不整脈が続くと全身に血液が巡らなくなって、強いめまいや息切れ、胸痛などの症状が発現し出します。また、心臓疾患を引き起こすことも少なくありません。

 

不整脈を安易に考えている人が多いように感じますが、不整脈を放置すると死に至るケースも多々ありますので、軽視せず積極的に治療(ここでは主にペースメーカー)に取り組む必要があります。

 

 

不整脈とは

 

不整脈とは、調律や心拍の異常すべてを意味します。心臓の機能について一般的に理解しておくと、不整脈のタイプやその治療方法の説明を理解するのに役立ちます。心臓はこぶし大の大きさで、休みなく働く臓器です。肋骨の下の肺の間に位置しています。心臓は常に血液を送り出しています。血液は、身体の細胞に必要される酸素を供給します。

 

心臓は4つの心腔 – 2つの心房と2つの心室 – で構成され、壁と弁で仕切られています。これらは4つの部屋のようで、上に2室、下に2室あり、上下はそれぞれドアで仕切られています。心臓が拍動するたびに、心房の血液がドア、つまり弁を通って心室に流れます。心室は心房よりも厚い筋肉で覆われています。これは、心室が肺をはじめとする身体全体に血液を送らなければならないからです。

 

心臓には生来のペースメーカー機能が備えられていて、自律的に拍動します。この特殊な細胞の小さな集まりは、洞房結節と呼ばれます。これは心臓の右上にあたる右心房内に位置しています。洞房結節は定期的な速度で電気信号を発生し、その発生した電気信号は心筋内の電気経路を通じて伝達されます。この信号は、心臓の筋肉を収縮させます。心臓の規則正しいリズミカルな収縮が拍動となって、脈拍として感じられます。

 

洞房結節の信号は、本来備わった電気経路を通って心臓を定期的に拍動させます。電気刺激は洞房結節から、心臓の中心近くにあるもうひとつの細胞の集まりである房室結節に進みます。次に、房室結節は心室の壁まで信号を送ります。

 

普通は、2つの心室は心房の収縮によって血液で充満された直後に、瞬時に収縮します。このタイミングは、心房と心室の収縮同期性(房室同期性)と呼ばれます。これは、心臓が効率的に血液を押し出すのに非常に重要な役目を果します。

 

心臓が正しく働いているときには、心臓の電気系統は身体の酸素に対する要求に自動的に対応します。たとえば、階段を上るときには脈拍が速まり、寝ているときには遅くなります。しかし、心臓の電気系統に異常が生じることがあります。 心臓の脈拍が不規則になったり、速度が不適切に変化します。これを不整脈と呼びます。不整脈は次のような場合に起きます。

 

  • 心臓の生来のペースメーカーが異常な速度やリズムを生み出す
  • 正常な電気経路に支障が生じる
  • 心臓の別の部分がペースメーカーの役割を果そうとする

 

不整脈にはいろいろなタイプのものがありますが、共通することがひとつあります。 それは、十分な血液を身体に送るのを妨げることです。

 

 

徐脈性不整脈(徐脈)の治療

 

徐脈の治療として最もよく使われるのはペースメーカーです。ペースメーカーは心拍数を変化させ身体の要求に応えます。ペースメーカーは心臓本来の正常な信号によく似た信号を発します。患者さんの状態に合わせて、ペースメーカーは以下のことを行ないます。

 

  • 心房と心室をつなぐ電気経路で遅れたり失われてしまった洞房結節からの信号に取って代わる
  • 心房と心室との信号の伝導を正常のタイミングで順序よく行われるようにする
  • 非常に重要な役割を果たす心室が、正常な速さで常に収縮するようにする

 

どのペースメーカーも2つの部分、すなわちペーシングパルスを生み出すパルスジェネレータと、刺激を心臓へ送りとどけるリードで構成されています。またこのリードは、心臓からの信号をペースメーカーへ送り返す役目も果たします。これらの信号を確認することにより、パルスジェネレータは心臓の活動をモニタし、正しく応答することができます。

 

ガイダントのペースメーカーは、「デマンド」型です。「デマンド」型とは、スタンバイ状態にあり、心房・心室の本来の心拍数が設定値を下回ったときだけ機能するペースメーカーのことです。心拍数が設定値を下回ると、電気刺激を送り、心臓が収縮し血液を送り出す作用を助けます。 ペースメーカーの電気刺激とモニタ機能は、各患者さんのニーズに応じて、医師が調節またはプログラムできるものがあります。

 

ペースメーカーが植込まれた後は、定期的に検査を行います。検診のスケジュールは様々ですが、一般的に年に数回ペースメーカーの点検を受けます。こうした検査は一般に短時間で終わり、医師はペースメーカーが正常に機能しているかどうかをチェックします。また、心臓疾患は長い間に変化するため、定期的な検査によって医師は変化を知り、それに応じてペースメーカーを調整することができます。

 

検診では通常、医師がペースメーカーの設定をチェックし、メモリに保存された情報を集めます。この検査は、パルスジェネレータに無線信号で交信する対話式コンピュータ装置により、痛みもなく簡単に行われます。ペースメーカーをモニタする最適のスケジュールは、患者さんに応じて決定します。

 

 

対処法(徐脈とペースメーカー)

 

システムの構成

パルスジェネレータには電池と電子回路が含まれています。ペースメーカーの電源は、パルスジェネレータの中に安全に密閉されている電池です。このため、電池が消耗した場合はパルスジェネレータを交換する必要があります。さらにペースメーカーにはいくつかの電子回路も組み込まれています。これらの回路は、心臓のモニタを含めたペースメーカーの各機能をコントロールしています。

 

リードは、パルスジェネレータから静脈を通って心臓内につながる絶縁されたワイヤです。ペースメーカーは、心臓からリードを通ってパルスジェネレータに送られる信号を検知して、心臓をモニタします。これによって、ペースメーカーは心房・心室が収縮するたびにそれを認識します。ほとんどの場合、このデータによってペースメーカーがいつ電気刺激を送るかを決定することができます。

 

ガイダントではシングルチャンバーとデュアルチャンバーの基本的な2種類のペースメーカーを製造しています。どちらのタイプも心臓を継続してモニタし、身体が血液を必要とするのに応じてペーシング信号を送り出します。どのタイプのペースメーカーが適切かについては医師が説明します。

 

シングルチャンバーペースメーカー

シングルチャンバー ペースメーカーは普通、心腔の1つ(右心房の場合もあるが、一般的なのは右心室)とペースメーカー間での信号の送受信を行うリードを1本だけ使用しています。

 

このタイプのペースメーカーは、洞房結節からの信号送信が普通よりも遅くても、心室への電気経路が良好な状態にある患者さんに対しても用いられることがあります。このタイプの患者さんでは、リードの先端は右心房に留置されます。シングルチャンバーペースメーカーは、洞房結節が機能していても電気経路が一部または完全にブロックされている、という場合に用いられます。このタイプの患者さんでは、リードの先端は右心室に留置されます。

 

デュアルチャンバーペースメーカー

デュアルチャンバーペースメーカーには普通2本のリードがあり、1本のリードの先端が右心房に、もう1本の先端が右心室に留置されます。このタイプのペースメーカーは、心臓の動きをモニタし、心房・心室の両方またはどちらか一方に刺激を送ることができます。

 

デュアルチャンバーペースメーカーを選択する理由は様々です。患者さんによっては、洞房結節からの信号伝達が遅すぎ、かつ電気経路も一部または完全にブロックされているという場合があります。デュアルチャンバーペースメーカーは、この両方の問題に対処することができます。また別のケースでは、心房と心室の収縮のタイミングがずれていて(非同期性)、心房と心室の同期性を回復するためにデュアルチャンバーペースメーカーが必要とされることもあります。

 

レート応答型(アダプティブレート)ペースメーカー:歩行や階段を昇るときなど、身体の必要性の変化に合わせて自動的にペーシングレートが増加するペースメーカーが役立つ場合もあります。このタイプのペースメーカーには、身体が血液を必要とすることを検知するためのセンサーが追加されています。このセンサーで得られるデータを分析することにより、ペースメーカーは身体の活動レベルの上昇に合わせて、心臓の自己レートが増加しない場合に備え、いつペーシング速度を上げればよいかを判断します。このタイプのペースメーカーはレート応答型ペースメーカーと呼ばれ、心臓の応答性を回復するように設計されています。

 

ペースメーカーシステムの構成部分としてもう1つ、医師または看護師が使用するモニタ装置があります。ペースメーカーは、植込まれた後で機能の調節が必要とされることがあります。これは、医師がプログラマーと呼ばれる体外のコンピュータ化された装置を使って行うことができます。プログラマーは非侵襲的に(体外から)機能するわけです。ペースメーカーをチェックし、設定を調整する処置は無痛であり、手術する必要はありません。

 

 

ペースメーカーの植込み

 

体内にペーシングシステムを植込む手術は比較的簡単で、1~2時間足らずで済みます。パルスジェネレータはマッチ箱ほどの大きさで、鎖骨の下の皮下に植込まれます。リードは鎖骨付近の静脈を通して心臓内に入れられます。各リードの先端は心臓内の組織に直接触れるように装着します。植込み手術は通常、局部麻酔と患者さんをリラックスさせる薬剤を使い、患者さんが意識のある状態で行います。

 

この方法が最も一般的なものですが、場合によってはパルスジェネレータを腹部に植込み、ペースメーカーのリードを心臓の外側に取り付けることもあります。この場合は、全身麻酔が用いられます。

 

このタイプの手術は大人の患者さんにはあまり行いませんが、小児患者や体型上鎖骨付近での植込みが難しい患者さんにおいて多く行われています。もちろん、ペースメーカーシステムをどこにどのように植込むかは、患者さん個人のニーズに基づき主治医が決めます。

 

 

手術への準備と術後の定期検診

 

ペースメーカー植込みの準備に関しては、主治医または看護師から特別の指示があります。一般的なガイドラインには、服用中の薬剤を飲みつづけるか止めるかどうか、手術前の飲食は避けるべきかどうか、どのような入院手続きが必要かどうか、などが含まれます。

 

手術中は、患者さんはいくつかのモニタ機器につながれます。まず、患者さんをリラックスさせる薬が与えられます。この薬は眠気をもよおすかもしれませんが、それでも患者さんは覚醒しています。医師は植込み部位を麻酔した後、皮下にパルスジェネレータを植込む小さいポケットを作り、リードを固定します。ペーシングシステムが配置されたら、システムが心拍レートを上げるかどうかの確認テストを行います。テスト中は心臓の拍動が速いような感じがします。

 

ペースメーカー植込み後の回復は早く、患者さんの多くは当日、または約7日間のうちに退院できます。退院の際に、医師または看護師が患者さんが守るべき具体的な指示を与えます。新しく植込んだペーシングシステムと医師の指導で、患者さんは通常の活動に戻ることができます。

 

ペースメーカーを植込んでも、ほとんどの人々は仕事、趣味、性生活、旅行、その他の生活習慣を従来どおり続けることができます。ペースメーカーは、患者さんの健康が許す範囲内で、活動的で実りの多いライフスタイルを楽しめるようサポートします。

 

ガイダントのペーシングシステムを植込んでいる方には、退院後にペースメーカー手帳をお渡しします。ペースメーカーは金属探知機の警報を鳴らすことがありますので、空港の警備員にペースメーカー手帳を呈示してください。ペースメーカーの患者さんは、ペースメーカー植込み部位に何かがぶつかるような活動を避けるよう十分注意することが必要です。また、ペースメーカーをいじったり、その周囲の胸部をマッサージすることも避けてください。

 

いったんペースメーカーが植込まれたら、医師の指示を守って定期検査を受けることが非常に大事です。検診では医師がシステムの機能をチェックするほか、ペースメーカーの電池の状態もチェックします。ペースメーカーには交換指標が決めてあり、医師は電池交換に適した時期を決めることができます。植込み術と同様、電池の交換手術は非常に簡単です。一般的な手順としては、皮下に設けたポケットを開け、リードをはずします。リードは、正しく作動し続けることを確認するためテストされます。 続いて、新しいパルスジェネレータを接続し、ポケットは閉じられます。

 

少しでも気になることがあれば主治医と話し合って、自分の状態をよく理解することをお勧めします。医師と話し合うべき内容には、薬剤、休息、仕事への復帰、ペースメーカーの干渉源、運動などがあります。ペースメーカーを安全に使用するために、以下のことを守られるようお勧めします。また、医師より患者さんに応じたより具体的な説明がある場合があります。

 

  • 歯科医を含めたすべての医師にペースメーカーを植込んでいることを伝える
  • 緊急時に備えて、常にペースメーカー手帳を携帯する
  • 運動に関して医師の勧めに従う
  • ペースメーカー外来等で医師の定期検診を受ける
  • 定期検診のスケジュールはペースメーカーの交換指標をもとに医師が決めるので、そのスケジュールを守る

 

 

日常生活における注意点

 

ペースメーカーは電子装置です。日常接する装置や機器などからの電気的干渉からは、防護されるように設計されていますが、ある種の装置や機器などからの電気的干渉がペースメーカーを速めたり遅らせたりすることもあります。

 

ほとんどの家庭用電気製品、コンピュータ、プリンタ、ファックスなど家庭やオフィスで一般に使用されている機器は安全で、ペースメーカーに影響を与えることはないはずです。空港のセキュリティチェックの装置も安全で、ペースメーカーには影響を与えないことになっています。

 

以下にあげる機器は避けるようにするか、特別な注意を払うことが必要です。一般に、これらの機器がペースメーカーに与える影響は一時的なものです。 これらの機器から離れると同時に、ペースメーカーは通常の状態に戻ります。

 

■送信アンテナとその電源

リニア出力増幅器やアンテナは避けてください。完全に遮蔽され、正しく組み立てられた装置であれば問題を起こすことはないはずです。正しく作動しているCB無線装置(5ワット)は問題ありません。

 

■ジアテルミー装置

ジアテルミー装置は、ペースメーカーを装着している患者さんには絶対に使用できません。

 

■送電線

ペースメーカーを装着している人は、高電圧線の近くに行くことは避けてください。

 

■電気機器

アーク溶接機とそれに類似した機器は避けてください。

 

■放射線

高エネルギー放射線はペースメーカーを故障させることがあります。 ペースメーカーが植込まれている部分を鉛の遮蔽材で覆ってください。

 

■防犯装置

デパートや図書館などの入口に設けられている防犯装置のすぐ近くに立つことは避けるようにします。 普通の速さで通過する際には問題ありません。特に以下の注意事項をお守りください。

  • 電子商品監視機器に立ち止まらず、速やかに通過すること。
  • EASステッカーが出入口付近に貼付されている場所では、立ち止まらずに通路の中央を真っ直ぐ速やかに通過すること。
  • 電子商品監視機器の周囲に留まらず、また寄りかかったりしないこと。

 

■IHジャー炊飯器(電磁加熱炊飯器)

IHジャー炊飯器(電磁加熱炊飯器)の使用等によって生じる電磁干渉により、ペーシングが制御されて危険を伴うことがあります。

 

■携帯電話

携帯電話はペースメーカーに影響を与えることがあります。影響は一時的なもので、電話器を離せばペースメーカーは正常な状態に戻ります。 ペースメーカーへの影響を防ぐためには、次の点に注意してください。

  • 携帯電話をペースメーカーから22cm以上離すようにする。電話器の出力が3ワット以上の場合は、30cm以上離す。
  • ペースメーカーを植込んだ側と反対側の耳で携帯電話を使うようにする。
  • 携帯電話を胸ポケットに入れたり、ペースメーカーから22cm以内の位置でベルトに装着することは避ける。