大動脈瘤は、大動脈に瘤状の膨らみができた状態を指します。原因には、動脈硬化のほか、梅毒、大動脈壁の炎症や先天的な異常、外傷などがあり、放置すると瘤が大きくなって破裂し、生命にかかわる危険があります。

 

症状には、声のかすれや食道・胸部・腹部の圧迫感、咳や血痰、呼吸困難などさまざまで、この時にはすでに肥大化してる恐れがあります。これらや以下に詳しく述べる症状に該当すれば、必ずすぐに医療機関に受診してください。また、早期発見のために定期検診も忘れてはいけません。

 

 

大動脈瘤とは

 

大動脈瘤とは、大動脈の壁が外側に膨らむ症状を指します。動脈の壁は、内側から内膜、中膜、外膜の3層でできています。大動脈の中膜が何らかの原因でもろくなり、心臓から強い力で送り出される血液の圧力(血圧)に耐えられなくなると、外に向かって拡張します。このように大動脈壁の一部が膨らんだ状態を大動脈瘤といいます。

 

大動脈瘤には、「のう状」のタイプと紡錘状のタイプがあります。「のう状大動脈瘤」は、大動脈壁の一部分が限局性に膨らんで、外側に瘤のように突出した状態を指します。「紡錘状大動脈瘤」は、大動脈の内腔が広範囲にわたって膨らんで、太くなった状態です。

 

大動脈瘤は、発生部位によって名称が異なります。上行大動脈、弓部大動脈、下行大動脈といった胸部大動脈に発生したものは胸部大動脈瘤、腹部大動脈に発生したものは「腹部大動脈瘤」といいます。また、横隔膜の上下にまたがって生じた場合は「胸腹部大動脈瘤」とよばれます。このうち、最も発生頻度が高いものは腹部大動脈瘤です。

 

大動脈瘤は、中年以上の男性に多くみられ、動脈硬化の進行によって起こるケースが大半を占めています。社会の高齢化や動脈硬化の増加に伴って、年々発症数が増えてきています。大動脈瘤ができても、これといった症状が現れない場合が多いものですが、瘤が大きくなると、突然破裂して大出血を起し、生命に関わることがあります。健康診断や人間ドックの普及によって、大事に至る前に発見されるケースが増えていますが、大動脈瘤の発生を防ぐためには、動脈硬化の予防が何より重要といえます。

 

 

大動脈瘤の原因

 

大動脈瘤の原因としては、動脈硬化のほか、梅毒、大動脈壁の炎症や先天的な異常、外傷などがあげられます。

 

■動脈硬化

動脈壁が厚く、硬くなった状態を動脈硬化といいます。大動脈瘤の引き金になるのはアテローム性(じゅく状)硬化です。動脈壁の内膜に脂肪が沈着しておかゆのような塊ができ、弾力性が失われます。さらに中膜にまで硬化巣が波及して、断裂や壊死を引き起こし、大動脈瘤が形成されます。下行大動脈や腹部大動脈に発症するケースが多くみられます。

 

■梅毒

動脈硬化が増える以前は、大動脈瘤の原因として最も多かったものです。梅毒は梅毒トレポネーマという病原体が皮膚や粘膜に生じた傷口から侵入して起こる感染症です。病気は長い年月をかけて少しずつ進行し、感染から3年以上たつと全身に広がって、大動脈壁の中膜などに壊死を伴った病変が発生して、大動脈瘤を招きます。上行大動脈や弓部大動脈に生じやすいものです。

 

■炎症性疾患

大動脈壁に炎症が起こり、瘤が形成されます。免疫異常や膠原病、細菌感染などが誘因となるケースがあります。40代以下の比較的若い人の大動脈瘤の原因として多いものです。

 

■特発性のう胞性中膜壊死

大動脈壁の中膜が先天的に変性しているケースで、20〜40代の人に上行大動脈瘤を引き起こすことがあります。上行大動脈が変性したり、手足の指がクモのように細長くなるといった症状を伴うマルファン症候群という遺伝性疾患の患者に多くみられます。

 

■外傷

胸部や腹部の強打、圧迫などによって大動脈に亀裂が生じ、仮性大動脈瘤が発生することがあります。

 

 

大動脈瘤の症状

 

大動脈瘤は、病変がかなり大きくなるまで症状が現れないケースがほとんどです。瘤が拡大してくると、周囲の臓器を圧迫してさまざまな症状が起こります。

 

■胸部大動脈瘤

胸部大動脈瘤が大きくなると、声帯の運動をつかさどる反回神経が圧迫され麻痺し、声がかすれたり、食道が圧迫されて飲食物が飲み込みにくくなったりします。交感神経の神経細胞が集まっている星状神経節(頚胸神経節)が圧迫されると、まぶたが開かなくなったり、瞳孔が縮小するほか、顔の片側から汗が出なくなるといった症状を伴うホルネル症状群が起こることもあります。

胸骨や肋骨、脊椎(背骨)が瘤に押されて、気管や気管支、肺が圧迫を受けると、咳や血痰、呼吸困難が生じ、痰がたまって肺炎を招く場合があります。さらに瘤が拡大すると、胸部や背部の圧迫感を覚えます。破裂寸前になると、胸部や背部の痛みが強まり、繰り返し血を吐くこともあります。瘤が破裂すると、胸部に突然激痛が生じるとともに、出血多量のために急激に血圧が低下し、緊急手術を受けないと心停止を起します。

 

■腹部大動脈瘤

腹部の大動脈瘤による圧迫症状はあまりはっきりとはみられませんが、ときに胃や十二指腸が圧迫されて、腹痛や嘔吐を招くことがあります。瘤が大きくなると、へそのあたりに半球状の盛り上がりができ、手で触れると脈打っているのが感じられるようになります。また、腹痛が生じたり、腰椎が圧迫されて腰痛を覚えることがあります。瘤が破裂すると、突然激しい腹痛が起こり、あふれ出た血液が腹部にたまっておなかが膨らんできます。放置すればショック状態に陥って死亡します。

 

■胸腹部大動脈瘤

胸部大動脈瘤と腹部大動脈による症状の両方が現れます。

 

 

大動脈瘤の検査と診断

 

胸部大動脈瘤や胸腹部大動脈瘤は、検診時の胸部X線撮影検査の際に、腹部大動脈瘤は超音波検査などによって偶然発見されることが多いものです。また、腹部大動脈瘤の場合は、触診をすれば診断がつくこともあります。これらのスクリーニング検査で大動脈が疑われる時はさらに詳しい検査が必要です。

 

診断の確定にはCT検査やMRI検査が有効です。CTとMRIは、大動脈瘤の大きさや位置、周囲の臓器への圧迫状況などを調べるためにも役立ちます。血管内の状態をより正確に把握するために、MRIを応用したMRA検査が実施されることもあります。少量の造影剤を静脈に注射してからMRIを行うもので、検査時間は30分ほどです。こうした検査はすべて外来で受けることができます。

 

手術を受ける場合は、入院して大動脈の血管造影検査が行われます。これは局所麻酔をした後に、カテーテルという細い管を腕や太ももの動脈に挿入し、造影剤を注入して血管のX線撮影をする方法です。血管内腔の状態や瘤の範囲、大動脈から枝分かれしている動脈の状態などが明らかになります。

 

 

大動脈瘤の治療

 

大動脈瘤を根本的に治療するためには手術以外に方法はありません。ただし、瘤が小さかったり、ほかの病気があるときは、経過の観察をしながら手術に適した時期が検討されることになります。

 

■内科的治療

大動脈瘤が小さい場合は、3〜6ヶ月ごとにCTやMRI、超音波検査などを受けて瘤の大きさを調べてもらい、時期をみて手術を行うことになります。動脈硬化が進行したり、血圧が上昇すると、瘤が大きくなりやすいので、経過観察中は、主治医の指導のもとに食事療法が行われたり、降圧剤などが投与されます。また、脳血管障害や心筋梗塞、腎不全、悪性腫瘍などがあると、手術の際に合併症を起したり、生命の危険を招くおそれがあるので、各疾患の治療をしながら経過が観察されます。

 

■外科的治療

大動脈瘤が破裂したり、破裂の寸前と考えられる症状が現れているときは、手術が行われます。大動脈瘤の圧迫による症状がみられたり、大動脈瘤の外経が5〜6cm以上の場合も、近い将来に破裂する危険があるので手術の適応となります。また、大動脈瘤の経過観察中に、1年間に5mm以上のペースで瘤が大きくなっている場合も手術をしたほうがよいとされています。さらに、瘤が小さくても、のう状瘤の場合は破裂しやすいため、手術の適応となることがあります。

 

手術は、大動脈の膨らんだ部分を取り除き、ポリエステルなどでできた人工血管に置き換える人工血管置換術が基本となります。全身麻酔をして、大動脈瘤の位置に合わせて胸部または腹部を大きく切り開き、瘤が発生している部分を切開して人工血管を縫い合わせます。

 

手術によって大量に出血するので、失血した分を輸血によって補うことが必要です。そこで、手術中に流出した血液を輸血に再利用したり、手術前に自分の血液をためておいて手術中に使用することもあります。また、手術中は血流を一時的に遮断しますが、各臓器が血液不足に陥って機能不全をきたさないようにするための補助手段がとられます。補助手段の方法は、瘤の発生部位によって異なります。

 

上行大動脈瘤や弓部大動脈瘤の場合は、血流ルートを体外に設け、心臓と肺の働きをする人工心肺装置を経由させて、再び体内の血流ルートにつなぐ方法が一般的です。血行を完全に遮断すると同時に、体温を20℃くらいまで下げて、からだの機能を一時的に低下させる超低体温法を使用した循環停止法が行われることがあります。

 

下行大動脈瘤や胸腹部大動脈瘤では多くの場合、瘤の部位を迂回して一時的に新たな血流ルートをつくるバイパス法がとられます。腹部大動脈瘤では、バイパス法を用いたり、瘤の上下を止血かんしで、はさんで血液を遮断する方法などが行われます。こうした補助手段の進歩や、人工血管の材質の改良などによって、手術に伴う術後合併症は少なくなっています。

 

なお、手術時間はだいたい4〜6時間前後で、約3週間の入院が必要です。また、近年、血管内ステントという金属でできた筒を血管内に挿入して、開胸や開腹をせずに大動脈瘤を治療する方法も研究されています。

 

 

手術に伴う合併症

 

手術時に血流を遮断した影響で、手術後に両側の手足に麻痺をきたすことがまれにあります。心不全や腎不全、肝不全、肺炎などを起したり、切除した動脈壁の破片が動脈につまって、足や腸管への血行が低下するケースもみられます。たとえ、こうした術後合併症が起こっても、入院中に適切な治療が行われるので、あまり心配しすぎる必要はありません。

 

定期的に検査を受ける

大動脈瘤は、いったん発生すると消失することはまずありません。健診などの際に瘤が発見された人は、主治医の指示に従って定期的に検査を受けましょう。大動脈瘤は破裂してしまうと、緊急手術を受けても死亡するケースが少なくありません。主治医の説明を受けたうえで、積極的に手術を選択することも重要です。

 

また、大動脈瘤の発生には、動脈硬化が大きくかかわっています。動脈硬化は加齢に伴って誰にでも起こりうるのもですが、肥満や高血圧、高脂血症、高尿酸血症、糖尿病などがある人や、喫煙者は特に進行しやすいものです。中年以降は年に1回は必ず健診を受け、異常値を指摘されたら、食生活の改善や適度な運動の実践など、生活を見直しましょう。