赤ちゃん・子供のほっぺたが赤い病気

 

赤ちゃんや子供のほっぺたが急に赤く腫れ、その状態が長く続く場合には感染症の疑いがあります。

 

基本的には何もしなくても次第に落ち着きますが、場合によっては合併症として脳炎や溶血性貧血などの病気を発症することもあるため軽視はできません。

 

ほっぺたが赤く腫れる病気がどのようなものなのか、以下にてご説明しますので、お子さんに同症状がみられ心配な親御さんはぜひ最後までしっかりお読みいただき、該当病気についての知識を深めてください。

 

 

両側のほおに発疹が出て、りんごのように真っ赤に

 

発病するとほっぺがりんごのように赤くなるので「りんご病」と呼ばれていますが、「伝染性紅斑」というのが正しい病名です。

 

ヒトパルボウイルスB19というウイルスに飛沫感染(ひまつかんせん)することでうつります。主に幼児期から小学校ごろの子どもの間で春から初夏にかけて流行し、2才以下の赤ちゃんがかかることはあまりありません。

 

発症すると両方のほおが赤くなり、少し盛り上がります。その後1~2日すると、腕や足に、真ん中が薄く、まわりが赤いレース模様のような発疹(ほっしん)が現れます。

 

感染力があるのは発疹が出る前1週間ぐらい。ほおが赤くなった時点ではすでに人にはうつらないので、症状があっても幼稚園や保育園を休む必要はありません。

 

一般的には軽い病気ですが、ごくまれに意識障害を伴う脳炎や、赤血球がこわれる溶血性貧血(ようけっせいひんけつ)などの合併症を発症することもあるため、軽視すべきではありません。

 

 

ほおが真っ赤に、手足にまだらなレース模様の発疹が

 

発疹(ほっしん)が出る1週間~10日ぐらい前に、熱が出たり、筋肉痛や体のだるさを感じることがあります。その後、両側のほおに赤い発疹が出てきます。

 

発疹は最初は斑点状ですが、その後、りんごのように、少し盛り上がった鮮やかな赤い色になります。

 

1~2日たつと腕や足の外側にも発疹が現れ、数日後にはまだらなレース模様のように広がります。

 

発疹の部分が多少むずがゆかったり、ほてった感じがすることもあります。熱は出ないか、出ても微熱程度。顔の発疹は2日ほどで消え、腕や足の発疹も1~2週間で自然に薄くなります。

 

りんご病という病名のとおり、両側のほおに赤い発疹ができ、りんごのような顔になります。二の腕や太ももにも発疹が現れます。

 

 

体が温まるとぶり返すことも

 

治りかけに直射日光に当たったり、激しく体を動かしたり、ほふろで体が温まると再び発疹がでたり、かゆみが強くなることがあります。

 

大人がかかると発熱や関節痛などの症状が強く出ます。

 

また、赤ちゃんや子供だけでなく、大人も発症することがあり、特に妊娠12~20週までの妊婦が感染すると、胎児が胎児水腫という重い貧血になる心配があります。

 

妊娠中にりんご病が流行しているときは、人ごみを避けるなどしてできるだけうつらないように気をつけてください。

 

 

かゆみが強くなるので、体を温めない工夫を

 

ほとんどの場合、特別に治療しなくても自然に治ります。かかってもふだんどおりに生活していて大丈夫です。

 

ただし、熱いおふろに長く入ると赤みが強くなって長引くことがあるので、入浴はシャワーだけにして、短時間で切り上げましょう。

 

また、運動で体が熱くなったり日光に長く当たると赤みがぶり返すので、発疹のあるうちは日光を避け、家で安静に過ごすようにしてください。

 

かゆみが強い場合は極力かかないように言い、それが難しい場合には冷却するなどしてかゆみを抑えるといいでしょう。

 

 

かゆみが強ければ薬が処方されることも

 

まれに合併症を起こすこともあるので、一度は受診して医師の指示を仰ぎましょう。かゆみが強く、冷却してもおさまらないときは抗ヒスタミン薬が処方されます。

 

抗ヒスタミン薬は病気を治すものではなく、かゆみを抑えるためだけの薬で副作用はほとんどありませんので、かゆみが強い場合はお子さんのためにも病院へ受診しましょう。

 

なお、赤ちゃんや子供は自制することが難しく、かゆみが強い時には強くかきむしってしまうことがあるでしょう。それゆえ、爪は短く切っておきましょう。

 

 

まとめ

 

基本的に軽い病気ですが、かきむしることにより、患部にキズがつき、そこから新たな感染症を引き起こす可能性もあります。

 

何もしなくても自然に治るものの、かゆみが強い子供は辛く、親としても見ていて辛いはずです。

 

お子さんのためにも自分のためにも、かゆみが強くなれば一度病院へ受診し、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬を処方してもらってください。

 

画像出典:国立感染症研究所 感染症情報センター