赤ちゃんの肌は敏感なので、ちょっとした刺激でも発疹(ブツブツ)が現れます。ブツブツを発見したら、その範囲と熱の有無をチェックしましょう。

 

基本的には刺激による一時的な発疹であるため心配は要りませんが、中には長期的に起こるものもあります。

 

かゆみが強く、赤ちゃんに負担となることもありますので、親としては少しでも早く治してあげたいもの。

 

赤ちゃんの顔や手足、お尻など各部にブツブツがみられる病気の種類と対処法を当ページで紹介しますので、まずはしっかり学んでください。

 

 

こんな病気かも

 

乳児湿疹

≪症状≫

頭や顔に赤いブツブツが出ます

かかりやすい月齢:2、3週間ごろ~2カ月まで

 

≪原因≫

乳児期に見られる湿疹の総称で、原因ははっきりわかっていません。頭や顔を中心に赤くポツポツした湿疹が。ジュクジュク、カサカサになりかゆみをともなうことも。

 

≪予防・悪化させないためのケア≫

よだれや食べ物の汁などで悪化するので、ぬるま湯でぬらしたガーゼなどでふき清潔を保ちましょう。

 

脂漏性湿疹

≪症状≫

頭や額などにふけ状の固まりができる

かかりやすい月齢:1~6カ月

 

≪原因≫

新陳代謝が盛んな赤ちゃんの皮脂が固まって湿疹ができた状態で、頭や額など皮脂の分泌が多い部分にふけのような固まりができ、やがて黄色いかさぶた状になります。

 

≪予防・悪化させないためのケア≫

汚れが見られたら無理にはがさず、ベビーオイルなどでふやかしてとり、石けんでよく洗ってケアをします。

 

突発性発疹

≪症状≫

生後初めての発熱後、お腹を中心に発疹が

かかりやすい月齢:4カ月以降

 

≪原因≫

ウイルスが原因ですが、2回以上かかることも。38度以上の高熱が3~4日続いて、下がると同時に顔やお腹を中心に赤い小さな発疹が現れます。発疹は2~3日で自然に消えて跡は残りません。

 

≪予防・悪化させないためのケア≫

初めての発熱は、受診をしておくと安心です。熱性けいれんを起こすこともあるので、その場合は症状が治まったら病院へ。

 

おむつかぶれ

≪症状≫

おむつの当たる部分の肌が荒れる

かかりやすい月齢:生後すぐから

 

≪原因≫

おむつで蒸れた皮膚におしっこやうんちの刺激が加わり、赤くただれ、かゆみや痛みがあります。よく似た症状に皮膚カンジダ症があり、その場合は市販の軟膏で悪化させる場合もあるので、受診すると安心です。

 

≪予防・悪化させないためのケア≫

おむつで蒸れた皮膚におしっこやうんちの刺激が加わり、赤くただれ、かゆみや痛みがあります。よく似た症状に皮膚カンジダ症があり、その場合は市販の軟膏で悪化させる場合もあるので、受診すると安心です。

 

皮膚カンジダ症

≪症状≫

おしりが赤くなってただれる

かかりやすい月齢:生後すぐから

 

≪原因≫

カビの一種であるカンジダが原因でおしりに炎症を起こします。おむつかぶれと似た症状ですが、しわの奥までただれ、赤い発疹がうみを持ったり周りの皮がむけたりすることも。

 

≪予防・悪化させないためのケア≫

おしりの清潔と乾燥を心がけます。それでもよくならないときは、早めに受診を。

 

麻疹(はしか)

≪症状≫

せき、鼻水、高熱と口の中に白い斑点

かかりやすい月齢:6カ月以降

 

≪原因≫

はしかウイルスによって感染。感染力は強く、感染者に接触すると必ず発病します。せき、鼻水、高熱のほか、目やにや口の中に白い斑点が。合併症を起こすことも。

 

≪予防・悪化させないためのケア≫

1才から予防接種を受けられます。また、感染者と接触してから48時間以内にガンマグロブリンを注射すると、発病を予防したり軽くすませたりすることができます。

 

水痘(水ぼうそう)

≪症状≫

かゆみのある発疹が水疱になる

かかりやすい月齢:0カ月から

 

≪原因≫

水痘ウイルスの感染によって起こる、感染力の強い病気。かゆみのある発疹が水疱になり、2~3日でかさぶたになって1週間程度で消えますが、かきこわすと跡が残ります。熱が出ることも。

 

≪予防・悪化させないためのケア≫

自然感染すると症状が長く続き、まれに水痘脳炎などを起こすこともあるので、できれば予防接種を。1才以上で任意接種できます。

 

手足口病

≪症状≫

手のひらや足の裏、口の中に発疹が

かかりやすい月齢:6カ月以降

かかりやすい季節:夏

 

≪原因≫

夏に流行するウイルスが原因で何度もかかることが。高熱が出ることもあり、それと同時に手足に米粒大の発疹、口内に水疱ができます。まれに脳炎や髄膜炎を起こすことがあるので、けいれんや嘔吐が起きたら至急受診を。

 

≪予防・悪化させないためのケア≫

飛沫感染のほか便に含まれるウイルスから感染することも。おむつ替えのあとは手をよく洗って。

 

あせも

≪症状≫

汗をかきやすいところにかゆみのある発疹

かかりやすい月齢:0カ月から

かかりやすい季節:夏

 

≪原因≫

汗が出る腺(汗腺)が汚れやあかでふさがり、汗をかくと皮膚が赤く腫れます。かゆみがひどいので、かきむしって悪化させることも。

 

≪予防・悪化させないためのケア≫

エアコンなどで汗をかかない環境を作り、汗をかいたらこまめにふいたり着替えをさせましょう。シャワーで汗を流すのも効果的。

 

アトピー性皮膚炎

≪症状≫

赤く荒れてかゆみを伴う湿疹が顔から

かかりやすい月齢:3~4カ月以降

かかりやすい季節:夏

 

≪原因≫

「アトピー」とは、生まれつきアレルギー反応を起こしやすい体質のことで、皮膚のアレルギー疾患が現れるのが、アトピー性皮膚炎。体が刺激に過剰に反応する状態です。

 

≪予防・悪化させないためのケア≫

卵や牛乳、大豆、ダニなどがアレルゲン(反応を引き起こす物質)として知られています。心配なときはアレルギー専門医に相談を。

 

 

ホームケアで出来ること

 

【具合が悪いときの離乳食】

完了期・・・元気なときでも食べむらが目立つころなので、多少食べぶりが悪くても無理強いせずに赤ちゃんの食欲にまかせます。

 

【熱があるとき】

煮サラダ

 

【下痢のとき】

トーストのアップルソース

 

【口内炎のとき】

白身魚入りにゅうめん

口内炎のときは離乳食の内容に注意。また、湿疹はかきむしらないように工夫を。

 

●かゆくてかきむしるときは

赤ちゃんは、かゆみがあったり気になったりすると、湿疹をひっかいてしまいます。かきこわすと症状が悪化する原因になるので、つめは小まめに切りましょう。ふだんから、けがのもとになるので短く切っておくといいですね。

赤ちゃんの薄いつめにははさみ型のつめ切りが一般的。手や指を動かすと危険なので、しっかり押さえて切りましょう。つめを切るときは赤ちゃんの手をしっかり押さえて。赤ちゃんが寝ているときに切ってもいいでしょう。

 

●口内炎のときの離乳食は

口の中に湿疹ができていると、口を開くのがつらかったり、離乳食があたって痛がることもあります。そんなときにはふだんより柔らかめのものを食べさせましょう。なめらかで口あたりやのどごしがいいように調理法を工夫して。

また、かんきつ類やしょうゆなど、食材によってはしみることもあるので注意しましょう。口内炎のときはふだんより柔らかく煮たり、なめらかに調理してあげましょう。

 

●おしりがかぶれたときは

下痢の便は赤ちゃんの肌を刺激するので、おむつかぶれを起こしやすいもの。うんちに気づいたらすぐにおむつ替えを。しかし、ふき取るだけではなかなかきれいになりませんし、あまりこすりすぎると柔らかい赤ちゃんの肌が荒れてしまいます。発熱がなければ座浴やシャワーでおしりを洗い流すのがいちばんです。

洗った後はタオルで押さえるようにしてしっかり水分を取り、よく乾かしてから新しいおむつをつけましょう。うんちが出たとき、発熱がなければ、シャワーや座浴で汚れを流すと楽です。

 

●あせものときは

室温が高すぎると汗をかき、あせもの原因になります。また、湿疹のかゆみが増したり、汗で症状を悪化させることもあるので、冬でも室温を上げすぎないように調節しましょう。ときどき赤ちゃんの背中に手を入れて、汗をかいていないかチェックしてみて。

汗をかいていたら小まめにふいて着替えをさせます。夏ならシャワーで汗を流すのもいいでしょう。部屋を暖かくするのはいいことですが、冬でも室温が高すぎるとあせもの原因に。こまめに調整しましょう。

 

●脂漏性湿疹のときは

赤ちゃんは新陳代謝が活発です。分泌された皮脂がたまると湿疹の原因になるので、バスタイムには石けんで洗いましょう。体だけでなく頭も石けんを使って清潔に。洗い終わったら、石けん分が残らないようにきれいに流します。

また、脂漏性湿疹が進んで黄色いかさぶた状になったときは、無理にはがさず、ベビーオイルなどを塗ってふやかしてから石けんで洗い流します。

 

●ほっぺがカサカサのとき

乾燥した外気や冬の寒気は、赤ちゃんの敏感な肌を刺激します。肌荒れの原因にもなるので、お出かけ前にはほおや手足など、外気に触れるところに保湿クリームを塗って保護します。

帰宅したら汚れを洗い流して、再び乾燥防止に保湿クリームを塗りましょう。こすったりかきむしったりしないように注意を。

 

●はしか、水ぼうそうのときは

はしかや水ぼうそうなど、感染症にかかったときは、他の赤ちゃんと接しないこと。病気をうつしてしまいます。また、赤ちゃん自身の免疫力が落ちているので、外出先で他の病気に感染する可能性もあります。

外出は完全に治ってからにしましょう。健康なときでも、月齢が低いうちは、むやみに人混みに出かけるのを避けたほうがいいでしょう。とくに、かぜやインフルエンザなどの感染症がはやっているときは、外出を控えましょう。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんは肌が非常に敏感で、頭・顔・首・背中・お腹・手足・おしりなど、さまざまなところに発疹(ブツブツ)ができやすいものです。

 

多くは短期間で治しますが、肌が常に乾燥している状態であったり、不潔だったりすると完治までに時間がかかってしまいます。

 

また、中には病気そのものが完治しにくく、赤ちゃんにとって負担となるものがあります。それゆえ、長く続くようなら迷わず病院へ受診してください。

 

そうすることで、赤ちゃんの負担が減るだけでなく、親であるアナタ自身も気が少しは楽になるのではないでしょうか。