半そでやノースリーブの季節になると、気になるのがムダ毛の処理。脇はもちろん、露出が多くなる腕や脚もキレイにしておきたいですよね。

 

10代の中学生・高校生といった思春期の女性は特に気になることではないでしょうか?でも自分で処理するとどうしても肌トラブルの心配が・・・。みなさんのムダ毛処理、お肌に負担をかけていませんか?

 

処理後に美しくなったように見えるお肌でも、実は裏では色んなことが起きているんです。

 

ムダ毛処理、肌トラブルに気をつけて!

 

 

カミソリで剃る

 

自己処理をしている人の中で最も多いのがカミソリで剃るという方法。痛みがない分、肌への負担も軽いと思われがちですが、どんなにカミソリの摩擦を少なくしても、ヤスリで皮膚を削ってしまっているのと同じです。

 

失敗して血が出てしまったり、炎症が起きてヒリヒリすることもありますよね。カミソリ負けなんてしません、という人でも、気づかないうちに肌の細胞を壊してしまっているので、シミなどの原因にもなりかねません。

 

そして皮膚の下の組織を刺激するため、毛が生える周期を早めてしまいます。

 

カミソリでの処理は、毛の切断面が斜めになるので、処理後に生えてくる毛はとても太く目立ってしまいます。

 

 

毛抜きで抜く

 

次に自己処理で多いのが、毛抜きで抜くという方法。これは痛みを伴いますが、カミソリで剃るよりも処理回数が少なくて済みます。

 

しかし毛乳頭を刺激してしまうため、一つの毛穴から数本生えてきたり、力強いムダ毛を増やしてしまうという逆効果に・・・。ばい菌も入りやすくなります。

 

また、剃ったり抜いたりを続けていると、お肌が黒ずんでくるので、徐々に肌の美しさを損っていきます。

 

それから毛が皮膚の中に埋まったまま出てこなくなってしまう状態(埋没毛)になると、除去するのに皮膚を傷めてしまったり、悪化すると外科的な手術が必要になってしまうこともあります。

 

 

脱毛クリームや脱色剤を使う

 

原料が肌に合わないと、かゆみや炎症を起こすことがあるので注意が必要です。

 

それさえなければお肌への負担は他の方法より少なくて済みますが、毛が濃い場合はあまり効果的とは言えません。さらにムダ毛の気になる肌面積が大きければ大きいほどコストがかかってしまいます。

 

 

レーザー脱毛

 

「一生に一度の結婚式に向けて、キレイになりたい!」とか、社会人になって自由になるお金も増えてきて…ということがきっかけで、レーザーによる脱毛を始める人が多いようです。

 

「もっと早くやればよかった!」という声が圧倒的。「今まで処理にかけてきた時間がもったいなかった!」「自分でやるよりも全然キレイになる!」「これならノースリーブでも安心」という意見が多数。

 

 

レーザー処理ってどんなことをするの?

 

一言で言えば、「ジェルを塗ってレーザーをあてるだけ」です。従来の電気針式脱毛と違い、低コストでできる上、処理時に毛を伸ばしておく必要がない(脱毛する前日にカミソリで剃っておく)ので今の季節でも処理を開始することができます。

 

両脇でも30分程度の所要時間でできます。

 

今まで処理に費やしていた時間や、肌トラブルへの不安が一気に解消され、4〜5回の処理で、なんと黒ずみも解消されてしまうのです。本当のワキ美人を手に入れることができますよ。

 

10代の中学生や高校生はレーザー脱毛は金銭的に難しいかもしれませんので、まずはカミソリや毛抜きなどを使ってムダ毛処理する際には、肌と毛根を傷めないようにクリームを塗るなどして対策していきましょう。