とてもデリケートな女性の身体は、日頃からまわりのさまざまな問題に対して影響を受けてしまいやすいものです。気付かないうちにストレスにさらされ、精神的・肉体的にバストにもダメージを与えてしまっているかもしれません。

 

そのままにせず原因を究明し、さっそく今からでも大切な自分の身体をいたわってあげてください。また、ストレスなどの他にも個人差による身体的な原因もあげられます。ここでは、バストの発育を妨げる原因として考えられるものをいくつかご紹介します。

 

 

女性ホルモンの働きが悪い

 

関連記事①:女性ホルモンって実際のところ何なの?

 

女性は思春期になると、脳下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌され、卵巣から卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン) の2つの女性ホルモンを分泌されます。それにより少しずつ丸みを増していき、女性らしい身体つきになっていきます。

 

同時にバストもふくらみ始め、思春期が終わるころには黄体ホルモン(プロゲステロン)の活動が活発になります。そして、さらに大きく発育していくのです。

 

このように女性ホルモンが正常に分泌されることでバストは発育するのですが、女性ホルモンの分泌に問題がある場合、これら本来のメカニズムが十分機能されず、結果として発育の妨げになるのです。

 

 

バスト 自体の脂肪が少ない

 

バスト を構成する成分の90%は乳腺脂肪体という脂肪の集まりです。普通は年齢を重ねるごとに体脂肪の比重は徐々に増していき、それに比例して胸も大きくなっていきます。

 

ですが、先天的な原因などから乳腺脂肪が少ない場合、その発育もしにくくなってしまうのです。

 

スリムで乳腺脂肪が少ない方も、豊かな胸は乳腺脂肪体によって作られるので、まずは脂肪を効果的にたくわえ、乳腺脂肪を増やす方法を考えなくてはなりません。

 

 

乳腺の未発達による要因

 

バストは、乳腺組織と乳腺脂肪体から作られており、年齢によってこの構成の割合は次第に変わってきます。

 

20代では乳腺組織が多く、30代?40代では乳腺組織と乳腺脂肪体がほぼ同率で、排卵や女性ホルモンの分泌がなくなる閉経後は乳腺脂肪体が多くなります。

 

また、遺伝などにより乳腺組織が十分発達しないことも、 バストの発育を妨げる原因の一つです。

 

 

その他の要因

 

その他の要因として女性の成長期でのストレスや不摂生、栄養のアンバランス、過度のダイエットや激しいスポーツなども大きな要因といえます。

 

このような状況では女性ホルモンが充分に分泌されず、 バスト の発育に影響する原因の一つになるのです。