梅雨の時期、病原性大腸菌「O-157」などによる食中毒などのニュースが必ずといっていいほどテレビや新聞を賑わせます。しかし、こうしたO-157以外にも、さまざまな食中毒菌が繁殖しやすく、感染経路も食べ物やペット、人の手からなどさまざまです。

 

原因菌を体内に取り込まないためにも、食中毒についての正しい知識と予防策を取り入れて、梅雨の時期を健やかに過ごしましょう。(関連:子供の食中毒|症状(重症化の危険性)と対策・応急処置について

 

 

感染源はどこにでも存在する

 

食中毒の原因としては、以下の3つがあり、なかでも圧倒的多数を誇っているのが細菌性食中毒です。

  • 細菌などの微生物によるもの
  • フグや毒キノコなどの自然毒によるもの
  • 化学物質によるもの

 

細菌は、感染侵入型・感染毒素型・生体外毒素型とに分けられます。

 

感染型には、サルモネラ属菌や腸管侵入性大腸菌、感染毒素型には腸炎ビブリオやO-157などの腸管出血性大腸菌、毒素型にはボツリヌス菌や黄色ブドウ球菌などがあり、これらのさまざまな原因菌は海や河川、土壌、動物、人間など、地球上のあらゆるところに住んでいます。

 

そして、これら原因菌が生息しているところが感染源となり、おもに水や食品が感染経路となって食中毒を引き起こします。また、食中毒菌の侵入や毒素による攻撃に対して、どのような抵抗力を示すことができるかという個体の感受性も症状をおこす要因となり、感染源・感染経路・個体の感受性などのすべての条件が充たされたとき、感染症は発症します。

 

ボツリヌス中毒での神経麻痺症状のような一部の特徴的な症状を除き、多くは発症時に腹痛・下痢・吐き気・嘔吐などの消化器症状があり、放置すると出血を伴う下痢やけいれん、むくみ、閉尿などをおこす場合もあります。

 

 

一次だけでなく二次汚染も防ぐこと

 

食中毒を予防するためには、生きた食中毒原因菌や、それを産出する毒素を一定の量以上体内に入れないことです。そのためには手と指をしっかり洗う、生肉・解凍肉をしっかりと加熱するといった方法が有効。

 

また、現在では汚染された食品を調理する過程で、手や指、包丁、まな板、ふきんなどを介して調理済みの食品が汚染されておこる二次汚染も多く発生しています。

 

 

二次汚染を防ぐために

 

二次汚染を防ぐためには、以下のことに注意する必要があります。

  • 調理終了後すぐに、洗剤をつけたタワシでよく洗う
  • 加熱していない食品を扱ったら、その都度洗う。特に刃の付け根や柄は念入りに
  • ふきんは使い回さない
  • スポンジは放置しない

 

また、冷蔵庫を過信するのも危険です。実際に食中毒にかかってしまったときは、市販薬の服用は避け、下痢や嘔吐などの脱水症には、塩を少量入れたおもゆやスポーツドリンク、常温に近いお茶などで水分と電解質を補給します。

 

また、「あの食べ物が原因に違いない」という決めつけやシロウト判断は非常に危険なので、自宅での処置はある程度にとどめ、一刻も早く受診することをおすすめします。