赤ちゃんの肌が乾燥してカサカサ状態で、かゆみのある湿疹が顔や首、背中、お腹、手足など各部位にみられる場合には「アトピー」の可能性が濃厚です。

 

赤ちゃんの肌は敏感であるため、アトピーになる子が多く、場合によっては長期的に悩まされることもあります。それゆえ、親としては我子の負担を少なくできるよう、アトピー対策としてスキンケアを行っていく必要があります。

 

なお、アトピー以外にも湿疹(ブツブツ)がみられる肌の病気はさまざまありますので、「赤ちゃんの顔・首・手足などにブツブツ!病気の種類と対処法」も次いでに読んでおきましょう。

 

 

かゆみのある湿疹が慢性的に続く

 

症状 : 湿疹 かゆみ 乾燥肌

 

アトピー性皮膚炎はアレルギー性の皮膚炎で、皮膚の乾燥とかゆみのある湿疹が慢性的に続くのが特徴です。発症する時期は早い場合で生後2~3カ月ごろ。

 

症状の現れ方や経過はさまざまですが、まず顔や頭に湿疹ができ、しだいにおなかや背中などへ広がっていくパターンが多く見られます。

 

経過を見ないと正確な診断が難しいため、月齢が低い赤ちゃんではいったん乳児湿疹と診断され、その後の経過によってアトピー性皮膚炎と診断名が変わることもあります。

 

アトピー性皮膚炎の発症には、アレルギー体質がかかわっている場合が少なくありません。しかし、アレルギー体質を持っていても、すべての赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になるわけではありません。

 

アトピー性皮膚炎を発症する赤ちゃんの肌は乾燥しやすく、バリア機能が弱くなっている状態です。

 

そのため、健康な肌にはなんでもない刺激にも反応し、炎症やかゆみが起きてしまいます。体質に加え、肌の乾燥、汗や汚れによる刺激などさまざまな要素が加わり、アトピー性皮膚炎が発症すると考えられています。

 

 

肌がかさつき、強いかゆみのある湿疹ができる

 

強いかゆみを伴う湿疹や肌の乾燥が慢性的に続きます。

 

皮膚が乾燥し白っぽく粉を吹いたように見える、赤く小さな湿疹ができる、肌がただれてジクジクする、皮膚がかたくゴワゴワしてくるなど、

 

症状はさまざまですが、いずれの場合もかゆみを伴い、がまんできずにかきむしってしまい、さらに症状が悪化。よくなったり悪くなったりを繰り返すのが特徴です。

 

①顔全体が乾燥し、粉を吹いたような状態。ほおには赤くただれた部分もあります。

 

②体に赤い湿疹ができています。強いかゆみがありますが、かくとさらにかゆみが強まり、症状の悪化につながります。

 

③湿疹ができた部分がただれてジクジクしています。顔や頭のジクジクした湿疹は、赤ちゃんに多く見られる症状のひとつです。

 

④関節の内側など皮膚のやわらかいところは、症状が悪化しやすい部分です。赤ちゃんの場合は、くびれている部分にも注意を。

 

 

症状を抑えるぬり薬を指示どおりに使う

 

かゆみのある湿疹がなかなか治らないなど、アトピー性皮膚炎が疑われる場合は、小児科か皮膚科を受診します。治療は主にぬり薬を中心に行います。

 

よく使われるのはステロイド外用薬と非ステロイド外用薬、保湿薬の3種類。かゆみが強いときは、かゆみ止めの飲み薬が処方されることもあります。

 

医師の説明をよく聞き、指示どおりに使いましょう。ただし、ステロイドは副作用もあるため、注意しておかなければいけません。

 

関連記事:アトピー再発(リバウンド)の現状。ステロイドの恐怖!

 

 

スキンケアや環境整備も並行し、気長に治療を

 

日常生活でのホームケアも大切です。ダニやハウスダストなども肌を刺激する要因になるため、部屋のそうじをこまめに。

 

天気のいい日は寝具を日光に当て、取り込んだら掃除機をかけてダニの死骸やほこりを吸い取ります。また、おふろ上がりにはローションやクリームをぬるなど、こまめなスキンケアで肌の乾燥を防いでください。

 

アトピー性皮膚炎は、よくなったり悪くなったりを繰り返すので、完治するまでにある程度の時間がかかります。赤ちゃんのようすをよく観察し、症状に合わせてきめ細かくケアすることが必要です。根気強く治していきましょう。