いびきが異常にうるさいという人、もしかしたら睡眠時無呼吸症候群かもしれません。睡眠時無呼吸症候群は呼吸をしていないだけでなく、いびきにも深い関係があります。

 

 

いびきは健康にも悪影響

 

いびきや歯ぎしりは、他人に迷惑をかける代名詞のようなもの。睡眠中に発生するいびきを自覚することは極めて難しく、ほとんどの場合が家族や同僚から「うるさくて眠れない」などと騒音の指摘を受けることになります。

 

いびきは、狭いのど(上気道)に無理やり空気を通そうとすることで発生します。

 

一時的な軽いいびき程度であればそれほど問題になりませんが、毎晩大きないびきが続いたり、「呼吸がとまっていることがある」というのであれば、睡眠時無呼吸症候群が疑われ、注意が必要です。

 

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸がとまった状態(無呼吸)が断続的にくり返される病気。その定義は「一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこる。または、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上おこる」とされています。

 

いびきや睡眠時無呼吸症候群は睡眠をさまたげるだけでなく、昼間に眠くなる、集中力に欠ける、居眠りがちになる、など日中の活動にも影響を与えます。また、この病気は生活習慣病とも密接に関連することがわかっており、臨床的な立場からも非常に重要視されているのです。

 

例えば、睡眠時無呼吸症候群の人はそうでない人に比べ、高血圧を発症する可能性が2倍、狭心症・心筋梗塞は3倍、脳血管障害は4倍という報告があります。

 

そのほかにも糖尿病・高脂血症・高尿酸血症の合併が多いことも判明しています。米国のデータでは、睡眠1時間あたり20回以上の無呼吸が記録された患者さんで、無治療のまま放置した場合、9年後に10人のうち4人は心臓病・脳血管障害・交通事故で亡くなったという衝撃的な報告もあります。

 

 

睡眠に関する自己チェックと病院での検査法

 

ここで、日頃の生活を振り返り自己チェックをしてみましょう。

 

1.よくいびきをかく。

2.朝の目覚めが悪い。熟眠感がない。朝がだるい。

3.朝起きたときに頭痛がする。

4.日中の眠気に悩んでいる。

5.最近、夜中にトイレに起きる回数が多い。

6.肥満がある。最近とくに肥ってきた。

7.以前から扁桃腺が大きい。

8.睡眠中、呼吸がとまる。

9.息苦しくて目がさめることがある。

10.生活習慣病に罹患している。

 

症状の程度に差こそあれ、無呼吸とセルフチェックであげた項目が合併している場合には、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。医師の診断を受け、早めの治療を受けることが大切です。

 

診断のためには、入院のうえ終夜睡眠ポリグラフィーという検査が行われます。測定する項目は、睡眠状態をみるための脳波・筋電図・眼球運動図など。睡眠中の呼吸の状態をみるために、お腹と胸の動き、血液中の酸素の濃度などを同時に記録します。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の治療

 

睡眠時無呼吸症候群と診断されたら、まず本格的な治療に入る前に、生活習慣を見直しましょう。まずは、

1、減量
2、精神安定剤服用の制限
3、睡眠中の体位の工夫
4、飲酒の制限
5、禁煙

を心がけましょう。病状の程度にもよりますが、治療は次の3つに分けられます。検査の結果に基づき、それぞれの方にあった最適な方法が選択されます。

 

■内科的治療(CPAP療法)
CPAP機器をつかって、いびきと無呼吸を限りなくゼロに近づけます。一晩で劇的に改善する人もいます。しかし、治療の継続が必要です。

 

■歯科的療法
マウスピースを使用します。下顎が上顎より少し前方に固定されるようなデザインのものを、専門の歯科医にオーダーメイドで作成してもらいます。

 

■耳鼻科咽喉手術療法
扁桃腺の大きい人や口蓋垂(のどちんこ)が大きく垂れ下がっている人にお勧め。腕の確かな耳鼻咽喉科医にお願いすることが大事です。

 

健康な日常生活に良質な睡眠は不可欠。特に、睡眠時無呼吸症候群は命に関わる重大な病気でもあるので、疑わしい症状が現れたら、たかがいびきとあなどらず専門医に相談することが大切です。