アトピーの悪化を、皆さんは自分でどう捉えているでしょうか?一般に現代の医学で言われているような悪化の状態を、そのまま悪化と捉えるでしょうか?

 

しかし実態は、そうではありません。もちろん、アトピーの症状は日常生活に支障をきたすことが多々あります。ただ、アトピーは重い病気から守ってくれるものであり、医学的に言えば決して悪者ではないのです。

 

 

皮膚に重点を置くアトピーの現状

 

現代の医学では、アトピーの症状が発症したた時点で「発症=皮膚の状態の悪化」と、捉えているようです。つまり、この見方でも分かる通り、あくまでも「皮膚」にしか重点をおいていないのです。

 

ですから、ここは皆さんもお分かりのように、現代の医療のアトピー治療はステロイド治療による対症療法が主流になっています。 アトピーが発症した根本的な原因よりも、基本的に皮膚の症状のみしか見ていないのです。

 

この現代医学の観点が原因で、重症のアトピーを増やしていると言っても過言ではありません。 ステロイド治療を長く続ける事で、ステロイド皮膚症と言われる新しい疾患を発症させます。 このステロイド皮膚症こそが、重症のアトピーであり、ステロイド治療の副作用でもある訳です。

 

しかし、この副作用によるステロイド皮膚症でさえも、現代医学ではアトピーの悪化と捉えているのです。 最近では、これを副作用と認めるような所も見えるようですが、それでも結局はステロイド治療を止める事はありません。

 

「顔にはミディアム、体の酷い所はストロング」など、体の箇所によってステロイド剤を分けて使うようです。 けれど、結局はステロイド治療を続けた所で、再び副作用として症状が現れる事が目に見えるようです。 病院で包帯をぐるぐる巻きにするような話も聞きますが、後々、別の形で体が更に悪くならなければいいのですが・・・。

 

 

アトピー発症の原因は他にあり!

 

そもそもアトピーの症状とは、何かしらの物質が原因となり、発症していると強く考えられます。 それは食べ物であったり、水であったり、住んでいる環境であったり、ストレスであったり・・・考えるときりがないくらい、 現代では汚染された物質に溢れています。

 

アトピーが発症した原因をよく思い出してみて下さい。何かしら思い当たる原因が、必ずあるのではないでしょうか。

 

けれど、実際はその原因を見つける前に、医者に通ったり市販のステロイド剤を頼るのがほとんどです。 本来の原因を見つけられないままステロイド治療に依存し、副作用が現れるまでそれを続ける事になってしまう訳です。

 

結局、副作用が現れた酷い状態になってからでは、何が原因でアトピーを発症したのかも分からなくなってしまいます。

 

 

ステロイドの副作用を理解するべし

 

ステロイド治療の副作用が現れたという事は、体がステロイド治療を拒絶している反応に近いものがありますから、 それ自体が「ステロイド剤のアレルギー」と考える事も出来ます。 始めは、体もステロイド剤を受け入れてはいたものの、次第に「これ以上入れたら危険!」と、副作用という形で体がサインを出しているのでしょう。

 

ステロイド剤の副作用=アトピーの悪化ではなく、体がこれ以上のステロイド剤を受け入れる事が出来ないといった、サインであると言えるようです。

 

そして、ステロイド治療を止める事で激しく現れるリバウンド(離脱症状)は、ステロイド剤で抑え込んでいた老廃物、 長期の使用で溜まったステロイド剤を排出していると言われているように、体の悪い物質を出し切っている症状と捉える事が出来ます。

 

長期のステロイド治療を経て、副作用、リバウンドと辛い症状を乗り越えてアトピーを完治させた人は、 きっとその後も自分でアトピーをコントロール出来ている事でしょう。

 

食べ物、ストレスが溜まった事でアトピーが再び現れても、それを上手に治す事が出来るのです。 食べ物なら悪かっただろうものを、ストレスが原因であると思ったら、上手くストレスを緩和させる事が出来ているのではないでしょうか。

 

ここまで出来る人ならば、アトピーを悪い病気と捉える事はまずありません。それよりも、何が原因でアトピーを発症してしまったのかを考え、それに気を付けて再び治していくのです。

 

なお、ストロイドの副作用や再発の危険性については、「アトピー再発(リバウンド)の現状、問題はステロイドと医師にある」をご覧ください。

 

 

アトピーは悪者から守るサインと捉えよ

 

アトピーを悪者と捉えた古い考えはいい加減に捨て、アトピーは重い病気から守ってくれるサインと捉える事が大切になってくるでしょう。 このサインは何が原因でよるのか知る力を付け、それを上手にコントロールしていく事がいつまでも健康を保つ秘訣になってくるのではないでしょうか。

 

アトピーはあくまでも体に悪影響を与えている“何か”から身を守ってくれているということをしっかりと理解し、皮膚の治療のみならず、その原因を追究し、それを改善していくことで根本的な解決となるのです。