に届く紫外線はUVBの一部とUVAです。紫外線が皮膚にあたると、皮膚の細胞内の分子に紫外線が吸収されてその影響が現れます。

 

太陽から皮膚へ照射された光は、角層のケラチンで照射量の5~10%が反射され、表皮の角化細胞内でのケラトヒアリン顆粒、色素細胞から角化細胞へ送られたメラニン色素で散乱、吸収された後、表皮細胞の核に吸収され、ごく一部が真皮へ透過されます。

 

その際、考えておかなければならないことは、紫外線の透過性の問題です。UVAは波長が長いので、比較的深くまで到達しますが、UVBはほとんど表皮までしか到達せず、真皮上層に到達するのはごくわずかです。

 

UVAはおもにしわやたるみの原因に、UVBはしみやそばかす、皮膚がんの原因になるといわれています。UVBは多く浴びると、肌が赤くなり炎症を起こします。

 

日本気象協会によると、紫外線の総量は5月と7月に最も多く、人体に有害なUVBが強くなるのは、上空のオゾンの量が減る7、8月。正午ごろが最も強く、午前10時から午後2時にかけても注意が必要です。

 

 

◆化粧下地を念入りに

 

紫外線から肌を守る第一歩は化粧下地づくりです。洗顔化粧水の後に、メラニンの生成を抑える薬用美容液をつけてから乳液を。さらに、紫外線をカットする化粧下地を顔全体になじませます。

 

特に日焼けしやすいほおの正面、鼻筋は念入りにつけます。紫外線の影響は若いころから蓄積され、皮膚の細胞に残っているといわれています。この繰り返しが、老化を早めます。

 

目に見えない老化をくい止めるためには、日常のちょっとした外出にもファンデーションを欠かさないことが大切です。肌をしっかり守って、日焼けによるしみ、そばかすを防ぎ、毎日のスキンケアには美白化粧品を取り入れると効果的です。

 

 

◆日焼け止め化粧品、SPF十分でも過信は禁物

 

「日焼け止め化粧品を塗ったのに、肌が赤くなった」という経験はありませんか。日焼け止め化粧品を選ぶ目安の一つに、紫外線の防止効果を示すSPF(サン・プロテクション・ファクター)という数値があります。

 

SPFは、特にUVBによる日焼けの防止効果を示します。例えば「SPF30」は、何も塗らない時の約30倍の日焼け止め効果があるという意味です。

 

ただし、いくらSPFの高い製品を選んでも、汗などで落ちてしまっては効果は期待できません。2、3時間おきににつけ直し、おでこや鼻筋など日焼けしやすい部分は特にていねいに塗りましょう。

 

最近では、必要以上のSPFを求めるよりも使い心地や安全性を重視する人も多く、のびのよさや塗ったときの透明感などを求める傾向が高いようです。

 

 

◆日焼け止め関連商品を上手に取り入れましょう

 

「UVカット」商品は、化粧品だけではありません。帽子やサングラス、シャツ、ストッキングなど、さまざまな商品でUVカット加工が施されたものを見かけます。また、日差しを避けるために、日傘も有効です。

 

最近ではデザインも豊富にそろっています。折りたたみのタイプを持ち歩くのも良いでしょう。