赤ちゃんや乳幼児のお尻に多くみられる青いあざ・蒙古斑。しかし、青色だけでなく赤色、茶色、黒色などさまざまな種類があり、またお尻だけでなく顔や手足、背中、肩、時には全身にみられる場合もあります。

 

これらあざや蒙古斑はどのようなものなのか、危険性はないのかなど、わが子を守る親として、しっかりと知識を深めておかなければいけません。以下に、色別のあざ・蒙古斑の概要を詳しくご紹介しますので、最後までしっかりとお読みください。

 

 

あざの概要:皮膚の一部に色がついたように見える

 

症状 : 皮膚の色の異常 皮膚の盛り上がり

 

あざ(母斑(ぼはん))とは、皮膚の色素細胞や血管の先天的な異常によって、生まれつきもしくは生後まもなく、皮膚の一部に色がついたように見えるものです。

 

痛みやかゆみなどはなく、ほとんどが健康への影響はありません。ただし、あざの種類によっては、悪性化する可能性があるものもあります。大きくなるなど急激な変化がないかどうか、つねに観察することが必要です。

 

レーザー治療などが有効なあざもあるので、治療をする場合の方法や時期については、医師と十分に話し合いましょう。

 

 

青いあざ

 

蒙古斑

日本人のほとんどの赤ちゃんに見られるあざ

生まれたときから赤ちゃんの腰やおしりに見られる平らな青灰色(せいかいしょく)のあざで、形、大きさ、数、色の濃さなどは赤ちゃんによってさまざまです。できていないところとの境界もはっきりしていません。

日本人の赤ちゃんではほぼ100%に見られますが、年齢とともに色が薄くなり、ほとんどの場合、5~6才ごろまでには自然に消えていきます。特に治療しないで経過を見るのがふつうです。

 

異所性蒙古斑

腰やおしり以外に、蒙古斑ができることが

手足や肩、胸、顔など、腰やおしり以外にできる蒙古斑を異所性蒙古斑と呼んでいます。ほとんどの異所性蒙古斑は自然に消えていきますが、中には色が濃く、成長しても消えにくいものがあります。あざのある部位によっては早い時期にレーザー治療を行うことがあるので、気になるときは医師に相談してください。

 

太田母斑

女の子に多く見られる目の周辺にできる青いあざ

青色と褐色が入りまじったあざで、生後数カ月ころから、額やこめかみ、目のまわり、白目などに現れます。男児より女児に多く見られ、多くは顔の片側のみに現れますが、まれに両側にできることもあります。悪性化することはありませんが、自然に消えることもありません。思春期になると色が濃くなることもあるので、気になる場合は早めにレーザー治療を行います。

 

 

赤いあざ

 

サーモンパッチ

顔の中心線に沿ってできる薄い赤あざ

境目のはっきりしない、平らでピンク色のあざです。紅鮭(サーモン)のような色をしているのでこのように呼ばれています。額の中央、上まぶた、鼻の下、上唇など、顔の中心近くに出るのが特徴です。顔にできているため目だちますが、特に治療をしなくても1才~1才6カ月ごろまでに自然に消えるものがほとんどなので、心配はありません。だんだんと色が薄くなり、1才6カ月ごろまでには自然に消えていくことがほとんどです。

 

海綿状血管腫

スポンジのようにやわらかい青紫のあざ

生まれたときから見られる盛り上がったあざで、色はふつうの皮膚と同じか、青紫がかっています。表面にイチゴ状血管腫(じょうけっかんしゅ)を合併していることもあります。血管の奇形による血管腫のひとつで、中に血液を含んでいます。そのため、押すとスポンジのようにやわらかく、プクプクとした感触があります。自然に小さくなることはないので、早めに皮膚科の診察を受けてください。

 

イチゴ状血管腫

イチゴのように赤くブツブツしているあざ

生まれたときにははっきりわかりませんが、生後数日?1カ月ぐらいたったころに体に赤い斑点(はんてん)が現れ、急速に大きく盛り上がります。イチゴのように赤く、表面がブツブツしているため、このように呼ばれています。6カ月を過ぎるころから赤みが少しずつ消え、6~7才ごろまでには自然になくなります。

ただ、治った後の皮膚にしわが残ったり、大きなものだと完全に消えなかったりすることもあるので、気になるときは医師に相談してください。目の周りや口のまわり、陰部などにできたときは治療が必要です。早い段階で皮膚科を受診しましょう。目の近くにあると視力の発達を妨げる心配も。口の近くにあると飲んだり食べたりするときに差し障りが。早めに医師に相談しましょう。

 

単純性血管腫(ポートワインステイン)

赤ワインのような色をしている平らな赤あざ

境目のはっきりした平らな赤いあざです。大きさはさまざまで、顔を中心に体中どこにでも見られます。あざが大きくなったり、悪性化したりすることはありませんが、自然に消えることもありません。気になる場合は早めのレーザー治療で色を薄くすることができます。額から目のまわりにかけて顔の片側半分に大きく広がっている場合は、緑内障など目の症状やてんかんを引き起こす病気の可能性もあるので、早めに専門医を受診しましょう。

 

ウンナ母斑

うなじや後頭部にできる赤いあざ

うなじから後頭部に生じる赤いあざです。消えにくく、約半数が大人になっても残りますが、後頭部の髪で隠れる場所で美容的にもあまり問題にならないため、ほとんどの場合、特に治療することはありません。

 

 

茶色いあざ

 

扁平母斑

茶色で盛り上がりのない扁平なあざ

平らで盛り上がりのない褐色のあざです。形、大きさ、色の濃さはさまざまで、体中どこにでも見られます。生まれたときからある場合と、後からできてくる場合があります。いずれの場合も悪性化することはありませんが、自然に消えることもありません。気になるときはレーザー治療を行うこともありますが、治療しても再発するケースもあります。

 

カフェオレ斑

楕円形の茶色いあざ。

6つ以上できているときは注意が必要です。境界がはっきりした楕円形で平らな褐色のあざで、ミルクを入れたコーヒー(カフェオレ)の色に似ていることからこの名前がついています。ほとんどの場合生まれたときからできていますが、生後まもなくできるケースもあります。大きさは直径0.2~20cmとさまざまです。このあざが体に6個以上あると、レックリングハウゼン病(神経線維腫)という遺伝疾患の可能性があります。

 

脂腺母斑

思春期以降、盛り上がって褐色になるあざ

表面が平らかまたは軽く盛り上がった黄色っぽいあざです。ほとんどが頭部に発生し、あざのある部分には髪の毛が生えません。脂腺が発達する思春期以降、しだいに盛り上がり、髪の毛を洗ったときなどに出血することも。将来がん化する可能性があるとも考えられており、早めに手術で切除する場合もあります。

 

 

黒いあざ

 

色素性母斑

メラニン色素を作る細胞が増えてできた黒いあざ

一般に黒あざと呼ばれ、もっとも良く見られるあざ。ほくろもこの一種です。多くは生まれつきあるもので、母斑細胞というメラニン色素を作る細胞が増加して生じるために黒褐色や黒色をしています。扁平のもの、平らに盛り上がった形をしているもの、半球状に盛り上がっているもの、毛の生えているものなど表面の状態や形、大きさはさまざま。体の半分を占めるほど大きなものもあり、こうした巨大な色素性母斑は悪性化することが。

直径5~6mm以内のほくろ程度のものなら心配のないことがほとんどですが、急に大きくなったり、色や形が変わったり、傷つけていないのに炎症を起こして赤くなったり、出血やかゆみ、痛みなどの症状が見られたら、皮膚がんや悪性黒色腫に変化する前ぶれの場合も。すぐに皮膚科を受診してください。

 

 

白いあざ

 

白斑(白斑性母斑)

色素細胞の異常でできる白いあざ

生まれつき、ある限られた部位の皮膚の色が体のほかの部分よりも白くなったもので、脱色素性母斑とも呼ばれます。何らかの原因で色素細胞が破壊されたり、減少したり、メラニン色素が作られなかったためにその部分の皮膚が白くなったものと考えられています。多くは体や手足に見られ、顔に見られるケースは比較的少なめです。白い部分が広がらなければ心配はありませんが、広がってくるようならほかの病気のことも考えられます。よく経過を観察し、症状に変化があるようなら病院へ行ってください。

 

 

最後に・・・

 

あざの多くは体に異常がなく放置しても問題はありませんが、中には悪性や何かしらの病気の症状として表れていることがあります。それゆえ、心配であれば一度、小児科に受診することをお勧めします。

 

異常がなく、あざを消したい場合にはレーザー治療を行います。レーザー治療の費用は、こども医療の適応となるため無料で行ってくれます。ただし、2歳以上になると赤ちゃんの力が強くなり(あばれる)、治療が困難となる場合があり、さらに恐怖からトラウマになることもしばしばあるため、レーザー治療を行う場合は小さいうちに済ませておきましょう。