豊胸手術なしで、より自然な方法でバストアップができたらどんなに素敵でしょう。それには、サイズアップに有効な栄養の摂取方法も大きく関係してきます。

 

当然ながらバストも身体の一部であり、発育に必要な栄養素も存在します。それらの栄養素を効果的に摂取することで、理想の体を得る近道になるのです。

 

 

バストアップに効果的な食事

 

大豆イソフラボン

大豆に含まれるイソフラボンとたんぱく質は、女性ホルモンと似たはたらきで乳腺組織を刺激し、良い影響を与えるため、大豆食品を多く食べるようにすると良いでしょう。大豆の加工食品(豆腐・納豆・おから等)にも同じ成分が多く含まれ、他の豆製品(枝豆・黒豆等)でも似た効果を得られます。積極的にメニューに取り入れていきましょう。

また、米・小麦などの穀類やジャガイモ・ニンジンなどの根菜、パセリ・ほうれん草などの緑黄色野菜にもイソフラボンが含まれます。ですが、さまざまな食品があるとはいえ、大豆などの豆類がイソフラボンを一番効果的に摂取できる食品です。

 

プエラリア

プエラリアは女性ホルモンに似た作用を持つ成分が含まれていて、豊胸 バストアップ ・美肌効果が期待されているため、タイでは昔から「 若返りの薬 」として重宝されてきたといわれます。プエラリアには女性ホルモンの分泌を活発にする働きがあり、女性ホルモンの活性化と共にバストアップの効果が得られるのです。

大豆イソフラボンもバストアップに有効な成分ですが、プエラリアにもイソフラボン誘導体が含まれています。ですが、その含まれる量には大きな差があり、大豆の約40倍のイソフラボンが含まれています。

※プエラリアの副作用について

マメ科の植物であるプエラリアの成分の一つで、強力な卵胞ホルモン(エストロゲン)の活性力をもつミロエステロールなどは、その効果の強さから副作用の心配も指摘されています。

サプリメントとして、成分を濃縮したものについては、過剰に服用しすぎないよう注意が必要といわれています。しかし、濃縮されていないプエラリアの場合は、現地でも古くから食べられている食品なので問題はないとされます。

 

ワイルドヤム

大豆イソフラボンよりもバストアップ効果があるとされるプエラリアですが、プエラリアよりさらに数十倍の効果があるといわれている食品が、野生のヤマイモの一種ワイルドヤムです。日本では野生ヤマノイモと呼ばれ、原産地はメキシコになります。

女性ホルモンを活性化させる作用があるため、ホルモンバランスを整えてバストの発育を活発にさせる効果があります。そのため、薬・サプリメント・ハーブとしても活用されています。女性ホルモンの活性化で改善される、卵巣・子宮の痛み、月経に関連する障害にも効果があります。そのバストアップ効果が急速に注目されており、現在ではさまざまなサプリメント・クリームとして販売されています。

 

たんぱく質

たんぱく質は血液や身体の形成に重要な成分であり、女性ホルモンの分泌を活発にする栄養素です。脂肪分が少なく、たんぱく質が多い肉類として、ダイエット食としてもよく利用される鳥のささ身は特におすすめです。また、チーズ・卵などの肉類以外のたんぱく質もバランス良く食べると良いでしょう。

ですが、やせ型の方はある程度の脂肪分も必要です。バストは90%ほどが皮下脂肪(乳腺脂肪体)で作られているので、脂肪分も必要なのです。バスト以外の余計な部分には脂肪をつけたくはないので、適度な運動をする必要もあります。

 

たんぱく質・ビタミン類

豊胸 バストアップ に有効な栄養素は他にもたくさんの種類がありますが、中でもバストアップに有効な成分の代表といわれるワイルドヤム・プエラリア・大豆イソフラボンがより効果的である事が分かります。それぞれの成分を含むサプリメント・食品はさまざまなメーカーから販売されているので、信頼できるお店から購入しましょう。

各有効成分から得られる効果は、毎日の規則正しい生活・体調管理によって得られます。バストは約9割が脂肪でできていますが、お腹などの脂肪とは違い、乳腺の発達によって増えます。栄養不足で女性ホルモンの分泌が不十分だと、乳腺が発達できません。乳腺の発達のためには、良質のたんぱく質・ビタミン・酵素などバランスの良い食事をとる必要があります。

 

また、以下に日常において簡単に得られる栄養素を分かりやすく解説します。

 

 

簡単に得られる栄養素

 

バストアップ、胸を大きくするための栄養素

 

たんぱく質

(女性ホルモンの分泌を活性化)

 

●植物性たんぱく質

大豆・豆製品(納豆・豆腐・あげ・味噌)・枝豆・ゴマ・玄米

●動物性たんぱく質

肉・魚・牛乳・チーズ・ヨーグルト・卵

 

やせ型の方は、植物性たんぱく質・動物性たんぱく質の両方をバランス良くとる。ふくよかな方は、植物性たんぱく質を多く、動物性たんぱく質を少なめにとる。

 

ビタミンE

(女性ホルモンのバランスを整る)

 

●食物性ビタミンE

大豆・ほうれん草・かぼちゃ・にんにく・ニラ・緑茶・発芽米・ナッツ類

●動物性ビタミンE

たらこ・すじこ

 

ビタミンA

(バストにハリとツヤを与える)

 

●食物性ビタミンA

大豆製品・緑黄色野菜全般(ニンジン・トマト・かぼちゃ・ほうれん草)・トウモロコシ

●動物性ビタミンA

レバー・卵黄・うなぎ・バター

 

ビタミンB1

(血行が良くなりバストの発育を促進)

 

●食物性ビタミンB1

大豆製品・ごはん・ゴマ・まいたけ・玄米・麦

●動物性ビタミンB1

豚肉・うなぎ・レバー

 

ビタミンB2

(細胞の再生を促しバストの発育を促進)

 

●食物性ビタミンB2

にんじん・ほうれん草・枝豆・ナッツ類・ひじき・わかめ

●動物性ビタミンB2

レバー・たまご・牛乳・すじこ・うなぎ・サバ・いわし

 

 

バストアップのためのマッサージとエクササイズ

 

大きな胸を手に入れたい。多くの女性が憧れる豊満な胸はマッサージやエクササイズで手に入れることも可能です。特に成長期であればより効果が高く、20代でも積極的に行うことで1カップ~2カップ程度なら大きくすることができます。

ただし、毎日行わなければ意味はありませんので、以下に解説するマッサージ&エクササイズの方法は、効果が現れるまで毎日行うようにしてください。

 

効果的なバストマッサージ

■バストアップ持ち上げマッサージ

バストの血行が良くなり、乳腺を刺激し発育をたすけます。左手は左側バストの下、右手は左側バストの上から内側に手を当て、バストを優しく持ち上げるようにゆっくりと円を描くようにします。

右手はバストトップよりやや上から鎖骨の下辺りまで動かし、左手はバストの下で少し力を入れます。反対のバストも同じようにおこないます。左右の手を交互に使い、左胸を胃のあたりの下から上へとバストを持ち上げます。反対のバストも同じようにおこないます。

 

■大胸筋マッサージ

バストの血行を良くして垂れ下りを予防します。左手の指をそろえ、親指は直角に開きます。そのまま左手を右脇にはさみ、親指の位置は肩の付け根になります。

親指に力を入れ、脇や肩の付け根からバストにかけて圧迫するようにマッサージします。反対のバストも同じようにおこないます。左手を左鎖骨の下に当て、右胸上部をゆっくりと小さく円を描くようにマッサージします。反対のバストも同じようにおこないます。

 

■リンパマッサージ

血行を良くして新陳代謝を活発にし、バストのハリを出します。リンパの流れが悪くなりやすい脇の下リンパ節を刺激し、リンパの流れを良くします。左手で左のバスト全体を持ち上げ、右手の人差し指・中指・薬指で外側から内側にゆっくりと円を描きます。反対のバストも同じようにおこないます。

左手で左胸下の外側から内側に、右手で左胸上から外側にそれぞれ親指以外の4本の指を使ってゆっくりと円を描きます。反対のバストも同じようにおこないます。

 

バストアップエクササイズ

大胸筋はバストを支えている土台の役割をしています。バストアップエクササイズ で大胸筋をきたえて、垂れ下がりを防ぎましょう。筋肉はさまざまな部位の伸縮によって動きます。

筋力トレーニングとは、筋肉に対して強制的に負荷をかけ、伸縮させることできたえられます。筋力トレーニングすべてにいえることですが、トレーニング中は使っている(きたえている)筋肉を意識しながらおこなうと効果的です。

バストアップエクササイズ によって、大胸筋が強化されていくのを頭の中で自由に想像すると良いでしょう。多くのボディービルダーは意識しやすいようにするため、自分の筋肉に語りかけながらトレーニングをおこないます。少々キツくても息を止めてはいけません。筋肉にも酸素が必要だからです。

 

■腕立て伏せ

うつぶせになり、肩幅の位置で床に手をつきます。脚から頭までをまっすぐにして、腕の力だけで屈伸運動をします。開いた両腕の位置をせまくすると大胸筋の中央部に、ひろくすると大胸筋の外側をきたえることができます。

ゆっくり続けながら、両腕を曲げて伏せる時には息を吸い、両腕を伸ばして立てる時には息を吐きます。回数は自分に合った数にしましょう。休憩を入れて3セット続けます。

 

■ダンベル

あおむけになって膝を立てます。(背中の下にクッションを入れると、胸の部分が開かれ効果的です)手のひらを内側に向けるように、胸の上で ダンベル をにぎります。両腕を伸ばして、肘はらくに曲げます。

息を吸いながら両腕を外側にひろげ、 ダンベル を両肩の高さまで下げます。息を吐きながら、 ダンベル の位置をもとに戻します。胸の上で、伸ばした両腕を左右に腕をねじり、大胸筋の引き締めを意識します。(10回ほどくり返します)回数は自分に合った数にしましょう。休憩を入れて3セット続けます。

 

このように、食事やエクササイズによって胸を大きくすることができ、年齢を問わず効果が期待できますので、必要な栄養素は積極的に摂取していき、また5分程度でも構いませんので、毎日ゆっくりマッサージ&エクササイズを行っていきましょう。