子供を産むために避けては通れない「お産」。その種類は主に3つあり、ママさんの希望、その時の状況によって使い分けられます。それでは、どのような出産(分娩)方法があるのか見ていきましょう。

 

 

自然分娩

 

自然分娩とは、分娩を出来る限り自然にまかせ、自然の陣痛が始まるのを待ち、不要な手を加えないで、その後も自然の流れに任せて経膣分娩することをいいます。

 

基本的には自然な経過を大事にしますが、分娩監視装置をつけたり、血管確保のために点滴をしたり、ママと赤ちゃんの安全確保のための医療はおこないます。

 

自然分娩で進めていても、陣痛が弱すぎたり強すぎたりすれば、陣痛促進剤や子宮収縮抑制剤を使うこともありますし、分娩が長引いた場合には、吸引分娩や鉗子分娩、帝王切開になることもあります。

 

途中で自然分娩ではお産できなくなったとしても、あまり自然分娩にこだわらず、
ママと赤ちゃんの安全を第一に考えてくださいね。

 

 

計画分娩

 

自然分娩とは逆に、前もって出産予定日を決めて、自然の陣痛を待たずに、人工的に陣痛誘発剤や帝王切開などの手段を使って、計画的にお産をすることです。

 

ママや赤ちゃんに何らかのトラブルがあったり、ハイリスク出産のときなどに医療処置としておこなったり、患者の都合を考慮しておこなわれる場合もあります。分娩監視装置で赤ちゃんの心拍と子宮収縮の状態をチェックしながらおこないます。

 

 

帝王切開

 

帝王切開とは、ママのお腹を切開して、赤ちゃんを出産させる方法です。様々な理由から、事前に日にちを予定することが多いのですが、経膣分娩でのお産の進行中に、なんらかのトラブルが起こり、緊急に帝王切開に切り替えることもあります。

 

硬膜外麻酔や腰椎麻酔による帝王切開は、下半身に限る局所麻酔なので、手術の最中も、ママの意識がはっきりしています。赤ちゃんのうぶ声を聞いたり対面することも可能です。帝王切開は、異常分娩となるので、保険が適応されます。

 

 

補足:ラマーズ法

 

マーズ法とは、出産に備えて、妊娠中から呼吸法や弛緩法を練習しておき、出産に対する過度の緊張や恐怖心をなくし、出来るだけ自然な形で出産する方法です。

 

呼吸法は出産の経過によって使い分けます。基礎になる呼吸は、ゆっくりと吐く呼吸法です。胸式で3?4秒かけて息を吐くことに集中します。息を吸うことを意識すると過呼吸になることがありますので、注意してください。

 

陣痛の痛みが少し強くなり、子宮口が3?5センチほど開いたら、ヒー、フー式呼吸を使います。基礎になる呼吸で陣痛を乗り切れなくなったときの呼吸法で、「ヒー」は短め、「フー」を長めに伸ばし深く息を吐ききるようにします。

 

次はヒッ、ヒッ、フー式呼吸です。2回の短い「ヒッ、ヒッ」の後に、「フー」と長めに息を吐きます。陣痛が来たらその波に乗ってリズミカルに呼吸法を行います。また弛緩法を取り入れ全身をリラックスさせるようにします。

 

いきみたくなってきたら、フー、ウン式呼吸をします。口を少し開け「フー」と大きく息を吐き、「ウン」と短く鼻から息を抜いていきみを逃します。子宮口が全開大となって、排臨近くになるまで行う呼吸法です。

 

発露してからは、フー、フー式呼吸に切り替えます。呼吸法で、深くゆっくり全身の筋肉のちからを抜ききるように息を吐きます深くゆっくりと力を抜きながら息を吐くことがコツです。

 

弛緩法とは、知らず知らずのうちに緊張してしまう部分から、意識的に力を抜き、身体をリラックスさせる方法です。陣痛が来たときに、リラックスしている状態に、自分の身体を導けるようになるのです。

 

弛緩法を習得するポイントは、緊張と弛緩の違いを感じ取り、ゆったりとした呼吸を身につけることです。ラマーズ法の練習は、母親学級などで教えてくれる産院もあります。通院している産院、または出産予定の産院に、確認してみるといいですね。