アトピーと入浴には非常に大きな関係があり、入浴法を間違えるとアトピーを悪化させてしまいます。アトピーの治療薬としてステロイドがありますのが、ステロイドは副作用が強いため、最小限の負担で改善できればそれに越したことはありません。

 

その最小限の方法というのが入浴であり、正しい入浴法を継続的に実施するだけで、アトピーに悩まされない生活を送れるようになる人は多いのが実情。アトピーを改善するためにも正しい入浴法を実施していきましょう。

 

 

●アトピーの入浴法

 

アトピーの方の入浴法は、どのような入浴法を行なっているでしょうか。40度~42度の高温のお風呂に、1分~3分程度入って済ませたり、毎日シャワー浴で済ませてしまうだけでしょうか。 きっとこのように入浴を済ませてしまう人が、ほとんどでないかと思われます。

 

と言うのも、アトピーの方にとって入浴とは、あまり好まないものでしょう。 特に副作用・リバウンドの症状が強く現れている悪い時など、お湯を付けるだけで皮膚の傷口に激しい痛みも伴います。それが体中にあるものなら、その痛みを恐れてお風呂を拒否するのも無理はありません。

 

もともと日本人には昔からお風呂に入る習慣がありますが、今では若い方を中心に、シャワー浴で済ませる人も多い事でしょう。 中には仕事の都合で一人暮らしを余儀なくされ、簡単にシャワーで済ませたい人も多くなっているようです。

 

しかし、こういった事情であったとしても、お風呂に入って体を温める習慣を少しでも作ってもらいたいものです。

 

入浴について言うと、一般的に言われるのはまず体を洗い、40度~42度の高温のお風呂に3分~5分間入るといったパターンが、 広く定着されているようです。

 

これに対して、アトピーを改善させる自然療法の入浴とは、 人間の体温に近い37度~39度の温度(入っていて気持ちが良いと思える温度)で15分~30分と少し長めの時間でしっかり体を温める方法です。

 

多量の汗を掻き、常に体が温かい状態(36度5分以上)に変わるまで、毎日これを繰り返し続けます(症状が重い方は、一回15分~30分を二回、三回)。

 

一日に何回か長時間の入浴する場合は、脱水症状にならないよう水分の補給も大切になります。バランスの良い食生活や十分な睡眠を取り続け、体に良い条件を与え続けていくのです。

 

このように、一年~二年と経過した患者の体がどのように改善されるのかを、その効果を知られる事はあまりないのでしょう。病体を健康体に戻し、毎日ベストな状態を維持する為にも、毎日の入浴は必要だと言えると思います。

 

 

●継続が必要

 

毎日の生活の中で、15分~20分の入浴で体を温めて汗を掻くという事を、日課として取り入れる事が大切になります。

 

「毎日忙しいから、とてもそんな時間はない」と言われるようでは、本当の健康を得る事は難しいでしょうし、健康維持も難しいでしょう。

 

大人のアトピーの方は、交感神経の働きが優位になりすぎて、自律神経を乱しているとも考えられます。もともと交感神経の働きが高くなってると言うよりも、ストレス・偏食・睡眠不足などが原因により、副交感神経の働きが低下し、 結果的に交感神経の働きが優位になっていると思われます。

 

そこで、基本的に副交感神経を優位に働かせる事が必要になってくる訳です。高温のお風呂や水風呂などは、逆に交感神経を優位にさせてしまう為、ぬるめの37度~39度の温度が理想でしょう。

 

また、本来の入浴とは、体を洗ってきれいにする事と思われてますが、アトピーの方が石けんやシャンプーでゴシゴシと体を洗う事は、あまり良くないと言えます。

 

 

●皮脂の量を保つこと

 

皮膚の汚れや脂は石けんで溶かして取るものと言われますが、量を使い過ぎたり、強く体を擦ってしまう事で皮脂が減少してしまい、 皮膚がカサカサになってしまいます。

 

皮脂とは皮膚の皮脂腺から分泌される脂分の事で、皮膚を膜のように覆う事で、皮膚組織の水分が蒸発しないように守ってくれると言われます。

 

皮膚を守るバリヤーの役割をもっているわけです。 皮膚が乾燥してカサカサした状態だと、表面に細菌・ホコリが付着する事で皮膚を刺激し、湿疹(アトピー)が出来易くなり、痒くなります。

 

ですから、特にアトピーの症状が強く現れている方、リバウンドが強く現れている方は、無理に体を石けんで洗う必要は無いと考えられます。体の臭いが気になったり、不潔な気がする方もいるでしょう。

 

しかし、皮膚の汚れでもある垢(あか)は、毎日お風呂に入るだけでもきれいに取れるとも言われるので、それほど溜まる事は無いでしょう。また、お風呂に入っている最中に気になる所を指先で擦れば、それだけでも汚れ(垢)は落ちるのです。

 

基本的に石けんやシャンプーの使用は、極力避けた方が良いでしょう。 使用し過ぎで、ますます皮膚を傷つける事もあるからです。

 

現に私もそうでしたが、症状が酷い時は皮膚が痛すぎて、体をこすって洗うどころの話ではありませんでした。もし、どうしても石けんを使用したいのなら、無添加の固形の石けんの使用をオススメします。

 

液体のボディ・ソープやシャンプーは使いやすさはあるものの、化学薬品や添加物が多く含まれているでしょう。 アトピーの人は少しでも皮膚にトラブルが起きないよう、石けんの使用頻度と石けん選びも慎重に行いましょう。