アトピーが悪化する原因の1つに免疫力の低下が挙げられます。体が外的な刺激に耐えることができず、さらなる悪化を招いてしまうのです。

 

しかしながら、免疫力を高めてあげることで、慢性的なアトピーも改善へ向かうため、いろいろ試すのではなく、まずは免疫力を抑え、維持または高めるよう生活習慣の改善に取り組んでいきましょう。

 

 

免疫力があるということはどういう事?

 

血液の中の白血球にリンパ球というのがありますがリンパ球は色々な病気や症状が治ることに関係しているんです。血液は液体部分の血しょうと細胞である赤血球や白血球、血小板でできています。このうち、免疫力に関係があるのは、白血球です。

 

白血球は体の中を異物から守るためにあちこちに出向いて全身の血液を回っています。リンパ球は白血球の代表的な血球でその他にも顆粒球とマクロファージがあります。

 

顆粒球は外から侵入してきた細菌や異物などをいきなりパクリと食べてしまい、リンパ球は顆粒球が食べそこなった異物体に侵入してきた異物を排出したり、流したりします。

 

 

マクロファージは顆粒球やリンパ球を誘導する役目

 

基本的には顆粒球が60%、リンパ球が35%マクロファージーが5%の割合で存在していますがこの割合は一定ではなく、無理をしたり、ストレスがかかるたびに変動します。また、一日の中でも変動しますし、天気や季節によっても変動します。一生の間に年齢によっても変動します。

 

一生の間の変動を見ると、子供の頃はリンパ球が多く15歳から20歳を境に顆粒球が多くなりその後、年を重ねるごとに顆粒球が増え続けます。大人になって顆粒球が増えるにつれてリンパ球が徐々に減るようになり、リンパ球がゼロに近くなったときに私たちは死を迎えるのです。

 

 

なぜリンパ球が増えると免疫力が高くなるのか。

 

リンパ球には、侵入してきたウイルスや色々な小さな異物を食い止めて、それに対して抵抗するための抵抗体を作る働きがあるんです。

 

風邪を引いた時にリンパ腺が腫れるのも、リンパ球により抵抗体が作られるからなのです。このリンパ球が作る抵抗体が抗体となり、風邪のウイルスなどの病原体が抗原となり、抗体を作って抗原をやっつけることを抗原抗体反応といいます。一般的に免疫や抵抗力と言われるものはこの抗原抗体反応を示します。

 

人間の体にはリンパ球を支配し活性化させる神経があり、それが休息すると活発になる副交感神経です。リンパ球はアセチルコリンという受容体を持っていてこれが副交感神経からの命令を受ける役目をします。アセチルコリンは、血管の拡張を行う神経組織に含まれる物質です。

 

無理をしたり、睡眠不足などの休息不足で副交感神経が働かなくなると副交感神経の血管を拡張させる働きも低下します。それによってアセチルコリンが発生しなくなり、リンパ球が減っていき、免疫力が低下していくのです。

 

健康の為に休養が必要なのは休養すると副交感神経が活発になり免疫力が上がり病気を防ぐことができるからなのです。