男女問わず、さらには年齢問わず多くの人を悩ますニキビ。実は多くの人がニキビに関して詳しくは知らないのが現状です。ここではニキビに関して徹底的に解説しているので、長くなりますが、ニキビに悩んでいる人は熟読しましょう!

 

 

ニキビとは

 

人間の皮膚には、常に存在しているアクネ菌と呼ばれるものがあり、これがニキビの原因になっているといわれています。原因は、さまざまですが、皮脂が過剰分泌することで毛穴がふさがれ、空気が遮断されてしまい、その毛穴の中で、このアクネ菌が増殖し、炎症を起こし、ニキビがうまれるというわけです。

 

アクネ菌は、空気を嫌うので毛穴が正常なら、ニキビができることはありません。一般的には、体が変化する思春期に多くみられますが、最近では、「アダルトにきび」とよばれる、思春期以降の大人にできるにきびで悩む人も多くなっています。

 

主に、顔、頭、胸、背中などの皮脂腺が多く集まっているところにできやすく、特に、皮脂腺が活発に活動している人ほど、ニキビができやすいといわれています。また、季節の変わり目や体調の変化によっても、出やすい時期があるようです。

 

 

ニキビの原因

 

ニキビは、その原因などから、思春期にできるにきびと、二十歳を過ぎてからもできる大人にきびに分けられます。まず、思春期にできるにきびの原因で一番多いのは、成長ホルモンの影響で過剰に分泌される皮脂です。

 

この過剰な皮脂は、毛穴をふさぎ、詰まることによってにきびをつくります。これは、思春期独特のものなので、成長とともに、皮脂の分泌も減り、自然に落ち着いてくるのが普通です。油取り紙などで常に皮脂を取り除き、洗顔によって、お肌の清潔を心がけましょう。

 

この思春期ニキビが一過性なのに対して、大人のニキビは、やっかいです。原因は、じつにさまざまなので、特定が難しいのです。ストレスのような精神的なものや、体のリズム、食生活などの生活習慣が原因であることが多く、ケアには、根気が必要です。

 

また、思春期ニキビとは逆で、乾燥が原因の場合もありますので、保湿もしっかりとしなければなりません。

 

 

ニキビの種類について

 

ニキビの種類には、その発生からの症状の段階によって、いくつかの種類に分類できます。まず、「白ニキビ」ですが、これは、ニキビの初期段階で、毛穴が閉じたままで、中に皮脂や角質がたまっている状態で、見た目では、あまりわかりません。

 

同じように初期段階で、「黒ニキビ」というのがあり、これは、白ニキビとは逆で、毛穴が開いて角栓が毛穴に詰まっている状態のもので、角栓の先端がポツポツと黒く見えるものです。

 

さらに症状が進むと、「赤ニキビ」とよばれる炎症をともなうものになります。赤ニキビは、皮膚に常在しているアクネ菌が増殖し、毛穴をつまらせ、中で炎症を起こして、赤くなったものです。またさらに炎症が悪化して、膿がたまると、「黄ニキビ」になります。これは、赤ニキビが悪化した状態で、ニキビの最終段階で「膿腫」ともよばれています。

赤ニキビが腫上がり、毛穴に黄色い膿がたまつているのが見えます。ここまでくると、皮膚の真皮まで傷ついていることもあり、炎症が治まっても後でダメージを残してしまうこともあります。

 

 

白ニキビとは

 

ニキビは、その症状によって、いくつかの種類に分けられます。「白ニキビ」というのは、ニキビの中でも一番初期の段階のものをいいます。

 

角栓によって毛穴がふさがれてしまい、分泌した皮脂が外に出られず、皮膚が盛り上がった状態のものです。見た目では、他の皮膚の色と変わらないので、自分で触ったときに、指の感触で気づく場合が多いようです。

 

原因は毛穴のつまりだけではなく、メイクをしっかり落とさなかったり、ファンデーションの厚塗りなども考えられます。白ニキビのうちに、ケアしておけば、悪化を防ぐことができます。

 

洗顔、クレンジングを丁寧にきちんとしたうえで、保湿をしっかりとします。洗髪の際にも、シャンプーなどが顔にかかったままにならないように気をつけましょう。

 

 

赤にきびとは

 

白ニキビや黒ニキビが悪化すると、炎症をともなう「赤ニキビ」に移行していきます。これは、黒ニキビの段階で、毛穴がアクネ菌によって詰まり、さらに中で増殖し、炎症をおこし赤くなったものです。痛くなるときもあれば、痒みがでるときもあります。

 

ここで掻いてしまうと、膿がたまり、さらにひどい「黄ニキビ」にすすんでしまいますので、我慢が必要です。大きく膨らんでしまうこともあり、とても目立ちますが、触ったりして刺激を与えるのは、禁物ですよ。

 

また、隠そうとして、ファンデーションを塗りこむのも逆効果ですのでやめましょう。なるべく刺激を与えないようにして、他のニキビと同じように洗顔とスキンケアに気を遣いながら、さらに生活習慣を見直すことが大切です。

 

 

背中のニキビについて

 

ニキビができる場所は、いろいろありますが、顔の次にニキビができやすいところは、背中です。背中は、鼻やおでこと同じように皮脂腺が多い上に入浴時に洗いにくく、ケアがしづらいからです。

 

背中のニキビの原因としては、汗をかきやすいこと、就寝中は、通気が悪くなるため、汗がたまってしまうなどが考えられます。また、洗髪時のシャンプーやリンスなど洗浄剤の洗い残しも、背中の毛穴をふさぐので、ニキビの原因になります。ですから、シャンプーの際には、必ず、背中も念入りに洗い流しましょう。

 

他にも、背中のニキビは、ホルモンバランスの崩れ、乱れなどからでもできる場合がありますので、比較的、内向的で物事をくよくよ考えてしまう性格の人にできやすいといわれています。

 

 

大人のニキビについて

 

二十歳を過ぎてできる、大人のにきびは、「アダルトにきび」ともよばれ、思春期のものとは、できる原因が少し違います。思春期の場合は、新陳代謝が活発で、皮脂が過剰になって毛穴がつまることが最大の原因ですが、大人のニキビは、生活習慣や体質からできることが多いようです。

 

食事の嗜好、ストレス、睡眠不足、乾燥、生理、便秘、化粧など、原因はさまざまです。ですから、このような生活習慣を見直し、思春期のにきび同様、お肌を清潔に保ち、皮脂をスムーズに毛穴から排出できるように環境を整えてあげることが大切です。

 

大人のニキビができやすい場所は、顔全体どこにでもできますが、一番多いのは、顔の下半分で、特にあごや口の周りです。おとなのニキビは、悪化させると、深刻なダメージを残すこともあるので、ひどいときには、迷わず皮膚科を受診しましょう。

 

 

にきび肌について

 

にきび肌とは、ニキビが非常にできやすいお肌のことです。お肌のタイプには、乾燥肌、脂性肌、混合肌があります。乾燥肌は、ニキビのもとである皮脂の分泌が少ないので、比較的ニキビは、できにくいと思われます。

 

一番ニキビができやすい、いわゆるにきび肌は、脂性肌です。見た目には、艶があり、潤っているようにみえますが、実は、皮脂の過剰分泌によって、水分がどんどん蒸発し、油分だけが残っている状態なのです。

 

これを放っておくと、汗やホコリなどと混ざって、角質となり、毛穴を埋めてしまうので、こまめに、この皮脂を取り除く必要があります。

 

混合肌の人は、部分的にカサカサするため、乾燥肌と間違っている場合も多いのですが、Tゾーンの過剰な皮脂は、にきびの原因になるので気をつけましょう。自分の肌がにきび肌かどうかを見極めることが大切です。

 

 

ニキビと洗顔の関係

 

ニキビと洗顔は、非常に密接な関係にあります。ニキビの予防も、できてしまったニキビのケアもすべて、この洗顔にかかっているといっても過言ではありません。

 

洗顔によって、お肌を清潔に保つことは、ニキビにとても効果があります。過剰に分泌した皮脂が毛穴に詰まらないように、こまめに取り除いてあげることが大切です。そのためには、正しい洗顔をする必要があります。

 

ただ、ゴシゴシ洗えばよいというものではありません。お肌に優しい弱酸性の洗顔料を使い、泡立てネットなどで、十分に泡立ててから、泡でお肌をなでるようにするとよいでしょう。タオルで拭くときも、やさしく水分を吸い取るように拭くのが基本です。

 

大人のニキビの場合は、お肌の乾燥もニキビの原因になりますので、その後の水分保湿もしっかりしましょう。ただし、油分の少ない、化粧水を選びましょう。

 

 

ニキビの跡について

 

ニキビは、できるだけではなく、炎症が治まったあとも、赤みがしみのように残ったり、お肌の表面にクレーターと呼ばれる、凹凸ができたりするやっかいなものです。この赤みやデコボコは、なかなか改善できなかったり、へたをすると、一生残ってしまうこともあり、非常に危険なものです。

 

ニキビの赤みは、炎症で傷ついた皮膚を修復しようとしている新しい皮膚組織が見えている状態で、通常は、3~6ヶ月ほどで、消えてなくなります。

 

しかし、修復中に紫外線の刺激をうけると、色素沈着がおこり、そのまましみとなって、跡が残ってしまう場合も少なくありません。デコボコは、自分で治すのは、困難です。

 

皮膚がへこんでいるところは、ニキビの炎症で皮膚の真皮までが傷つき、えぐれている状態で、飛び出しているほうは、ニキビが治る過程で、皮膚の中に膿みが残ったまま、ふさがってしまった状態なので、これらを治すには、専門のクリニックでの治療が必要なのです。