アトピーは再発しやすく、治ってもすぐに再発し慢性化している人も少なくありません。その原因となるのがステロイドですので、ステロイドについてしっかり知っておかなければいけません。

 

ステロイドは効果の高いアトピー治療薬ですが、副作用や依存性(抗体がつく)が高い薬でもありますので、何度も何度も再発しているという人は、ステロイドの量を減らすことも考えなければいけません。

 

 

リバウンドの現状

 

今の医療のアトピー治療は、ステロイド剤(免疫抑制剤)の使用で痒み・炎症をおさえ込む治療です。しかし、ステロイド治療に疑問や不安を抱いた患者は、今の医療に不信を持ち、ステロイド治療からの脱却に向かいます。 そこで初めてステロイド剤の怖さを知ることになり、薬物からの離脱を決意することになります。

 

医師や病院に対する不信感は強くなり、患者は西洋医学のステロイド治療に見切りをつけている人が多いでしょう。ところが、長年、ステロイド剤を使用し続けた患者が、ステロイド剤から脱却をはかることは至難の業です。

 

ステロイド剤を止めることで現れるリバウンド(離脱)は、非常に苦痛の伴うものです。ステロイド剤の使用が10年?20年間続き、体に強いダメージを受けていれば受けているほど、その苦痛は大きいものになるでしょう。

 

この辺りまでステロイド剤の使用を続けている人にとっては、ステロイド治療を止めるのか、続けるのか、厳しい選択になります。 しかし、アトピーを完治させたいのであれば、リバウンドは受け入れなければいけません。

 

アトピーに限らず、現在ではさまざまな病気に薬を使用する人は多いでしょう。その使用した薬の副作用により、取り返しのきかない障害を患い、二次、三次の疾患が併発して更に重症化し、命を落とす人も多くいるのでしょう。

 

しかし、他の病気の副作用の場合、アトピーほど悲惨なものにはならないでしょう。アトピーでステロイド剤を使用した人に限り、リバウンドが現れることになります。

 

 

ステロイドが引き起こすリバウンド

 

なぜ、薬の副作用でも、このような違いがあるのでしょうか。ステロイド剤には、自律神経の働きを乱す作用を持っています。 免疫力を抑制させ、人間の持つ抵抗力、病んだ体から回復しようと努める働きを抑え込み、働けない状態にしてしまいます。

 

結果的に、内蔵機能、ホルモンの産生・分泌の機能が低下してしまい、病気を完治させるなど、とてもできることではありません。つまり、多量のステロイド剤の乱用で、代謝の機能が活発でない患者の体は薬物(ステロイド剤)が蓄積されて体に大きな重しとなり、 免疫力・自然治癒力の働きを抑え込まれている状態です。

 

しかし、ステロイド剤を止めることで現れるリバウンドは、塗り薬・飲み薬・注射等で長い間使用したステロイド剤の使用を中止することによって現れるものです。言い換えると、それまで抑え込まれていた体の異常だった状態が解かれ、人間本来の働きをもつ健康な体に戻そうとする治癒力の現れでもあります。 従って、リバウンドは決して悪化などではありません。

 

長年、使用を続けたステロイド剤を止めることにより、長年、抑え込まれていた治癒系の働きが徐々に活発に働き始めます。 体内や血管内に蓄積された薬物・老廃物を一挙に排出・排除し始めた現れです。 それらが皮膚の表皮・真皮、細胞組織と、破壊された部位から膿や血がひどく滲出する姿がリバウンドになります。

 

本来、人間の体にとって薬物とは異物でもあります。 体内に入れば入るほど、それらを排除しようとする免疫の働きが高まります。 しかし、ステロイド剤の場合、免疫の働きそのものが抑え込んでしまう為に、いつまでも治癒力の働かない状態が続いていたのです。

 

そこでステロイド剤を中止することで、チャンスが到来したかのように、体の治癒系の働きがようやくに活発になります。 それまで体内に蓄積されていた、ありとあらゆる薬物・老廃物を排除し始めるのです。

 

したがって、リバウンドで憎悪した状態は間違っても悪化ではなく、むしろ快方に向かっている証なのです。しかし、医療では未だリバウンドを症状の悪化として捉え、薬物からの離脱(自然療法)を目の仇にして批判しているようです。

 

そして、1999年から2002年の頃には「医師の言うことを聞かないで、勝手にステロイド剤を中止した為に憎悪した」と、テレビや週刊誌で高々と宣伝し、 こうした患者を自然療法の被害者とし、社会問題化させた動きが見られました。

 

未だ、ほとんどの病院・医師が自然療法に批判的であり、「アトピーは一生治るものではないから、ステロイド剤を使い続けるしかない」 「薬を上手に使用できれば、副作用はでない」など、言われるようです。

 

しかし、その医師の指示通りのステロイド治療を行なってきた為に、患者はリバウンドで苦しむハメになったのですし、 人によっては失明(白内障・網膜剥離)するハメになったのです。

 

 

病院・医師もリバウンドの事実は承知の上

 

病院・医師側からすれば、ステロイド剤の使用を続けることで、いずれはリバウンドが現れることなど、判り切っているでしょう。 例え、それが回復に繋がるものと判っていても、今更、公の場では口が裂けても言えないのです。

 

まさか、リバウンドが回復繋がるものなど言おうものなら、今まで使用してきたステロイド剤は一体何の為の治療だったのか、 患者や世間に迫られることにもなりますし、副作用で障害者になった人々からの集団訴訟されることでしょう。

 

しかし、近い将来、その光景が現実になってくる日も近いようでもあります。全く的外れの治療法を確立し、判った上でその治療法を続けてきた今の医療の罪は重いのです。

 

 

治療における医師の無責任な指導

 

ステロイド剤の使用となると、副作用の問題ばかりに目が向けられていますが、医師から患者へのステロイド剤の推奨、指導にも問題があると言えます。とは言っても、厚生労働省や皮膚科学会の方針(ガイドライン)により、ステロイド治療が主流になっていますから、 ここに一番の問題があるわけですが。

 

そのステロイド治療ですが、外用(塗り薬)、内服、注射、点滴などいろいろありますが、アトピーに最も多く使用されるのは外用です。外用のステロイド剤は、五段階の強さ(非常に強い・かなり強い・強い・普通・弱い)によって分けられていますが、 使用法は医師の指導もあるものの、ほとんど患者任せになっていると思われます。

 

良心的な医師は細心の注意を払うように、使用法を指導してくれます。しかし、患者としては一刻も早く治りたい一心ですから、どうしても多用してしまうことになるのです。中には、説明・使用法をほとんど指導しない医師もいます。そのような医師に限って、悪化している患者に「塗る量が少ないから良くならないんだ」「もっと塗りなさい」と言って、怒ったりもします。

 

最近では医者よりも患者の方が、ステロイド剤の怖さをよく知っているはずです。けれど、医師・病院は「上手に使えば副作用はない」「医師の指導で、的確に使えば副作用はない」と、自ら否を認めようとはしません。本当は副作用に苦しむ患者を何人も診てきているはずなのですが、それでも無責任にステロイド治療を続けています。

 

今、副作用で苦しむ患者、これから副作用で苦しむ患者の事は一切考えていないような、無責任で理不尽な指導と言えます。患者はそのように指導をする病院の医師に話してみるといいのでしょう。

 

「先生の言われる通り、ステロイド治療をしていきます。ステロイド剤を上手に使えば副作用はない、と言う先生の言葉を信じます。ステロイド治療以外、他の治療は受けない事にします。しかし、後で副作用が現れるような事になったら、必ず責任をとってくれますね」と。

 

ほとんどの先生が、途端に逃げ腰に変わるでしょう。本当はステロイド剤の長期の使用による結果が、どうなるのか知ってるのですから。内科・皮膚科・小児科・眼科のほとんどの科の先生も、知ってると思います。しかし、どの科の先生も口を閉ざし、実態を話す事はほとんどないのです。

 

日本での医師は、人の命を預かる職業として、信頼・尊敬されます。 地位の高い人でもあり、医師に対する尊敬と信頼は厚いものがあるでしょう。医学博士という肩書きを持った大学教授の先生の治療と指導を信じ、毎日せっせとステロイド治療を施す患者の多いことも事実なのです。

 

 

リバウンドの症状

 

重症の患者のケースではどのようなリバウンド(離脱)が現れ、どのような経過をたどるのでしょうか。まず、ステロイド剤を中止すると、早い人で翌日、遅い人でも一週間くらいで皮膚に変化が認められるようになります。

 

皮膚のあちこちに炎症が広がり、部位によっては盛り上がるなどの症状が認められます。赤いボツボツした小さな湿疹がひじの裏側、首筋、ひざの裏などの皮膚の柔らかい部分に現れ、さらには背中、顔に現れたりします。

 

痒みは徐々に強くなっていきますが、始めの頃(テレビを見る、遊ぶ、電話など、他に意識が集中している時)には、痒みを感じないことが多いものです。

 

逆に痒みが現れやすい時は、食事後・入浴後・就寝後など、体が温まったときやイライラしているとき、怒ったり悲しんだりと感情の起伏の激しい時です。 また、一方的に強く引っ掻いてしまい、出血を伴うこともあります。

 

体調面では、それまでその人が自覚していた倦怠感や手足の冷え、便秘など、自律神経失調症にかかわる症状が顕著に現れます。この辺りの症状については、重症の患者の多くが経験されているのではないでしょうか。

 

しかし、こうした症状が現れることで慌ててステロイド剤を使用してしまい、症状を抑えてしまう人がいます。言うまでもありませんが、この段階でステロイド剤を使用するとなると、再びふりだしに戻ってしまいます。特に、このような時期は強い意志を持ち、ステロイド剤を使用を我慢することが大切になってきます。

 

ステロイド剤を止めてから一週間~三週間経つ頃に、いよいよ本格的なリバウンド現れることになります。皮膚の痒みや炎症を帯びた部位を掻き壊すと、出血や異臭がする黄色い液体(浸出液)が出始めます。

 

痒みは徐々に広がり、ちくちく、むずむずした痒みから強い痒みが襲い、患者にとっては辛い時期になります。 副腎の機能に強いダメージがある場合、炎症は徐々に全身に広がり、ステロイド剤を塗布しなかった部位にも掻き壊しがみられるようになります。

 

リンパ節が腫れ、皮膚は徐々に黒ずみ、浮腫が顔や足などに認められやすくなるケースもあります。 頭部の脱毛、全脱毛と、眉から体中の毛が一時的に全部落ちてしまう人もいます。

 

浸出液は、炎症や掻き壊しのない場所からも絶え間なく出る時期があります。 掻いても掻いても痒みはおさまることはなく、掻き壊しは更に広がり、血と膿だらけという状態で日常生活すらままなりません。

 

常時、痒みが全身を襲い、流れ出た浸出液が固まって皮膚がつっぱり、ちょっとでも動くとパリッと皮膚が割れ、血と膿がにじみ出ます。 その後、再び浸出液が流れ出して固まってはと、幾度となく繰り返します。このような状態で仕事や学校へ出かけるなど論外です。

 

 

リバウンドによる不眠と免疫力の低下

 

不眠の状態が続き、夜はほとんど眠れないでしょう。副腎の機能が少しでも活発になる明け方(人によって差がありますが、夜の10時~11時頃から副腎皮質ホルモンの産生・分泌を止め、 明け方の朝の4時頃から再び産生・分泌の機能が活発になる)になると、ようやくうつらうつらしてきます。 昼と夜が逆転する人も多くいることでしょう。

 

結局、一日の睡眠時間が4~5時間と少なくなってしまい、症状からみても熟睡は難しい状況が続きます。体の変調、倦怠感は強く、微熱や高熱が続いたりします。

 

肩こりや手足の冷え、体の部分的な異常なほてり、便秘、血液の循環の不全の症状も強く認められます。精神的にも不安定で、ちょっとしたことでイライラしたりすることが多いでしょう。患者自身にとっては生き地獄そのものです。

 

また、ステロイド剤の副作用で免疫力・抵抗力が低下していますから、風邪をひくことが多くなったりします。 皮膚はヘルパス、カポジ水痘様発疹症、黄色ブドウ球菌、白癬菌など、感染症にかかりやすくなります。

 

このような時期に医者に行けば、間違いなく反論されるでしょう。 「一体何をやっているんだ。ますます悪くなっているじゃないか。すぐに薬を塗りなさい」 「何でこんな状況になるまで放っておいたんだ。すぐに入院しなさい」 どこの医院・病院に行っても、このように言われることでしょう。

 

ステロイド治療を施されるか、見切りをつけられるかのどちらかの選択を迫られます。このようにリバウンドは悪化として捉えられ、ステロイド治療を施されることになると、当然、 再びふりだしに戻ってしまうことになります。

 

このような問題に直面した場合、ものの考え方が大切になります。アトピーを治していく上で、どうすることが大切になるか、理解する必要があります。

 

 

ステロイドの無限サイクル

 

症状が悪くなる度に医者に診てもらえば、ステロイド剤を塗布・注射・点滴することになります。 薬の効果で一時はリバウンドがおさまったかのように見えても、薬を中止する度にいつまでも同じようなリバウンドを繰り返すばかりで、 ステロイド治療の輪の中から一向に抜け出すことができません。

 

また、患者自身がステロイド剤の怖さと自然療法を理解し、辛いリバウンドを乗り越えようとしても、 周囲や家族が理解できていなければ、病院に連れて行かれることにさえなってしまうでしょう。ですから、患者だけではなく、家族や周囲の人の温かい理解も必要になるのです。

 

今の医療界では、リバウンドはステロイド剤を勝手に止めた為の憎悪した症状、単に症状の悪化と解釈しています。医療界の過ちから起こったステロイド剤の副作用を、単にアトピーの悪化、ステロイド剤を止めた為の悪化であると、 社会問題として宣伝し、自らのステロイド治療の正当化を訴えています。

 

しかし、それは医療界や厚生労働省がでっち上げたウソであることが、近い将来わかる日が必ず来ます。そして、患者自身が間違った治療の中でつくられた医原性の疾患であることを、世間が理解できる日が来るでしょう。

 

 

アトピーを完治・克服するために

 

ここまで述べたように、ステロイドを使用し続けることで、アトピーは再発してしまいます。それゆえ、治すためにはステロイドばかりに頼るのではなく、生活を改善させていくことが重要になります。

 

以下にて、アトピーの完治に欠かせない生活習慣や日常におけるポイントなどについて説明しますので、一つでも多く実践出来るよう、努力してみて下さい。ただし、頑張りすぎる必要はありません。継続が大切ですので、無理なくできる程度に、継続的に行っていくようにしてください。

 

■食生活を改める事

和食中心の食生活を心掛け、肉よりも魚、野菜を摂取するようにしましょう。 甘いお菓子やジュース類は、避けるようにしなければいけません。 添加物が多いとされるコンビニの弁当なども、避けるようにした方が良いでしょう。

 

■シャワー浴は避け、お風呂に入る事

体温を下げるとされるシャワー浴は、出来るだけ夏の時期も避けるようにして下さい。 夏の暑い時なら、ぬるめのお風呂に10分もつかれば十分です。 夏こそお風呂に入って汗を沢山掻き、汗と共に体に溜まった老廃物を沢山排出させるようにしましょう。

 

■睡眠時間をしっかり確保する事

仕事が忙しかったり、夜勤があると、まとまった睡眠時間がなかなか得られないでしょう。 まとまった睡眠を取る事が出来なくても、10分でも20分でも昼寝の時間を作るようにして下さい。 体を横にする時間を作って、体を少しでも休ませる習慣を身に付けて下さい。

 

■出来る限り体を動かす事

車や電車、バスばかりに頼らず、少しでも体を動かす習慣を身に付けましょう。 日頃から運動が出来れば一番良いのですが、毎日の仕事の忙しい生活習慣の中ではなかなか出来ません。 車で行く所を自転車を使ったり、歩いたりするように体を動かす事を心掛けてみましょう。

 

■ストレスを上手に発散する事

仕事や学校の対人関係、家族など、人間社会にはストレスが付きものです。 軽い運動や趣味に没頭する時間を作り、ストレスは上手に発散しましょう。 困難に差し掛かっても、「まあ、何とかなるさ」くらいの楽観的な心のゆとりを持てるようにしましょう。

 

■出来るだけ良い水を使用し、摂取する事

都会の水ほど、何回も塩素によって消毒されているそうですが、それによって塩素の量も多い事でしょう。 塩素はアトピー肌に刺激を与えて良くないと言われますし、飲み水としても良くないでしょう。 浄水器を付けるなどして、アトピー肌、飲用水にも良い水を摂取するようにしましょう。 これを変えるだけでも、アトピーはかなり良い方向へ向かうはずです。

 

■保湿剤には頼り過ぎない事

肌がザラザラ、ガサガサしていると言って、保湿剤ばかりに頼ってはいけないと思います。 保湿剤に頼らず、肌を自然治癒力で回復させる事が大切になると考えられます。 使用するならほどほどに、適度に使用する事は出来るだけ避けるようにしましょう。

 

■アトピーを恥ずかしがらない事

自分のアトピーを恥ずかしがる事はありません。 移る疾患ではありませんし、それによって相手に迷惑をかける事は無いのです。 ジロジロ見られても、それについて聞かれても、堂々としていましょう。 堂々とする事が出来れば、貴方自身が大きく成長していく事でしょう。

これだけの事を実践出来れば、アトピーは必ず改善に向かっていく事でしょう。けれどもちろん、ステロイド剤及びその他の薬剤を使用しない事が前提であり、完治へのスタートでもあります。ぜひ頑張って、一つひとつ克服していけるようにしていって下さい。